公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
オールバリアシャツ kzm氏 SAKANASAMA.COM ビックトラウト オフショアキャスティング ヒラマサ kzm氏 SAKANASAMA.COM オフショアキャスティング オールバリアシャツ ヒラマサ ビックトラウト

世界を釣り歩く怪魚アングラー・kzm氏の実力とは!? 対馬のヒラマサキャスティングゲームに密着!

今村 "ライギョマン" 修平

今村 "ライギョマン" 修平

2020.12.19

現在は世情が世情なため控えてはいるものの、世界各地の大物を釣り歩く怪魚アングラー・kzm氏。アパレル会社の経営や、ルアマガでもお馴染みのオールバリアシャツを考案する一方で、年間の釣行日数は200日を超えるのだとか。彼は一体何者なのか? その実力は? kzm氏の正体がわかるかもしれない、ヒラマサキャスティングゲームに記者が密着しました。

<開発者>
怪魚アングラー・kzm氏
アパレル会社などを経営しながら、年間200日以上をフィールドで過ごす生粋のアングラー。その釣りはGTやクロマグロのほか、ピーコックバスやピラルクなど世界中の魚に及ぶ。その自身の経験から出た「こんなモノが欲しい!」をカタチにすべく、釣りブランド「SAKANASAMA.com」を立ち上げる。



最盛期を迎えた「秋のヒラマサキャスティングゲーム」に密着!

オールバリアシャツの発案者でもあるkzm氏は約20年前から海外遠征をしてきた。

とにかくデカイ魚が釣りたい

その気持ちで世界を釣り歩いてきた。

もちろん、国内のビッグフィッシュにも目がなく、マグロやGTの他、昨年は男女群島で53kgものカンパチを釣り上げている。

その豊富な経験値を武器に今もビッグフィッシュを追いかける日々を送っている。

今回はビックトラウトが企画するフィッシングツアーでヒラマサを狙うという、kzm氏に密着した。

スケジュールは釣行3日の4日間だ。

釣行0日(行程初日~2日目):いきなりハプニング!?

初日は昼の便でまずは長崎へ。

そして飛行機を乗り継ぎ対馬へ。

のはずが…

飛行機が遅延し、まさかの長崎で足止め。

動揺を隠せない記者。

しかし、

「日本ではなかなか無いですが、海外遠征では日常茶飯事です。スムーズに行くことのほうが珍しいですよ(笑)」

さすがkzm氏。

世界各地を釣り歩いてきた漢の落ち着き様に、こちらまで安心できてしまう。

結局、この日は飛行機会社の保証で、空港近くで1泊し、翌日に対馬に行くことに。

そして2日目の昼の便にて対馬へ移動。

現地の方に迎えに来てもらい、ホテルでタックルの準備をすることに。

すごい量のリール、スプール…。

kzm氏は6台ほどのリールと替えスプール12個のラインにリーダーを組んでいく。

合計18個。

それだけでも重労働のはずだが、kzm氏は喜々とした表情であったのが印象的だ。

※ちなみにホテルに向かう途中、釣具店に寄って、なんと! 20ステラ18000HGをその場で購入していましたw

準備を終えた頃、先に釣りをしていたツアー参加者が帰ってきた。

早速情報を聞いてみると、なかなか厳しいらしい。

果たしてヒラマサを釣ることはできるのか?

釣行初日(実質3日目):NEWデザインシャツを着て気合を入れるも…

新デザインのオールバリアシャツを着てやる気MAXのkzm氏。

返り血デザインで、釣った魚の血がついても目立ないという画期的なデザイン。
コンビニに入るときは勇気がいりそうだ…。

朝マヅメ。

岩肌が露出した岸壁を狙う。

風は弱いが、前日のうねりが残っている。

しかし揺れる船上でも剛竿「ブルーチェイサー」を軽々と扱うkzm氏。

ブルーチェイサーをぶち曲げてロングキャスト!

普通、こういった釣りではグローブを使用するのが一般的だが、kzm氏は素手で投げ続けてるのが驚きだ。

しかしこの日も聞いていた情報通り、厳しい状況となった。

夕方までキャストし続けたものの、船中2バイトと極貧の結果にとなってしまったのだった。

釣行2日目(最終日):深酒も控えた最終日に遂に!

そして迎えた最終日。

この日は凪ながら、ローライトということで船長が期待できると宣言。

メンバーにも気合が入る。

kzm氏も珍しく深酒しなかったため、朝からハイテンション。

この日も、敏腕ガイド「海龍」の船長が選りすぐりのポイントへ案内する。

今日は明らかに違う…。

kzm氏の期待感も高まる。

…その時、

同船者にグッドサイズがヒット!時合が来たのか!?

その後もバイトがポツポツある状態が続き、

遂にヒラマサが!!

そしてその魚体がこちら!

なんと12kgオーバー!

【タックルデータ】
●ロッド:モンスターハンター80H(カーペンター)
●リール:20ステラ18000HG(シマノ)
●ライン:キャスティングPE 8号(バリバス)
●リーダー:XBRAID キャストマンアブソーバー50号(YGKよつあみ)

さすが、世界各地でビッグフィッシュを仕留めてきた氏。

天候不順による日程短縮や、不調という前評判を物ともせず、見事に決めてくれた!

ちなみに延々とフルキャストを続けて曲げまくっていたモンスターハンターだが、ヒラマサを掛けて曲がっている写真は撮影できず。

何故ならこの竿はkzm氏が普段、60kgオーバーのGT狙いで使っている竿。

12kgのヒラマサでは余裕のやり取りだったのだから(苦笑)



オールバリアシャツの次回作にも期待

現在も販売しているオールバリアシャツだが、今回kzm氏が着ていた新デザインや新アイテムも続々発売予定とのこと。

最新情報はSAKANASAMA.COMのインスタを要チェック!

また、来シーズンもルアマガとのコラボモデルを予定しているのでこちらもお忘れなく!

写真提供:ビックトラウト

関連記事はコチラ

kzm氏 SAKANASAMA.COM オフショアキャスティング オールバリアシャツ ヒラマサ ビックトラウト
今村 "ライギョマン" 修平

今村 "ライギョマン" 修平

2020.12.19

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。