公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
バス釣り 2020新製品 シマノ(SHIMANO) 20メタニウム ベイトリール 伊藤巧 リール 2020新製品 20メタニウム シマノ(SHIMANO) バス釣り(ブラックバス) ベイトリール リール 伊藤巧

【2020シマノ新製品リール】最先端テクノロジー全部載せ! バーサタイル・ベイトリールの極点『NEWメタニウム』

ルアーマガジン

ルアーマガジン

2020.01.24

1992年に発表された初代バンタムスコーピオンメタニウムXTから、実に28年もの長きに渡って引き継がれてきたシマノ・バーサタイルベイトリール名機の系譜『メタニウム』。その名を冠した9代目の16メタニウムMGLに続き、記念すべき10代目として『20メタニウム』が発表されました。軽さと強さを極限まで突き詰めた、バーサタイル機のマスターピースがここに在ります。



先進テクノロジーが全力で注ぎ込まれた次世代メタニウム

シマノベイトリール最高峰の名に相応しい優れた飛びと巻きを誇るモデルとして昨季、『19アンタレス』が登場したのは記憶に新しいですよね。

その根幹を担う先進テクノロジーのひとつが、初搭載となった『マグナムライトスプールⅢ』。

アンタレスに初搭載となった外径34mmのナロースプール『マグナムライトスプールⅢ』。

スプールの大幅な肉薄化で従来にない低慣性化を実現。瞬時に回転が立ち上がり、最後の最後まで伸びていく軽快なキャストフィールを実現しています。

そして2018年には新生バンタムブランドとして初となるリール『バンタムMGL』が登場。メインフレームとレベルワインドプロテクターを一体化した『コアソリッドボディ』構造は、ロープロファイルながら円形リールに肉薄する高剛性を誇り、安定の巻きと優れた高感度を両立しています。

2020年にデビューをはたす『NEWメタニウム』はナント、それら2つの先進テクノロジーをどちらも採用!!

『マグナムライトスプールⅢ』と『コアソリッドボディ』を融合させた『20メタニウム』!! ※写真はプロトモデルです。

軽快なスプールを高剛性かつコンパクトなボディに閉じ込めることで、より軽いルアーへの対応力と低弾道キャストの伸び、そしてよりストロングな釣りにも屈しない強靭さを実現しています。

またメインフレームとサイドプレートにはマグネシウムを採用することで、剛性を保ちながらも軽量化に成功。

『メタニウムHG RIGHT』●ギア比:7.1●最大ドラグ力:5kg●自重:175g●スプール寸法(径mm/幅mm):34/19●ナイロン糸巻量(lb-m):12-100、14-90、16-80、20-65●最大巻上長(cm/ハンドル1回転):76●ハンドル長(mm):42●ベアリング数(ボール/ローラー):10/1●価格:44,100円(税抜き)※写真は右ハンドルのハイギアモデル。このほかギア比6.2のノーマルギアモデル、8.1のXG=エキストラハイギアモデルもラインナップ(いずれもRIGHT、LEFTハンドルあり)※RIGHTモデルは2020年3月、LEFTモデルは5月発売予定。
[BIRDEYE VIEW]
[LEFT SIDE VIEW]

SVS∞(インフィンティ)搭載、遠心力ブレーキを簡単に微調整可

事前に内部のブレーキシュー4個をONにしておけば(写真上)、外部ダイヤル(写真下)のみの調整でほぼすべてのシチュエーションに対応可能。

パーミング時はスプールを支持するダイアルケースを直に触れるため、巻き感度の向上という副産物も生み出しています。

中型ルアーのみならず、軽量級への対応力UPへ

ここからは、長年にわたって16メタニウムMGLを愛用してきた2020B.A.S.S.エリートプロ・伊藤巧さんに、『20メタニウム』を語っていただきます。

【Profile】
伊藤巧(いとう・たくみ)
2019B.A.S.S.セントラルオープンで参戦初年度にして年間4位を射止め、今季2020年からのB.A.S.S.最高峰エリートへの参戦権を獲得。ツアーを共に戦う20メタニウムがウイニングタックルとして輝く日は、そう遠くない未来に訪れるはずだ。

伊藤「中型ルアーを何でも軽快に扱えるバーサタイル機としてボートはもちろんのこと、オカッパリでも特に多用してきたのがメタニウムです」

伊藤さんは「1台だけ選ぶならコレ」というほどに元々、メタニウムのヘビーユーザー。20メタニウムをプロト段階から使い込むほどに体感したのは、さらなるバーサタイル性の向上だったそうです。

伊藤さんのデッキにはクランクベイトに、ワームにとあらゆるルアーをセッティングした『20メタニウム』の姿が!!

伊藤「中型ルアーはさらに飛距離が伸びて、ハードとソフト問わず投げやすい。さらには、今まで微妙に投げづらかった5~6g台のベイトフィネス的なルアーでもピーキー感はなく、難なく使いこなせるのがうれしいですね」

その優位性を生んでいるのが、言うまでもなくマグナムライトスプールⅢなんですね。

伊藤「圧倒的に飛距離が伸びるし、ノーストレス。バズベイトなど抵抗の強いルアーでもトラブルなく投げることができるし、撃ちでも巻きでも躊躇なく使える。だから、陸っぱり派の方には間違いのない選択肢だと思います」

メタニウムMGLに比べて、ボディがコンパクトになったのも『20メタニウム』の特長のひとつ。

伊藤「軽いうえに手の中にスッポリ収まるので、小さな変化にも即座に気付ける。剛性が高いボディだからこそ感度も高まるんだと思います」

左がメタニウムMGL、右が『20メタニウム』。
手のひらにすっぽりと収まるパーミングのしやすさは、そのまま感度の向上に直結!!

伊藤「もはや僕の中心軸、ベイトリールのTHEスタンダードですね!!」

『20メタニウム』には、シマノのチューニングブランド“夢屋”のシャロースプール(別売り:11,000円)も用意されています。ナイロン80lb-100mのマグナムライトスプールⅢで軽量ルアーへの対応とショートキャスト性能がさらにアップ!!(写真左:デフォルトのマグナムライトスプールⅢ/右:夢屋20メタニウム シャロースプール)



この記事が掲載されているルアーマガジンはこちら!


関連記事はこちら!

2020新製品 20メタニウム シマノ(SHIMANO) バス釣り(ブラックバス) ベイトリール リール 伊藤巧
ルアーマガジン

ルアーマガジン

2020.01.24

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。