公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
久保田憲 ルアマガ フォトギャラリー ルアーマガジン・ソルト ルアーマガジン

プロカメラマンが魅せる! 『ルアーマガジン』と釣りの世界。ルアマガ フォトギャラリー【久保田憲編】

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.03.08

これまで弊社媒体(ルアーマガジン、ルアーマガジンソルト、ルアーマガジンリバーなど)においてルアーやタックル、ギアなど数々の撮影を行ってきたプロカメラマン・久保田憲氏の写真をルアマガプラスにて特別公開! 表紙をはじめ特集企画の扉写真など、編集部がリクエストした要望に対して、どのようにイメージし、シャッターを切ったのか。写真とともに解説して頂きます。 

【Profile】
久保田憲(くぼた・けん)

1999年〜写真スタジオのアシスタント、カメラマンを経て、2005年〜フリーカメラマンへ。
東京都台東区のスタジオを拠点に、広告、出版物、Web等の物撮影をメインに活動しています。釣り具の撮影に携わる事16年。これまでに撮影してきた釣り道具は、ロッド、リール、ルアー等、のべ十数万点。
魅力的な被写体を、より魅力的に伝えられるよう日々奮闘中。趣味はキャンプと釣り。仕事柄釣りの知識ばかり増え腕が追いついてないが、時間ができれば海へ川へとロケハンという名の釣行へ。なかでもエギングが大好きで、自他ともに認める軟体好き。ネコ好き。日本酒好き。
絶叫マシンとニンジンが苦手。

ルーキーイヤーを制す「躍動感」溢れたスピナーベイト

久保田「2019年T.O.Y(タックル・オブ・ザ・イヤー)用の一枚です。ルーキー部門で一位に輝いたスピナーベイトの躍動感を表現したく、水しぶきと共に撮影しました。

思い通りにならないしぶきとブレードやスカートと格闘し、納得いく形になるまで何回もシャッターを切りました」

『ルアーマガジン』2020年3月号掲載写真

大人気エギが頂点を統べた様を「上昇アクション」と重ねたダブルミーニングな1枚

久保田「こちらはルアーマガジンソルト2019年T.O.Y(タックルオブザイヤー)用の写真です。 エギはフォール姿勢をイメージして、頭下がりで撮影する事が多いのですが、タックル・オブザ・イヤーエギ部門で1位に選ばれ、トップ登りつめた表現にしようと、シャクリ上げた時の様な頭上がりの角度にしました。 

派手なカラーの多いエギですが、シルバー系のシックなカラーと赤いビロードを使い、高級感のある一枚を狙いました。」

『ルアーマガジン・ソルト』2020年2月号掲載写真

サーフの朝焼けとのバランスを突き詰めた「現場」でしか撮れない究極の1枚

久保田「ヒラメ用のルアーのイメージカットです。 スタジオを飛び出して海へ行きサーフにて撮影しました。 

朝陽を背景にしようと師走の冷たい風が肌に刺さる中、寝転がって日の出待ち。ルアーに朝陽が透過した素敵な写真を撮る事ができました。 

特別なセッティングやライティングなどしなくても、早起きして自然の力を借りれば素敵な写真が撮れると感じた朝でした」

『ルアーマガジン・ソルト』2018年2月号掲載

春の定番ルアーカラーで徹底的に「目立たせた」編集部とカメラマンの妙技!

久保田「編集部の方から『次号は赤をテーマにした特集記事なので、赤い表紙にしたい。そして目立たせたい』とのお話があり、赤いルアーを敷き詰める事にしました。一面の赤がとにかく目を引く写真になりました。 

雑然とルアーを敷き詰めた様に見えますが、一つ一つの見え方にこだわって配置し、艶やかさが表現出来るようなライティングをしてシャッターを切りました」

『ルアーマガジン』2019年4月号掲載

ご意見ご感想、また撮影のご相談は、下記フェイスブックよりお気軽にお問い合わせください


ルアマガ+

ルアマガ+

2021.03.08

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。