公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
エリアトラウト daysprout ynews DSベビーバイブ マグナム高田 ルアー daysprout DSベビーバイブ ynews エリアトラウト マグナム高田 ルアー

DSベビーバイブ×マグナム高田【エリアトラウトゲームの歴史を変えた名作ルアー#01】

立川 宏

立川 宏

2017.08.16

トラウト管理釣り場「エリア」で「釣れる」という名作ルアーはたしかに存在する。高い実績を誇る釣れ筋ルアー達の中から、今回紹介するのはディスプラウト「DSベビーバイブ」。エリアトラウトゲームの歴史を変えたと言われる、その生い立ちをお伝えします。

DSベビーバイブの登場でエリアのボトムゲームが変わった!

ラッキークラフトが誇るバス用ルアー「ベビーバイブ40S」のウエイトは3.5グラム。一方、ディスプラウトが誇るエリアトラウト用ルアー「DSベビーバイブ」のウエイトは3.8グラム。その差、僅か0.3グラム…。だが、実はこの0.3グラムの違い中に、バスフィッシングとエリアトラウトゲームの違いが詰め込まれているのだ。

バス用バイブレーションであるベビーバイブ40Sを、エリアトラウトメーカー『ディスプラウト』が、エリア用にオフィシャルチューンを施したDSベビーバイブの登場は、あらゆる意味でセンセーショナルだった。

DSベビーバイブ登場以前、エリアにおけるボトムゲームはスプーン、クランクベイト、メタルバイブレーションで行うことが常識だった。だが、エリアにおけるボトムゲームの可能性はとてつもなく大きい。既存のルアーだけでは、補いきれない大きな死角が存在していた。

ディスプラウトの看板テスターであるマグナム高田さんは、その死角に誰よりも早くから気が付いていた。

高田能史PROFILE 通称・マグナム高田で知られている、ディスプラウトプロスタッフ。ボトムゲームを始めとした、強気のプラッキングスタイルで各地のトーナメントで結果を残している。斬新にして骨太のマグナムメソッドは、それまでのエリアの常識を幾度なく塗り替えている。現在大注目のエリアエキスパートのひとりである。

メタルバイブレーションとABS素材のバイブレーションの違い

マグナム高田さん「DSベビーバイブを発売した当初、エリアのボトムゲームはメタルバイブレーション全盛でした。各社から優秀なメタルバイブが続々と発売されていました。メタルバイブは確かにエリアのボトムゲームに一石を投じてくれました。ですけど、同時に限界もありました」。

DSベビーバイブ。ラッキークラフトの名作ベビーバイブをディスプラウトがエリア用にオフィシャルチューン。エリアにABS素材のバイブレーションの概念を取り入れたルアーとして圧倒的な支持を受けている。

マグナム高田さん「メタルバイブにしても、DSベビーバイブに代表されるABS素材のバイブレーションにしても、基本はリアクションの釣りです。ですが、DSベビーバイブはメタルバイブよりも喰わせの要素が介入しています。理由は、動きがメタルバイブよりもスローだからです。

 また、攻め方のバリエーションもメタルバイブよりも多彩です。誤解を恐れずにシンプルにまとめさせて頂くと、メタルバイブはリフト&フォールにおけるリフト時…つまりシャクリ上げたときにアタリが多発するスタイルです。一方のDSベビーバイブはフォール中もアタリが取れます。この違いは大きいです」。

ウエイト差0.3グラムの理由

フォール中のアタリの精度と確率を極限まで引き上げるために、ディスプラウトチームは0.01グラム単位の緻密なウエイト調整を行っていた。その結果がオリジナルのベビーバイブと、オフィシャルチューンを施したDSベビーバイブのウエイト差…0.3グラムとなって表れている。

マグナム高田さん「ラッキークラフトのオリジナルベビーバイブはバス用です。そのためタダ巻きで使うことも多いと思われます。ですがエリアでABS素材のバイブレーションを使うときは、例外もありますが、基本はタダ巻きではなくてボトムゲーム専用です」。

DSベビーバイブの特徴はボトムで立つこと。ウエイトがボディ前方にあり、さらにボディ後方に充実したエアルームがあるため、ボトムで浮力も味方につけて「起き上がりこぼし」のように、立ち姿勢をキープする。結果的にフックがボトムで寝ないので、圧倒的なフッキング力を誇る。ちなみに写真右がDSベビーバイブ。写真左が1センチ大きいDSベビーバイブダディ(ともにディスプラウト)。

マグナム高田さん「すなわちオリジナルの3.5グラムでは、エリアゲームにおけるリフト&フォール時の、フォール速度が遅いです。またフォール中のアピールも弱すぎました。もちろんフォールの遅さが効くこともあるのですが、最大公約数的に考えると速い方が効果的です。

 ただ、難しいのは無尽蔵に重くすればいいという訳でもありません。重たくし過ぎると、着底のときに生じるABS素材独特の、浮力を含んだ波動も一緒に消えてしまいます。それでは結果的にメタルバイブレーションと同じです。

 その絶妙なバランスが0.3グラムのウエイトアップでした。散々テストしたので究極のバランスである自信はありますよ…(笑)」。

DSベビーバイブの名手であるディスプラウトの看板テスター・マグナム高田さん。斬新なアイデアでエリアゲームの常識を次々と覆している。

そして…現役にして伝説のルアーとなった!

DSベビーバイブは釣れ過ぎるエリアルアーとして、発売と同時に爆発的な人気を得た。そして、エリアゲームにおけるABS素材のバイブレーションの有効性を証明した。

その証拠にDSベビーバイブ発売後、各社からABS素材のエリア専用バイブレーションが続々と発売された。エリア業界にABS素材のバイブレーションブームのきっかけを作ったのは、間違いなくDSベビーバイブだった。

大人気のDSベビーバイブは続々と新色も発売されている。その上、ショップ限定のオリカラも多いので、すべてのカラー数を把握するのは至難の業。

エリアにABS樹脂素材のバイブレーションの概念を最初に取り入れたルアーとして、DSベビーバイブは現役にして伝説のルアーへと昇華した。

全国どこでも安定した釣果を誇っているのも、DSベビーバイブの強味のひとつ。

このDSベビーバイブ…使い方があまりにも多彩過ぎことでも知られている。その詳細は別の機会にじっくり解説させていただきます。

[釣りPLUS]関連記事

daysprout DSベビーバイブ ynews エリアトラウト マグナム高田 ルアー
立川 宏

立川 宏

2017.08.16

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。