公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
バス釣り 釣りと環境 根がかり ルアーマガジン

釣りの天敵「根がかり」を打ち破れ! ルアーの回収法とタイプ別の「根がかり回収機」を紹介!

ルアーマガジン

ルアーマガジン

2021.04.23

魚を釣るうえでの最大の敵は「根がかり」だと断言しよう。ボトム変化やカバーが豊富で、ルアーが引っ掛かりやすい複雑な場所をこのテの生き物は好むからだ。それに打ち勝つためのワザと、最強兵器「回収機」の数々を一覧にしてご紹介します。

この記事はルアマガ代表「ティーチャー大場」がお送りします。

【Profile】

テーチャー大場(てぃーちゃー・おおば)

バスフィッシングの楽しさを世に広めたいと一念発起、10年以上勤め上げた教職というまっとうな道からこの世界へと飛び込んできたヤングライオンだ。嫌いなもの:通勤ラッシュと根がかりロスト。

根がかり回収も釣りの技術のひとつだ!

根がかりしたときにしばしば「地球を釣った」という壮大なスケールの比喩表現が用いられますが、たかだか最大強力10kg未満のラインでおよそ6×1024kgもの地球と引っ張り合いをしたところで勝てるはずもなく、さながらそれは風車に立ち向かうドン・キホーテのごとし…。

私の長年の研究によれば、根がかりはロスト→精神的ダメージ→釣れない→リズムを崩してまたロスト…というループ(これをネガティブトライアングルと命名)を生み出すきっかけでしかありません。

それによくよく考えてみると、週末の霞ヶ浦にのべ1000人のアングラーが訪れたとして、ひとりがひとつ10gのハードベイトを根がかりでなくしたら、10kgのゴミが投棄されているのと変わらない…。

大切なルアーを失わないため、そして釣り場にゴミを残さないためにも、アングラーはキャストなどの技術と同様に根がかりの外し方を覚えなければなりません。

根がかり回収STEP1:基本的な回収法!

その1:反対側に回り込んでみる!

まずトライすべきは、根がかりした地点の反対側へ移動して引っ張ってみる方法。岩などに挟まった類なら、これで回収できることが多いです。届く距離なら、ラインを巻き取ってロッドティップで突つくのもあり(破損注意)。

その2:反動を利用してみる!

ロッドを高く保持した状態で、もう一方の手でラインを引っ張ってグーッとしならせ、パッと放した際の反動によって外す方法。これはちょっとベテラン向けですね。ロッドを掲げてバット部分を叩いてみるのも有効です。

根がかり回収STEP2:根がかり回収機に頼ろう!(なんなら最初からでも!)

回収機は大きく分けて2種類が存在!

とはいえ、どんなベテランでも、テクニックだけですべての根がかりルアーを回収するのは難しい。

そこで起用したいのが根がかり回収機。100%とは言えませんが、回収率は圧倒的に向上します。 ネガティブトライアングルを逆の言葉に置き換えると「ロストゼロ→釣りのリズムが保てる→釣れる」。これを『T.O.の三段逆スライド方式』と呼び、釣果は純粋に「あとはあなたのウデ次第」となるのです。

根がかり外しの回収機は「ロープタイプ」と「スティックタイプ」の2種類が存在します。有効なシチュエーションが違うので、完全回収を狙うならどっちも持つのがオススメです。ともかく、それぞれ使い方を解説していきましょう。

「ロープタイプ」の根がかり回収機の使い方

このタイプの回収機は射程距離が長いのが魅力。ロープ部は巻き取って保管できるので、できるだけ荷物を減らしたいオカッパリでは重宝します。バッグの中に潜ませておけばいざというとき間違いなく役に立つことでしょう。

リップラップに根がかったクランクベイトをあっという間に回収!! 

【ロープタイプの特徴】

長所
●コンパクトなので携帯に便利
●ボートなら深場にも対応
短所
●ロープウェー方式で角度が必要なため岸釣りでは遠くに届けにくい

【1】タックルを地面(ボートならデッキ)に置く。
【2】あらかじめロープを長めに出しておき、オモリ部分のガイドにラインを通す。
【3】ラインを掲げ、逆の手でロープを操りラインに沿ってロープウェイのようにオモリを滑らせる。
【4】ルアーにオモリが到達したら、ロープで上下させてチェーンをルアーのフックに引っ掛ける→回収!!

ルアーキャッチャーヘビーウェイト(DAIWA)

ツインアームのそれぞれにチェーンが取り付けられているため、絡まりが少なく、効率よくルアーのフックを捉えられます。オモリの重量が約120gあってディープも直撃可能!! (約100gのモデルもラインナップ)

ルアーキャッチャーヘビーウェイト(DAIWA)

【スペック】

●ロープ長:約15m
●価格:オープン

ルーバ ウノ(S&Nインターナショナル)

スナップの使用やスイベル付きのルアーに使用が限定されますが、チェーンとはまた違った画期的な仕組みのロープタイプ。とてもコンパクトで持ち運びに便利です。

ルーバ ウノ(S&Nインターナショナル)

【スペック】

●カラー:全9色
●価格:5544円(税込み)

【1】ルーバ(回収機部分)の溝にラインを通し、ルアーまで送り届けます。
【2】ロープで上下させ、十字になった先端の穴にスナップやスイベルを挟み込んでホールド→回収。ルーバが軽いため、岸からでも比較的遠くの根がかりに対応できますよ。

ルアーピックアッパー(テイルウォーク)

シンプルな構造のラインガイドは装着しやすく、オモリ部分が225gとヘビーなため、根がかりしたルアーへ速やかにと送り届けられます。リザーバーのボートゲームでメタルジグなどがディープで根がかったときにも活躍してくれるはず!

ルアーピックアッパー(テイルウォーク)

【スペック】

●ロープ長:12m
●価格:2200円(税込み)

「スティックタイプ」の根がかり回収機の使い方

スティックタイプのいいところは、水中だけでなく、アシやオーバーハングなど、水面上の障害物に引っ掛けてしまったルアーにも対応してくれるところ。また、ワームやシングルフックのルアーもけっこう絡め取ってくれます。

スティックの届く範囲ならアシや木々など、水中の根がかり以外にも対応可能。力を加えやすいのも利点だ。

【スティックタイプの特徴】

長所
●準備がラク
●操作感がダイレクトなので勝負が早い
●頭上の枝などにミスキャストで掛けた場合も回収可能
短所
●ロープタイプに比べると持ち運びが不便
●届く距離が限定的

【1】必要な長さまで伸ばす。
【2】先端の回収機部分にラインを通し、ラインに沿ってシャフト部分を水中に突っ込んていく。
【3】回収機部分がルアーに到達したら、シャフトを前後させルアーのフックに絡めて回収。オーバーハングなど陸上の障害物に引っ掛けてしまった場合も同様の手順でオーケーです。

B-TRUEスライドシャフト400(エバーグリーンインターナショナル)

シャフト部分がチャートカラーのためマッディウォーターで先端がどのあたりにあるのか分かるのがとてもいいです。収納時の先側にカラビナが付いているので携行にも対応。長さが4mあるので射程範囲も広い!!

B-TRUEスライドシャフト400(エバーグリーンインターナショナル)

【スペック】

●全長:400cm(リカバリートップ※らせん部分=7.5cm)
●仕舞寸法:51cm
●継数:10
●価格:2万2000円(税込み)

cblm(ハイドアップ)

あるプロが最強回収機とベタ褒めしていた、カムバックルアーマシーン。土嚢を持ち上げてしまうのだとか…。ただし、これ単体では使用できず、玉の柄と組み合わせる必要があります。

cblm(ハイドアップ)

cblmのセット法。今回は陸王カラーのトリックスターネット(ジャクソン)を用意してみました。まず、シャフトを押さえて反時計回りにネット部分を回して外します。続いてcblmをねじ込めば完成。あっという間です。

ランディングネットから柄を外し、代わりにcblmを装着。ランディングネットがそのまま根がかり回収機として使えます。

【スペック】

●ネジサイズ:4分
●カラー:2色
●価格:2178円(税込み)※オリジナルサイズ

ハイドアップ(HIDEUP)

ルアーリターンII(ベルモント)

根がかり回収に一家言あるレジェンドアングラーが愛用している回収機。独自形状の回収機部分がフックをしっかりと絡め取ってくれます。仕舞寸法が短く細身のため、装着を工夫すれば岸釣りでも邪魔になりません。

ルアーリターンII(ベルモント)

【スペック】

●全長:278cm
●仕舞寸法:41cm
●継数:8
●引っ張り強度:30kg以内
●価格:7480円(税込み)

ルアーキャッチバーストロング300(テイルウォーク)

らせん状の回収機部分にチェーンを取り付けてあるため、より確実に根がかりしたルアーを絡め取ることが可能。仕舞寸法が長いので、ボートでの使用に適していますね。2.4mのモデルもラインナップしています。

ルアーキャッチバーストロング300(テイルウォーク)

【スペック】

●全長:3m
●仕舞寸法:116cm
●継数:3
●価格:5610円(税込み)

ルアーロストゼロの釣行を!

根がかりルアーを外せる自信があればロストの不安もなくなり、強気なピン撃ちも狙えて釣りはうまくなるし釣果も劇的に変わる…かも? とにもかくにも、回収技術や回収機を駆使して、懐にも環境にも優しい「根がかりナシ」の釣行を心がけたいものです。

バスも釣れて最高の休日でした!

バス釣り初心者超歓迎中! 学べるバス釣り雑誌『ルアーマガジン6月号』でもっとハマれ!

ルアーマガジン

ルアーマガジン

2021.04.23

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。