公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
バス釣り デュオ(DUO)

真夏のバス釣りテク・ムシパターンは水中からどう見える? DUO巨大水槽で調査!【ワームのナゾ徹底検証】

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.07.30



静岡県焼津市にあるルアーメーカー「DUO」には、ルアー開発のために作られた巨大な水槽がある。その規模は実に長さ25m、最深部4.5m! 今回、リグに関する様々な疑問を解決するために、丸1日この水槽をお借りして、実験&観察してみた! 今回のテーマは虫パターン。木や枝にワームを引っ掛け、あたかもそこから落ちた虫であるかのようにアクションをつけるこのテクニック、水中からはどう見える?

調査員は「マイケル×テッペイ」

【Profile】

マイケル(左)

ご存知ルアマガの総合プロデューサー。DUOの社長・安達氏とも強固な信頼関係を築いていて、様々なコラボ企画を成功させてきた。今回は実験助手、および水槽カメラマンとして参加。

【Profile】

テッペイ(右)

今年、ライター生活25周年を迎えた自称・業界の重鎮(笑)。普段は上から目線の発言が多いが、今回は水槽の下から目線、横から目線でリグの動きを観察して、真実をレポート!

起用したのは「レアリス・大忍虫(DUO)」

大忍虫は高い浮力を誇る大型虫系ワーム。耐久性が高い素材で針持ちもよく、オープンでの水面使いだけではなく、カバー周辺にも強い。テキサスやフリーリグなどの沈めるリグにも対応。虫パターンにおける代表的・典型的なワームだ。なお、デカニンムシと読む。

レアリス・大忍虫(DUO)


試してみると…空気中の虫は見えない!?

もちろん時間帯や天気などによって変わってくるとは思うけれど、この日のこの水槽に関しては、下から見上げた水面は鏡のような状態。水面より上の空気中の様子はほぼ視認することができなかった。

したがって写真のように枝からぶら下げてみると、水中に没している部分のみが見えるように。でも、何も見えない水面から突然ワームが出てきて消えたり現れたりするので、バスの興味を引くのは間違いない。

木の枝からぶら下げると、鏡のような水面からワームのお尻がいきなり出てくる感じ。水面上に上げると消える。また木の近くに浮かせると「木から落ちた虫なの? 」と思うので違和感がない。

名前どおりに水中に忍び込む「大忍虫」

ちなみに、水面に浮かせた大忍虫はポーズ中でもかなりの存在感があった。シェイクすると無数の足が動いて、微細で複雑な波紋と、細かい泡を出す。そして浮力が高い!

なお、ネイルシンカーを入れると手足をピリピリと震わせながらフォールする。いわゆる「沈む虫」チューンも可能なのだ。

関連記事はこちら

『ルアーマガジン』最新情報

『ルアーマガジン』2021年10月号は8月20日発売!

『ルアーマガジン』2021年10月号

『ルアーマガジン』2021年10月号は、ローカルに収まらないニッポン代表タカシカナモリ! 艇も上手いがやっぱり陸!! ということで、地元中国地方でオカッパリをしてもらうと……こんなグッドルッキングバスを釣ってしまうんですね。カメラマンが半身水浸しになって捉えた歓喜の渾身カット、いかがですか?

『ルアーマガジン』2021年10月号は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます!

●発売日:2021年8月20日
●定価:950円(税込)

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.07.30

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。