公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
バス釣り ルアーマガジン イズム(ism)

アラバマ系リグでどこでもでかバス連発! 小魚系ワーム「フラテリス(ism)」

望月俊典

望月俊典

2021.08.13



毎月旬なルアーをピックアップし、乗りに乗ってる若手アングラーがその使い方を伝授してくれる当連載。前々号までは、ふたりの若手アングラーが登場していたが、前号からリニューアルということでソロ編がスタートした。今回は、小魚系ワーム、フラテリスのアラバマ系リグの使い方だ。

【Profile】

仙石快(せんごく・かい)

1998年、岐阜県出身。普段から大江川、五三川をメインに岸釣りに打ち込んでいる。得意な釣りはカバーフィッシング全般。スモラバ+フラテリスのパワーフィネスも大得意だ。最近、クルマをハイラックスサーフからプリウスαに乗り換え、浮いた維持費で釣りに行き放題らしい。

テーマルアー『フラテリス3.5in(ism)』

プロップフッカー(INCYDE)+フラテリス3.5in(ism)

【スペック】

●全長:3.5in
●カラー:全10色
●入数:5本
●価格:968円(税込)

センターワイヤーにプロペラがついたアラバマ系リグにフラテリス3.5inを5匹セット。抵抗が大きいリグなので、フラテリスも水を受けてよく動くのだ。

メインパターン

場所:五三川、大江川など
時期:3月下旬〜6月

雨だ! アンブレラ…じゃなくてアラバマ系を巻け!

激シブ五三川が、一転してでかバス連発リバーになる

大江川、五三川の岸釣り番長、仙石快。彼が本当は紹介したくなかった…という釣り方がコレ。フラテリス3.5inを使用したアラバマ系リグだ。

仙石「川の岸際、ブレイクとストラクチャーが多少絡むような場所で使います。ただ正直、場所はあまり気にしてなくて…それより重要なのは天気なんですよ。春の雨が降る時に必ずアラバマを出す。この時期の雨は温かいことが多くて、川の水温を上げる。水温が上がると、新しい水の層にベイトフィッシュが湧いてくる時がある。ローライトかつ新しい水が入ってくるという、それが一番大事ですね」

なるほど、アラバマ=雨という考察は初めて聞いたかもしれない。では、その使い方をどうぞ。

仙石「投げてただ引いてくるだけじゃなくて、ジグストみたいな感じで引いてくるんです。フラテリスをジグヘッド単体でミドストするとロールが入りやすいのですが、それをアラバマでやる感じです。フラテリスのミドストの大群が出来上がると…ルアーが暴れて面白いですよ(笑)」

ただ巻きでも釣れるアラバマをジグストのようにトゥイッチ&シェイクしながら使うのはなぜだろうか?

仙石「普通に引いてくるよりもゆっくり誘えます。ルアーを見せる時間が長くなるので、バイトチャンスがすごく増えると感じますね。なので、アラバマを使う時はパンパン叩いて引いてくるんです」

どういうレンジを狙って引いてくるといいのだろうか?

仙石「アラバマは引っ掛かりやすいというのもあるので、サブサーフェスとして使うことが多いです。水面から50cmまでのレンジを引いてくるので、ロッドで叩きながら巻く方がゆっくりとレンジキープしやすいです。あと、普通に引くだけだとピリピリ系のアクションなんですが、叩きながら巻くとベイトがパニックを起こしているようなアクションになる」

…ハイプレッシャーの五三川でどれくらい釣れるのだろうか?

仙石「1日10本以上釣れていました。これで釣るのはもう嫌だ、というくらい…」。

仙石快のフラテリス3.5inリコメンド

五三川の上流域、クイが連続するエリアで、クイと岸の間の表層を巻くと…40後半クラスが激しくバイト。やっぱり雨だった。

アラバマ系はベイトに合わせる

仙石「小さいシャッドテールと尾ビレのようなものが合体したテールを持つスイムベイトです。無駄なパーツがなく、水を流すタイプのルアー。正面から見ると丸っこいのですが、すごくロールが出しやすい。アラバマでは小さい3.5inを使うのですが、自分が行く釣り場のベイトフィッシュに合わせています」

対抗パターン『ライゼン110F(ism)』

風が吹いたらクランキング&浮上のウキウキパターン

【Spec】

●全長:110mm
●ウェイト:約20g
●タイプ:フローティング
●カラー:10色

浮力が高いクランキングミノーで、止めるとカタカタ音を立てながらシミーフロートする。クイなどタテストラクチャーに沿って浮かせるのが基本だ。

アラバマが雨ならこっちは爆風が吹いた時のパターン。沖は白波が立ち、ルアーを投げるのも苦労するくらいの時に…。

仙石「護岸からブレイクが近い場所で使います。ライゼンはクランキングミノーなので風が吹いていてもぶっ飛ぶし、波立っていてもしっかり泳ぐ。アピール力も強く、動きが手元までしっかり伝わってきますよ。動かし方は、着水したらバーっと巻いてある程度潜ったら、ハンドルを2回グリグリっと巻いて、止めて…30〜40cm浮上させる。カタカタと揺れながら浮上するので、そこでズバーン! とバイトさせます」

突風の吹くなか、岸からちょい斜めにキャストして、タテストというタテストはすべてライゼン浮上攻め。夕方、ついに食い上げてきた45クラス!


アラバマフラテリス&ライゼン110F使用タックル

左から)

●アラバマ用

ロッド:インフィニットブレイドIBC-71H(ism)
リール:タトゥーラTW 100XHL(DAIWA)
ライン:アブソルートMG20lb(バリバス)

●ライゼン110F用

ロッド:インフィニットブレイドIBC-610M(ism)
リール:タトゥーラSV TW 103SHL(DAIWA)
ライン:アブソルートMG13lb(バリバス)

関連記事はこちら

『ルアーマガジン』最新情報

『ルアーマガジン』2021年10月号は8月20日発売!

『ルアーマガジン』2021年10月号

『ルアーマガジン』2021年10月号は、ローカルに収まらないニッポン代表タカシカナモリ! 艇も上手いがやっぱり陸!! ということで、地元中国地方でオカッパリをしてもらうと……こんなグッドルッキングバスを釣ってしまうんですね。カメラマンが半身水浸しになって捉えた歓喜の渾身カット、いかがですか?

『ルアーマガジン』2021年10月号は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます!

●発売日:2021年8月20日
●定価:950円(税込)

望月俊典

望月俊典

2021.08.13

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。