公式ストア
プライムモニター
公式ストア

急上昇

【期間限定】ハズレなし!ガラポンチャレンジ開催中!
マダコ タコエギ 水中釣魚ワールド 海釣り

【捕食の瞬間】マダコは動くものに容赦なく襲いかかるユーモラスな生き物【水中写真で見るタコの生態】

ルアマガ+

  • 公開日:2021/12/02


タコはユーモラスな生き物。しかし実態は、動くものには、すぐ足を伸ばして抱き込んでいく。とてもどう猛なハンターであったのだ。

【Target Profile】

マダコ

本州以南に広く生息する。比較的浅い海の岩礁帯などに多い。甲殻類や貝類(2枚貝)を捕食。夏場の釣りものとして人気がある。

テンヤが落ちた瞬間、タコの目がキラリ!

タコジグを水槽内のタコの真横に落として、ふわふわと軽く踊らせてみた。すると、すっと足を1本伸ばしてタコジグにぬるりと絡める。そして大丈夫、問題ないとみるや2本目、3本目と足が伸びていく。それから、ぐいとタコ自身の方へタコジグを引き寄せて抱き込んでしまった。

タコジグに足を伸ばすタコ

次はタコテンヤを投入してみた。テンヤが落ちた瞬間、タコの目がキラリ(本当にそう感じた)と光る。テンヤを小刻みに動かすと、すっと足が伸びてきた。そして一気に抱き込んでいく。もう乗り乗り! という感じだ。タコはテンヤをしっかり押さえ込みにかかり、直後、完全にテンヤはタコに包まれた状態になった。

タコテンヤをすっぽり抱き込んだ。これを引き剥がそうとすると石にしっかりへばりついてなかなか離れない。

テンヤを回収しようとゆっくりとはがしていくと、タコは必死で抵抗する。吸盤で石に吸い付きテンヤもしっかり抱き込む。その力の強さといったら相当なもの。できれば、タコが油断しているときに一気に底から引きはがすのが、やっぱり最善なのだと納得したのだった。

(※本原稿は『水中釣魚ワールド』からの抜粋です)



魚は水中でどんなふうに暮らしているのだろうか?

『水中釣魚ワールド』好評発売中!

新刊情報ご案内

海の中はどうなっていて、どんな魚がいるのだろうか。魚たちが暮らす場での、そのリアルな生活を垣間見たい。そんな思いで水中に潜り、撮りためた写真を集大成しました。釣魚の行動観察録にはじまり、海中を彩る多種多様な魚たちの生態、そして捕食の瞬間まで、釣魚の生の姿を大紹介。水中撮影での苦労話やトピックス、各魚種の釣り方なども盛り込んでいます。

『水中釣魚ワールド』

●発売日:2021年8月4日
●価格:1,980円(税込)

関連記事はこちら

ルアマガ+

2021.12.02

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。