公式ストア
プライムモニター
公式ストア

急上昇

【期間限定】ハズレなし!ガラポンチャレンジ開催中!
津本式血抜き 海釣り

鮮度の良い魚を見極めるにはエラを見ればOK!

西川智介

  • 公開日:


端的に「キレイなエラ」「汚いエラ」と言われても、その基準がわからないという方も多いと思います。当然、キレイなエラであるほうが、鮮度が高く魚の状態も良いのですが、どのようにそれを見分けるのでしょうか。

【Profile】

津本光弘(つもと・みつひろ)

津本式・究極の血抜き。魚食の革命とも言える、新しい血抜きの方法を確立し、YouTubeなどを通して無料でその技術を伝える魚仕立て師。宮崎県の魚卸「長谷川水産」に勤務。魚をより美味しく価値あるものとするために日々研究を重ねている求道者でもある。

パッと魚をみたときに、エラが開いているタイプの魚は減点です。仮にエラが閉じていた場合、可能な限りエラ蓋をあけて中を確認しましょう。このように魚を触ると商品価値が下がることもあるので、そのような確認をする場合は店舗に必ず確認してください。

エラ蓋の中のエラの色をまず確認しましょう。鮮血のような赤ならOK、みずみずしいピンクならより良いでしょう。現場で血抜きをしている魚などはピンクがかった色になります。究極の血抜きを完璧にするとピンクを通り越してエラが白くなります(笑)。ただ、くすんだピンクや黒に近い赤、茶色。そしてネバっと糸を引く状態のものは注意してください(魚種によっては問題ない)。鮮度、魚の状態が悪い可能性があります。

その他にも奇形、変形、場合によっては寄生虫の有無などを確認しましょう。

良いエラ

全体的に鮮やかな赤いエラは合格。状態が悪くなると色にくすみが見られ、時間が立つと茶色、黒になる。魚種にもよるが、なるべく糸を引かない方が好ましい。



悪いエラ

悪いエラ

ピンクっぽく見えるかもしれませんが、こちらは劣化傾向のエラ。くすんで生気のない色になっています。血抜きされていて鮮度の高いエラはもっとピンクで透明感があります(血抜き処理されている魚はあまり市場に出回らないですが)。

いつも最上の魚があるとは限りませんが、より良い魚を求め勉強を重ねる津本さん曰く、目利きには絶対的な正解を見つけるのは難しいとのこと。とはいえ、ある程度の雰囲気を掴むのはそれほど難しいことではありません。ぜひ挑戦してみてください。

津本式(究極の血抜き)の記事一覧

魚が劇的に美味しくなるとして、料理人や釣り人、水産関係者などの間で話題沸騰中の「津本式血抜き法」。 『ルアマガ+』ではこの「津本式」に注目。津本さんに密着して取材を重ねています。また「究極の血抜き・津本式」を完全解説した書籍も発売中。津本式(究極の血抜き)の情報一覧はこちら!

詳しくはこちら

西川智介

2021.12.23

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。