で…でかい! 南三陸のお化けメバルには、スローに狙える「マル秘仕掛け」が威力絶大だった!



冬のメバルシーズン到来と同時に好機を迎えるのが夢の尺オーバーメバルの捕獲ですよね。その夢を毎年のように実現しているのが「宮城のサンペイ」の異名を持つ大塚さんです。「動きが鈍い冬の大型メバル」に威力を発揮するという、大塚さん独自のマル秘リグが白日の下に晒されます!

【Profile】

大塚涼奨(おおつか・りょうすけ)

ロックフィッシュをメインに地元宮城の海で活躍する1991年生まれの若きエキスパート。バス、雷魚など淡水のゲームも愛好し、釣りと自然をこよなく愛する釣りキチぶりから付けられた愛称は「サンペイ」。頭に巻く黒タオルがトレードマーク。メガバスプロスタッフ。

【実釣フィールド】

三陸海岸南部(宮城県)

三陸海岸は青森県南東部から宮城県東部の太平洋に面する沿岸。南部はリアス式海岸で最南端に牡鹿半島があり、磯、入り江、浜など海岸線の変化が豊富。ソルトでは根魚ゲームの好フィールドとして知られている。

宮城のサンペイのターゲットは30cmオーバーの大型メバル!

実釣は11月末。全国的にみても冬のメバルシーズンが開幕する頃だ。

大塚「宮城はサイズを問わなければ、ほぼ年間通してメバル釣りが楽しめます。ただ、僕が狙っているのはお腹がパンパンの尺メバル。それが釣りやすいのが12月と、5月から7月のいわゆる梅雨メバルのシーズンなんです」

実釣でも大型メバルの釣果に期待が持てますね。

大塚「もちろん、狙いは大型で体高のある尺メバル。でも、今年は海の様子が違うのか、例年のように釣れないんですよね…」

今シーズンは、メバルのサイズが伸びない傾向というが…。

例年のように、というのは?

大塚「僕は南三陸周辺や牡鹿半島で尺メバルを狙うことが多いんですが、毎年、11月後半になると繁殖期前のメバルが接岸して、数も型も出はじめます。今年はそれが遅れているのか、現状、数も少ないし、型も28cm止まり。今シーズンは何かおかしいんですよ」

なるほど、シーズンインが遅れているのかもしれないですね。12月以降、冬のでかメバルシーズンに突入していると期待して、その攻略法を実釣で伝授いただきましょう! まず、釣り場ですが?

大塚「僕は磯で釣ることが多いです。条件としては、ディープ隣接の湾でボトムに沈み根が点在して、海藻が生えているところが良いです」

深場隣接、沈み根、海藻の3条件がそろえば確率UP!

大塚「僕が尺メバルを狙う釣り場は、深場が隣接する磯のワンドまたは漁港です。こういった場所には、繁殖を意識したメバルが接岸しやすいんです。また、ボトムに沈み根と海藻があれば、メバルもベイトもたまります。深場隣接、沈み根、海藻の3つの条件がそろえば、大型のメバル捕獲率が一気にアップしますよ」

磯ではないと釣れない?

大塚「漁港でも深場が近く、海藻が生えていれば釣れます。ある程度、水深があれば堤防の内側でもでかいメバルが出ますからね。尺にこだわらなければ港周りで普通に釣れます(笑)」

サイズにこだわらなければ、深場が近くにある堤防などでも釣れやすくなるのが冬のシーズン。ヒットルアーはハゼドンシャッドSW 3in。

冬の尺メバル攻略の秘策「サンペイリグ」

夕マヅメ前に現場入りです。夜釣りは明るい時間に釣り場の様子を確認します。安全を確保することが重要なんですね。

大塚「もちろん、釣果よりも安全第一です。あとは釣るタイミングも重要になります。夕マヅメに満潮あるいは干潮が絡むと最高ですね」

当日の日の入りは16時15分。干潮が18時半すぎで日没頃に流れがゆるみはじめるタイミングです。

大塚「流れはじめ、ゆるみだしなど潮が変わるタイミングは良いです。ただ、潮が動いていればチャンスはありますけど」

そう説明しながら、まだ空は明るいんですが、ハゼドン3inのジグヘッドリグを結んで沈み根の際を狙ってキャストします。着底後、ロッドティップで小さくシャクってアクションを入れます。

大塚「ライトワインドです。ハゼドンはどんなジグヘッドに付けてもダートしてくれる。日中にリアクションが誘えます。小さなアタリはあるけど、ジャレつくメバルの姿は見えませんね」

日没前からキャスト開始。あたりの正体は小さいアイナメでした!

数投後、アタリの正体は小型アイナメと判明しました。三陸らしいゲストですね。辺りが薄暗くなると大塚さんはリグチェンジです。

大塚「フロートを使います」

いよいよ、大型メバル狙いの仕掛け「サンペイリグ」をセット!

遠投して広範囲をサーチ?

大塚「広くも探れますが、体高のある尺オーバーは動きが鈍い、と僕は思っています。移動距離を抑えて誘うための遊動式のフロートリグで、自分で考えました。同じことをやっている方がいるかもしれませんけど。リグ名ですか? ん〜まだ、ないです(笑)」

では、仮称でサンペイリグとしておきましょう! 詳細は下の図を参照してくださいね!

大型メバルを直撃! 超スローに狙える「サンペイリグ(仮称)」

フロートは自作のほか、市販品ではシャローフリークを使用します。

大塚「Fシステム用のフロートで、通常FシステムはPEとリーダーの結び目のリーダーの端糸を長く残し、フロートを結びます。サンペイリグ(仮称)は、スイベルの環にリーダーを通して遊動式に」

その狙いは?

大塚「中通しのフロートより糸どおりが良いからフロートの真下付近にスルスルッとジグ単を落として、移動距離を抑えて誘うことができます。仕掛け絡みなどトラブルも少ない。ジグヘッドは1.8gが基準でゆっくり落としたいときは0.9gを選択しますね」

三陸の尺メバルがよだれを垂らす「切り札ワーム」

ハゼドンシャッドSW 3in(メガバス)

サンペイリグ(仮称)で使うルアーがこれです。

大塚「ハゼドンシャッドSWはボディが縦扁平で、巻くとテールに多くの水が当たってゆっくりでも確実に動いてくれる。サオ先でチョンチョンッとアクションをつけるとボディがロールしてアピール。誘ってフォールで喰わせるのも有効です」

サンペイリグ(仮称)はスローに狙えるから、大型メバルに効果的にアプローチできる!


ワームのローテーションやプラグの併用で釣果アップ!

ハゼドンシャッドSWを使用したサンペイリグ(仮称)が主軸ではありますが、その他の手段も用意しておくと、より幅の広い尺メバルゲームが展開できます。

大塚さんの場合は、タイプの違うワームをローテーションすることで、メバルの反応をチェックしたり、場合によってはプラグで探ってみたりと、複数のフォロー手段を用意していましたよ。

大塚さんのメバルハンティング用ルアーケース

大塚さんが携行するワームケースを拝見させてもらいました。ワームパートの約半分をハゼドンシャッドSW3inが占めていて、大塚さんの信頼度の高さをうかがえますね。他に、ケムリカーリー3.5inやDr.チョロ2inなど、タイプの違うワームが入っています。

ローテーション1:ケムリカーリー3.5in(メガバス)

カーリーテールで、ハゼドンとは違ったアクションでアピールできます。
ハゼドンシャッドSW3inに反応しないときに投入

大塚「肉厚幅広なテールでハゼドンシャッドSWよりゆっくり引ける。使い方はただ巻きやカーブフォールで、理由はわかりませんがハゼドンシャッドSWに反応しないときにケムリカーリーは喰うということがあります」

ローテーション2:Dr.チョロ2in(メガバス)

メバルが喰い渋る状況で威力を発揮!
アタリがあってものらないときの喰わせの一手

大塚「ハゼドンシャッドSWを投げてアタリだけでのらないときはチョロ。ピンテールタイプで、扁平ボディが水を受けてナチュラルに喰わせやすい。月夜や澄み潮などメバルの警戒心が高まる状況にも強い。通常のメバル釣りで活躍するワームです」

実釣時もハゼドンシャッドSW3inのサンペイリグ(仮称)で、アタリだけでのらないメバルに喰わせたのがこのワームです。

サンペイリグにDr.チョロ2inをセットしてキャッチ!

ワームに反応が悪い場合は、プラグという選択肢もアリ!

サンペイリグ(仮称)以外の選択肢としてプラグも常に準備。

大塚「ジグヘッドはどんなに軽くしても沈みますが、フローティングミノーなら、その浮力をいかして表層で止めたり、超スローに狙ったりできますからね。よくやるのは、水面に浮かせた状態でバイトを誘う、通称ほっとけメソッドです。梅雨時のメバルにも効果的ですよ」

ファットビーグルSF・SS(メガバス)

ジグヘッドリグにはないボリューム感とアクションが魅力

大塚「メバルで実績抜群のビーグルのファットボディモデルで、でかいメバルに強い。SF(スローフローティング)はゆっくりただ巻きやストップ&ゴー。止めたときの浮上アクションがやたら釣れるときがあります。ホットケも有効。SS(スローシンキング)は、ただ巻きやストップ&フォール。ティンセルは止めて見せて喰わせるときに威力を発揮します」

X-80Jr.SW(メガバス)

大きめサイズの浮上チューンがでかメバルに効く!

大塚「全長65mm、重量6gと大きめで、でかいメバルに効きます。飛距離も出る。使い方はただ巻きがメインで、チョンチョンと2回くらいトゥイッチしてストップも効く。シンキングタイプですが、僕はフックを2サイズ小さくしてじんわり浮くようにチューン。浮上がすごく釣れることがあります」

テリア(メガバス)

ミノーの泳ぎを嫌うときはシンキングペンシル

大塚「テリアはシンペンでジグ単より表層をゆっくり引ける。ファットビーグルとの使い分けは、リップ付きのブリブリした泳ぎを嫌うときにテリアを入れます。あとはより飛距離がほしいとき。使い方はゆっくりとただ巻きです」

尺メバルの反撃を吸収して止めるロッドで捕獲率UP!!

大塚「ロッドのSL-82MLSは、礁楽のメバル対応モデルの中で一番長く、ルアーも16gまで背負える。僕はDr.チョロのジグ単からフロートリグまでこのサオでやります。ミディアムファストテーパーで投げやすく、ブランクはモチッとした感じで、でかいメバルの強い引きをサオで吸収。ドラグを余計に出さなくてもバットで止めることができ、やりとりが有利に行えます。リールは巻き感度重視でハイギアを使います」

いかがだったでしょうか? 今回の実釣では残念ながら尺オーバーのメバルは出ませんでしたが、この記事を参考に、皆さんも是非、メバルゲームにチャレンジしてみて下さいね!

『ルアーマガジン・ソルト』2023年1月号 発売情報

ルアーマガジンソルト2023年1月号

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン・ソルト 2023年1月号』

企画の目玉は、「アジング」と「シーバス」、そして「サーフ」の3大特集! 最新タックル情報に加え、エキスパートアングラーたちのテクニックも余すことなく紹介しています。

このほか、ヤマガブランクスのライトゲームプラッギングロッドや、モノクロページではサーフィッシング基本、ボートサワラフィッシングの基本なども掲載。エキスパートからビギナーまで納得の1冊となっています。

『ルアーマガジン・ソルト2023年1月号』は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます。

  • 発売日:2022年11月21日
  • 定価:1,500円(税込)
ルアマガプラス