【サクラマスの不思議な生態】海で成長した巨大ヤマメだけど……?



自然フィールドで大型トラウト(鱒)が狙えるのをご存知だろうか。そのひとつが大本流のサクラマス釣りである。どんな釣りかと言われれば結構奥が深いのだが、ここではまずターゲットとなるサクラマスの生態について紹介してみたい。

ヤマメもサクラマスもおんなじ魚です!

基本的には河川残留型(陸封型)がヤマメ、降海型がサクラマスに分けられるが、実は簡単には説明できないほど生態が複雑なのが、このヤマメという魚。地域による降海時期や、成熟する年数が違うのもそのよい例だろう。

たとえば、北海道のヤマメの場合、生後約1年半で降海型は海へと下る。そして約1年を海で過ごし、2歳半の春に生まれた川へと遡上してくる。そして約3歳となる秋に産卵し、その一生を終える。

これに対して東京都・多摩川の場合、降海型は生後約1年で海へ下る。海にいる期間は約半年間。近海を回遊しながら成長し、わずか1歳半の春に多摩川へと戻って約2歳となる秋に産卵。北海道の集団よりも短い生涯となる。

サクラマスの生態は北海道と関東でも全然違う

北海道と関東で約1年間の成熟期間の差があるサクラマス。それだけでなく、海に降りる個体の割合も大きく異る「ひとくくりにし難い」魚でもある。もう少し紹介してみたい。

北海道のヤマメは約75%が降海してサクラマスとなる。残りの25%はヤマメとして川に残る。この25%はほぼ確実にオス。サクラマスとなった50%がメス、残りのサクラマスの25%がオスだ。

東京都・多摩川の場合、降海してサクラマスとなる魚は5%にも満たない。残りのすべての魚(約95%)はみな河川残留型であるヤマメとなる。サクラマスにもヤマメにもオス・メスが混在するという、北海道との大きな違いがある。不思議であり、なぜかは分からない。東日本の南北の差でこの生態の違いである。

こちらはヤマメ

こちらは渓流域で釣り上げたヤマメ。地域や生息環境によって育ち方が様々だが、尺サイズ(30.303cm)を大物の基準にするアングラーが多い。

こちらはサクラマス

90mmのミノーにヒットした個体。サイズの大きなものだと70cmを超えてくる。


銀鱗を体に纏う清流の女王

降海型であるサクラマスは銀毛する。銀毛とは写真のように鱗が銀色に変化すること。

降海型であるサクラマスは銀毛するのが特徴だが、海ではなく本流で成長するヤマメにも銀毛し大型化する、いわゆる本流ヤマメやモドリヤマメといった魚たちがいる。湖沼型のサクラマスもいる。実に多様な生活史をヤマメという魚は持っているのである。

またサクラマスとなった魚は1回の産卵で死ぬが、ヤマメは複数回産卵しているものもいるようだ。ヤマメには謎が多い。そして面白い。

『ルアーマガジン・リバー』最新情報

『ルアーマガジン・リバー』2022年4月号は2月21日発売!

『ルアーマガジン・リバー』2022年4月号は特集2本立て!

まず1つ目は「サクラマス」。2021年のメモリアル釣行から、今シーズンの展望、海ザクラまで幅広いテーマをまとめてみました。幻の魚とも称される鱒をエキスパートたちがどう攻略していくのか、注目してみてください!

そしてもう1つの特集が「鱒新製品大解剖」です。今期注目のアイテムをエキスパートたちの実釣を交えた解説で詳解! このほか、100周年記念のカーディナルなど、トラウトシーズンを彩る情報満載の1冊となっています!

  • 発売日:2022年2月21日
  • 定価:1,980円(税込)
ルアマガプラス