推定1.8m以上の『白い巨大生物』が出現。謎の声を発して撮影者は固まってしまう【ヨネスケ】

日本全国を釣りしてまわる大人気Youtuber「ヨネスケ」さんの動画をルアマガプラスでダイジェスト的にご紹介! 今回は瀬戸内海に浮かぶ小さな離島「小豆島」小豆島での釣行をピックアップ! 出るのか!? 大物!

●文:ルアマガプラス編集部

[写真タップで拡大]

ヨネスケ

釣りの聖地「五島列島」に移住し、夢の魚を釣るため日本全国を旅する釣り人。北海道から沖縄県まで釣り旅をする「突撃!ヨネスケの釣り旅ch」のYouTubeを運営中。

ヨネスケさんの詳細は、下記YouTubeアイコンからチェック!

今回、紹介する動画はコチラ!

今回紹介する動画は瀬戸内海に浮かぶ小さな離島「小豆島」でのコブダイ狙いの釣行2日目をピックアップ! 釣り人でなくても憧れる素晴らしいロケーションでの釣りには期待がかかる!

場所は小豆島の堤防、朝マズメ。狙いはコブダイ!

朝マズメの堤防、素晴らしいロケーションだ。 [写真タップで拡大]

素晴らしいロケーションの堤防先端、それも外海に面した部分という「いかにも釣れそう」な場所にて釣行スタート。これだけの場所であれば80cm、あるいは90cm以上の大物に期待がかかる。

仕掛けは「6gジグヘッドに冷凍イカ」、海へ投入したらコマセを撒く。 [写真タップで拡大]

ここ大型船舶などが通過する場所ということで水深も結構ある。おそらく10mくらいはあるのではないかとヨネスケさんはいう。

投入仕掛けは6gのジグヘッドに「冷凍エビ」を付けただけ! さっそく海へ投入。動画の撮影時期は3月の低水温期ということでコマセを撒き魚の活性をあげる。

あとは待つだけ! 置き竿の際には急に魚がかかって仕掛けだけでなくロッドやリールを持っていかれないように注意したい。

タフな低水温期、あっというまに3時間。すると謎の声が…

強烈な濃霧… [写真タップで拡大]

アタリもなくあっという間に、3時間。朝は快晴だったのに急な濃霧で危ない雰囲気。ヨネスケさんはアタリを待つだけで、やることもなく携帯をいじっていると…謎の声が!

謎の声「シュゴォォォォ…」 [写真タップで拡大]

聞いたことのない謎の声に戸惑うヨネスケさん。唖然として聞き間違えかと思った瞬間また「シュゴォォォォ…」と全く聞き覚えのない声が!

これにはヨネスケさんも驚き立ち上がって、海を見渡す。しかし、海面に異常は無い。

聞いたことがない音で文章ではなかなか表現できないので、ぜひ動画でチェックしていただきたい部分だ。

謎の声の正体は、真っ白「イルカ」!

なんとイルカが! [写真タップで拡大]

仕掛けを回収していると真っ白な巨大生物が現れる。目を凝らすとソイツはなんとイルカ! それも真っ白なイルカだ。

その後もイルカは堤防の周りをぐるぐると泳ぎ回り、ときには足元スレスレまで近づいてくる。

目の前を泳ぐイルカ。 [写真タップで拡大]

これだけ大きなイルカが泳ぎ回っていると魚も散ってしまうし、もしイルカにハリが掛かったら大変だということで、流石に移動! 良いロケーションだっただけに未練も残りますが諦めも肝心です。

ちなみに回ってきたイルカですが、ヨネスケさんいわく「スナメリ」ではないか、とのことです。聞いたことのない音は声ではなく、潮を吹く音だったのかもしれません。

Tips スナメリ

スナメリとは、ネズミイルカ科スナメリ属に属する小型のイルカ。

今回、紹介した動画はコチラ!

今回、紹介した動画『離島で釣りしてたら謎の白い巨大生物が…あれはなんだ!?』ですが、謎の白い巨大生物の正体はスナメリでした。スナメリの独特な声(潮を吹く音)は必見ならぬ必聴なので、動画チェック!


最新の記事

ルアマガプラス