ブラックバスは何を食べてる? マイクロベイト対応ベイト図鑑

マイクロベイトの釣りをする上で欠かせない、「ベイト」の代表生物を一挙に紹介! 日本各地で見かけるこれらの生物をしっかりと覚えて釣りに役立てて欲しい。ここでは、バスの捕食ステージとなる水面、水中、水底の3タイプに分類してみたぞ。

●文:ルアーマガジン編集部

マイクロベイトとは

読んで字のごとく、非常に小さな捕食対象のこと。ここでは、体長3cm程度のものを基準に、成体でも小さな場合と成長しきっていない幼体を合わせて掲載する。

水面の生物

落下してくる地上生物を待ち構えている水面は、地上と水中の境目となる場所であり、バスにとってはターゲットを追い込む壁となる場所である。当然、周りに何もない水域よりも、オーバーハングや草むらなど、落ちてくる生物の生息場所が近いほうが好ましいだろう。

バッタ

オールドルアーにもなっている典型的マイクロベイト

[写真タップで拡大]

優れたジャンプ力を持つ昆虫であるバッタ。草むらに多く生息しているため、水路の脇やため池の岸沿いなどで水面に落下して捕食される。上手に泳げるわけではないが、ジャンプする要領で足を動かし、水面を移動することは可能。成体は羽があるので飛翔可能だが、幼体はジャンプのみ。サイズ感に加えてこのことからも捕食されるバッタは幼体が多いだろう。

釣り場でよく見かけるのはトノサマバッタやショウリョウバッタ、イナゴなど。いずれも成体になる初夏頃がマイクロベイトとしての体サイズを有する。クリックホッパー(レーベル)はまさしくこのバッタを模したハードルアーだ。

イモムシ

ケムシは嫌でもイモムシは食べる?

[写真タップで拡大]

ここでは地上で生活するチョウやガの幼虫を指して「イモムシ」と呼称。樹上生活を送っている種類が多いため、オーバーハングの下に落下することが多い。特にシャクガの幼虫(シャクトリムシ)は樹上で捕食対象から逃れるために糸でぶら下がることもあり、水面に落下する機会が多い。

移動能力が高くないため、一度水面に落下するとその場でウネウネし続けるくらいしかできず、容易に捕食されるようだ。野尻湖などでは特に有名なマイマイガの幼虫(ケムシ)も同様にオーバーハング下にぶら下がることは多いが、バスの餌生物を収集する大津清彰さんの話によると、ケムシはあまり食べられてはいないとのこと。

アマガエル

極小のカエルは格好の餌食に!

[写真タップで拡大]

体長は大きくても4cm程度で、成体になって間もない頃には1cm程度の個体も見かけることが多い。カエルと聞くと水の中を想像するかもしれないが、アマガエルは木の上や草むらに生息していることが多い。釣り場のそばの草むらを歩いていて見かけることが多いだろう。バスはこうしたエリアから落下した際に捕食する。出現する時期は初夏以降。なお、名前の由来にもなっている『雨』の通り、雨が振りそうなタイミングで一斉に「クックックッ」と鳴きだす。

水面のその他の生物

地上から落下し、水面で捕食される小さな生き物にはやはり節足動物(昆虫やクモ)は多い。ただし、落下した生物がもがいたところでバスへのアピール力はさほど高くないらしく、セミなどが水面に落ちている様子を観察していてもなかなか捕食されないことは多い。これはバスの目線が水面に向いていない状況の指標となるのかもしれない

水中の生物

水面でも水底でもない広い範囲。マイクロとは言え遊泳力を持つ魚類は身を守るために群れで泳いでいることが多い。バスとしては捕食する際には水面や水底に追い込みたいため、ベイトフィッシュはそうなるまいと中層を泳いでいることが多い。そのため、バスの目線も中層ということになる。

ワカサギ

王道ベイトフィッシュ

[写真タップで拡大]

全国各地の様々なフィールドに生息しており、バスの格好のベイトとなっているワカサギ。最大15cm程度の成魚が冬から春に産卵し孵化。5月頃には体長3cm程度になり、マイクロベイトとして捕食対象となっていく。また、主要なワカサギレイクでは春頃に4mm前後まで育てた稚魚放流が盛んに行われている。

バスにとってワカサギは相当魅力的らしく、同一フィールドでもワカサギが入る前後で食性が大きく変化するのだとか。なお、ワカサギは水質の悪化や温度変化に対しても比較的強い魚であるため、各地への放流が可能となっている。

ブルーギル

稚ギルも格好のベイトに!

[写真タップで拡大]

ブルーギルといえば、でかバス狙いでポイントとなるベイトだが、マイクロベイトパターンにおいてもその重要度は高い。初夏にすり鉢状の巣を作り、強い縄張り意識を持って産卵行動を行う。卵が孵化してしばらくは親魚が仔魚を保護し、夏頃になるとストラクチャー周りなどでたくさんの3cm前後のブルーギルの稚魚が見られるだろう。

なお、ブルーギルはブラックバスと同様の外来魚。1960年に皇太子明仁親王がミシシッピ川原産の15尾を日本に持ち帰ったのが始まりとされている。その後初めてブルーギルが放流された静岡県の一碧湖は、現在も釣りが可能となっている。

ボラ(ハク)

ソルトルアーフィッシングでもメジャーなマイクロベイト

[写真タップで拡大]

沿岸に生息する最大90cmほどにもなる大型魚のボラ。成長によって名称が変わる出世魚としても知られており、稚魚期の名称である「ハク」の名前でとくにマイクロベイトパターンとリンクする。

晩秋~冬にかけて外洋にて産卵された卵は数日で孵化し、春頃に稚魚は河口へとやってくる。シーバスで有名なハクパターンはこの時期の話となる。さらにハクは遡上し、その生息域は淡水域にも及ぶことで、初夏頃からバスのベイトとなる。海につながるフィールドで見かけることの多いマイクロベイトと言えるだろう。水中を泳ぐマイクロベイトではあるが、比較的水面付近を泳いでいることが多いため、ハクを捕食しているバスを想定する場合は少し上の目線を意識するのがオススメだ。

水中のその他の生物

琵琶湖ではお馴染みの稚アユも典型的なマイクロベイトと言えるほか、モロコやオイカワなど、ベイトフィッシュの稚魚期はマイクロベイトパターンにリンクすることは多いだろう。ただし、マイクロベイトがたくさんいる場所であっても、バスがその場にいなければ意味を成さない点には注意したい。

水底の生物

いわゆるボトムは、バスがベイトを追い込む先として水面と双璧をなす格好の捕食場。生息している餌生物は高い遊泳力で逃げ回るというよりも、地形に擬態したり、隙間に入り込んで逃げ込んだりといた方法でやり過ごそうとする方向性が強い。

アメリカザリガニ

赤いザリはあまり食べられない?

[写真タップで拡大]

バスやギルと同様、外来種であるアメリカザリガニ。クローワームを使用する際のマッチ・ザ・ベイト基準ともされることのある生物だが、大津清彰さんによれば大型のザリガニはそれほど捕食されていないのだという。

それよりも、幼体で体色がまだ茶色い個体が胃内容物として確認されることが多いとのこと。アメリカザリガニはメスが卵をお腹に抱えたまま、孵化後8mm程度に育つまで親元で過ごす。その後幼体は独り立ちし、生まれてから1~2年は茶色い幼体としての姿を見ることができるだろう。

ヤゴ

水生昆虫も立派なベイトに!

[写真タップで拡大]

バスが食べている虫は何も落下物だけではない。水中に生息している虫もときには捕食する。

大津清彰さんは春に釣りをしている際、明らかにたくさんのバスがトンボの幼虫であるヤゴを捕食していることを発見したという。そのヤゴ(コヤマトンボ)は幼虫で越冬し、4月下旬に羽化する種類なのだとか。秋口に孵化したヤゴが水温上昇によりヤゴが動き出すことをバスが把握しているのかもしれない。

その他にも水生昆虫はユスリカやカゲロウの幼虫など、数多くの種類が存在しているため、まだまだ知られていないマイクロベイトパターンが存在しているといえそうだ。

スジエビ

どのフィールドでも大量に生息

[写真タップで拡大]

あらゆるフィールドで見かけるスジエビは、成体であっても格好の捕食対象となる。初夏に産卵期を迎え、2ヶ月ほどで体長5mmほどに育ち、2~3年の寿命で大きいものでは50mm程度まで成長するとされている。

日本各地の淡水域に生息しており生息数も非常に多いため、もっともバスに食べられている餌生物といえるかもしれない。水底の石の下や水草などの影に潜むが、バスに追われる際は一瞬逃げて漂うため、容易に捕食されてしまうという。近縁種のテナガエビもバスのベイトとして一般的だが、大型の個体はそれほど捕食対象となっていないようだ。

ヨシノボリ

いわゆる 『ゴリ』

[写真タップで拡大]

バス釣りではベイトフィッシュとなるハゼの仲間を総じて「ゴリ」と呼ぶ。その中にはヨシノボリやウキゴリ、チチブなど様々な種類が含まれているが、いずれも最大で10cm近い体サイズにまで成長するため、マイクロベイトとしてはこれらの種の幼体を指すことになる。

初夏頃からシャローのボトムでたくさんの姿を見ることのできるマイクロベイトだが、逃げるスピードは比較的早く、また石と石の隙間に逃げ込むなどでバスからの捕食を逃れることも多いという。

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス