ベイトリール選ぶときギア比とハンドル向きどうしてる? バス釣り達人10人に聞いてみた

巻きモノの釣りに欠かせないアイテムのひとつといえばベイトリール。ひとえにベイトリールと言えどもギア比やハンドル長などスペックは様々。そこで今回は巻きモノ釣行におけるベイトリールのギア比とハンドル巻き手やカスタムについてのお話を選りすぐりの達人10名に大調査! この記事を読んで自分に合ったベイトリールを再発見するきっかけになると幸いだ。

●文:ルアーマガジン編集部

折金一樹さんの場合【6.3&7.1|右投げ左巻き】

[写真タップで拡大]

折金一樹(おりかね・かずき)

房総リザーバーを中心に活動する凄腕トーナメンター。ハードルアーのみで戦うH-1グランプリでは2度の年間優勝を飾る実力者。O.S.Pのプロスタッフとしても艇・陸問わず活動しYouTubeでも人気を博している。

【ギア比】6.3と7.1を使い分けています。

基本的には6.3と7.1の2機種をメインに使っています。スピナーベイトやスイムジグを使う時には6.3を使い、クランクベイトやバズベイトなどの着水してからすぐに巻き始めたいルアーに関しては7.1を使用しています。ブレーデッドジグに関しては状況によって速くも遅くも巻きます。基本的に引き抵抗が強いものは遅く、引き抵抗がそこまでないものは速く巻く傾向にあると思います。

【ハンドル】カバー際での繊細なトレースは直ぐ巻ける左巻き!

右投げ、左巻き。

僕は基本的には何もカスタムチューンはしておらず純正を使用しています。アルファスエアーTWとジリオンSV TWをメインに使っているので、ハンドル長は80~90mmですね。リーリングは普通かやや速めといったところ。ハンドルはすべて左巻きに統一しています。右でキャストするので手返しの良さを重要視していますね。

川島勉さんの場合【ノーマルギア|右投げ左巻き】

[写真タップで拡大]

川島勉(かわしま・つとむ)

房総リザーバーを中心に活動するスーパーロコアングラー。2022年に自身のブランドである「BETO BETO」を立ち上げ、より楽しくより釣れるルアーを世に送り出すべく邁進中。

【ギア比】巻きモノは大半がノーマルギアです!

様々なジャンルの巻きモノを使用するのですが、大半がノーマルギアですね。リップレスビッグベイトや速く巻きたい状況下ではハイギア(HG)を使う場合もありますが、エキストラハイギア(XG)とかは巻きものでは100%使わないですね。具体的な数字でいくと6.2とか6.3ぐらい。僕はギア比を揃えてリーリングを変化させて巻きたい人種ですね。

【ハンドル】ピンスポットだけを効率よく巻けるので左ハンドルです。

右投げ、左巻き。

最近はカバーの美味しいポイントだけを効率よく巻いていきたいので、左巻きに統一しています。ハンドルはシマノの純正。あとリーリングスピードは、自分がしんどいと思わない速さで巻いています。「マグナムクランクを速巻きすると釣れるよ」という話を仮に聞いたとしてもしんどいのでやりません(笑)。あくまでも自分が楽しくやれる範囲のスピードで(笑)。

川村光大郎さんの場合【バーサタイル7.1or5~7|右投げ左巻き】

[写真タップで拡大]

川村光大郎(かわむら・こうたろう)

陸王最多戴冠者にして大人気メーカー・ボトムアップの主宰。オカッパリのみならずボートでの釣りもこなすマルチアングラー。カバーフィッシングに対する釣りに定評がある。

【ギア比】巻きモノは大半がノーマルギアです!

撃ちも巻きもこなすバーサタイル系のタックルには7.1に落ち着いています。ギア比6台だと手返しが悪いし、ギア比8台だと巻きモノが扱いにくい。そのどちらにも調整が効くのがギア比7くらいなんですよね! ただし、専用タックルとなると話は別。ラインの弛みを生かしながら軽く巻きたいクランクベイト専用タックルには6.3を組みますし、巻くことがないベイトフィネスタックルには手返し重視で8.1を組みます。あとはスプール径にもよりますよ。小口径ならギア比を上げて、巻取りスピードを合わせます。

[写真タップで拡大]

【ハンドル】ピンスポットだけを効率よく巻けるので左ハンドルです。

右投げ、左巻き。

ボクは右投げの左巻き。キャスト後ロッドを持ち替えずに済む手返しの良さ、そして、利き手でのロッド操作と力強いアワセのためです。手首のスナップが利き、親指先での繊細なサミングにも有利なワンフィンガーでキャスト。そのまま誘ったり巻くことも多いですが、余裕があれば2~3フィンガーに持ち替えしっかりアワセられるようにしています。ハンドルは80mmがボクにはしっくりきますが、ヘビー系タックルには、やや力を込めやすくなる85mmに交換しています。

佐藤信治さんの場合【ローギア|右投げ右巻き】

[写真タップで拡大]

佐藤信治(さとう・しんじ)

愛知県でプロショップを経営するかたわら琵琶湖で長年ガイドを務め、多くの人にメモリアルフィッシュをもたらしてきた「サトシン」の愛称で知られるレジェンドアングラー。

【ギア比】日本で1番低いギアにこだわっています。

1997年にイクシオーネの4.9のラインナップを出してから今に至るまで、ずっとローギアにこだわり続けていますね。現代でハンドル1回転あたり55cmのリールなんてほとんどないですよね(笑)。なぜローギアにこだわるのかと言うと、リズムが作りやすいというのが1番なんですよ。人間、速く巻くことは簡単なんやけど、遅く安定させて巻くのは精神的に安定しないんで。一定に巻くということを体が勝手にリズムを作れるのがローギアの強みやね。

[写真タップで拡大]

【ハンドル】ハンドルは92mmをベースに使っていますね。

右投げ、右巻き。

イナーシャという、ウチが作っていたハンドルがあって、それを境にカスタムのパワーハンドルって広まっていったんやないかな。現代のリールって平ノブでハンドル長が80台とかが1番多いじゃないですか。リズムを作って安定して回すには、つまむのではなくて握れるハンドル。手と一体化できる形状のモノがベストかなと思いますね。

関和学さんの場合【5.8&6.2&表層サブサーフェス8.0|右投げ左巻き】

[写真タップで拡大]

関和学(せきわ・まなぶ)

2012年、それまで以上にバスフィッシングと真摯に向き合うため、都内から関東のメッカ水郷エリアへ移住したベテランアングラー。1971年8月1日東京都生まれ。

【ギア比】季節や狙う場所によって変化させていきます。

表層からサブサーフェスを巻くときは8.0を使用しています。ルアーが目視で確認できるので、ハイギアを使用してもトレースしやすいですね。スピナベ、クランク、ブレーデッドジグなどを使用するときは、冬場は5.8、冬以外だと6.2を使っていますね。魚が食う場所が長年やってきて限られるということが分かったので、要点だけを絞り込んで流していくためにはこのぐらいのギア比がオススメですね。

[写真タップで拡大]

【ハンドル】カーボンハンドルの90mmで統一しています。

右投げ、左巻き。

ベイトフィネス以外はどの釣りもカーボンハンドルの90mmで統一しています。長年やってきて行きついた長さですね。リーリングスピードに関しては、普通の人よりも遅めだと思います。僕はルアーが泳ぐギリギリの速度で巻くのが1番釣れると思っているので。バスベイトであればペラがギリギリ水面で動いたり、スピナーベイトであればブレードがギリギリ回転するぐらいのスピードで巻くと経験上バイトが1番多いですね。

津輕辰彦さんの場合【5.8or6.2|右投げ左巻き】

[写真タップで拡大]

津輕辰彦(つがる・たつひこ)

スピナーベイトが十八番のハードベイター。ハードルアー限定の大会「H-1グランプリ」でマスターズカップを2勝している凄腕アングラー。

【ギア比】糸巻き量を調節して巻き取り量を統一しています。

巻きモノには6.2のノーマルギアと5.8のローギアを使い分けています。ノーマルギアはラインを少なく巻き、逆にローギアは目一杯ラインを巻いています。これには理由があって、ハイギアは糸巻き量を減らすことでギア比は下がり、逆にローギアは目一杯巻くことによって上がります。これによって巻き取り量が統一されるように調節しています。ワイヤーベイトや通常サイズのクランクベイトはノーマルギア、巻き抵抗が大きいルアーに関してはローギアを使用していますね。

【ハンドル】ロッドワークは利き手(右)、リーリングは反対の手(左)

右投げ、左巻き。

僕は右投げ左巻きなのですが、キャストするときは1フィンガーで、巻くときは4フィンガーに持ち替えて巻くようにしています。なぜ右投げ左巻きなのかというと、ロッドを持つ手は複雑な動きが必要になりますが、ハンドル側は「円運動」に終始するから、左手(私の場合は利き手と逆)を使っています。ハンドル長はすべて84mmに揃えています。ハンドルについてですが、短くなるほど手首で巻くようになり、長くなるほど腕全体を使って巻くようになります。僕は腕全体で巻く方が安定して巻き続けることができると思います。

水野浩聡さんの場合【ハイギア|両投げ左巻き】

[写真タップで拡大]

水野浩聡(みずの・ひろあき)

中部地方のため池や大江川、長良川などをホームグラウンドとするスーパーアングラー。フィネスな釣りから撃ち、巻き、ビッグベイトまで多彩にこなす。

【ギア比】そのギア比がどれだけ自分の体に馴染んでいるかがキモですね。

巻きモノに関してはハイギアを使うことがほとんどです。例えばクランク、シャッドだとハイギアでゴリゴリ巻いちゃうと、ボトムにタッチする衝撃が強くてガツンとスタックしたりするんですけど、それも加味したうえで回避できる自分なりの巻き方があるというのが前提でハイギアを使っています。ギア比がどうこうというよりは、どれだけ自分にそのギア比や巻き方が馴染んでいるのかの方がルアーのポテンシャルが最大限に出せると思います。それがたまたま僕の場合はハイギアだったということですね。

【ハンドル】ノンカスタムで右巻きハンドルです。

両投げ、左巻き。

カスタムしたことは今まであんまりないですね。10年前とかはカーボンとかコルクノブとかを使っていた時期もありましたけど、結果ノーマルの巻き感が心地よくて慣れちゃいました。あと僕自身がスポンサード関係なく20年以上シマノ製のリールを使っていたこともあり、純正の右ハンドルという形に体がしっくり来ているということもあるので。やっぱり計算しつくされてあの形になったわけで。長年の慣れには誰も勝てないですね(笑)。

山田祐五さんの場合【ノーマルorハイギア|右投げ左巻き】

[写真タップで拡大]

山田祐五(やまだ・ゆうご)

常にでかバスを本気で追い求めるその姿勢からついた異名が「北の鉄人」驚異のビッグバス捕獲率は多くの人を魅了し、でかバスハントの第一線に立ち続けている。

【ギア比】ハイギアのほうが細かいメリットがたくさんあるんですよ。

ダム湖で進みながら釣りをしたり、琵琶湖で止まって釣りをしたりするので、一概には言えないですけどハイギアを使用することが多いですね。深いところ(5~15m)はノーマルギアやローギアの方がレンジをキープして釣ることができますね。でもハイギアの方がちょっとしたメリットがたくさんあるんですよ。たとえばフッキングとかも決まりやすいし、手前に対して魚が走ってきたときもすぐに対処できますし。最初はノーマルギアで一定のレンジをキープする練習をしてからハイギアに切り替えていくのがオススメですね。

【ハンドル】左巻きの88mmに統一しています。

右投げ、左巻き。

ハンドルですが、左巻きの88mmにすべて統一しています。長年やってきて85~92mmぐらいが自分の中で使い心地が良かったので、間をとって88mmを使用していますね。僕はギア比でルアーのスピードを変化させたいタイプなんですよ。最近はメーカーによっていろいろなハンドルやギア比があるので、自分の中で混乱してしまうんです。80mmと100mmを同じ速さで巻くと80mmの方が早くなるじゃないですか。そういうことがややこしいのでハンドルは統一していますね。

吉田撃さんの場合【6.2メイン|両投げ左巻き】

[写真タップで拡大]

吉田撃(よしだ・げき)

1982年生まれ。軽快なトークと、学生時代に野球で鍛えたフィジカルを武器に、リズムを刻むようにナイスフィッシュを手にしていくバスフィッシングエンターテイナー。

【ギア比】6.2がベース。季節や狙う水深でやや変更ありですね。

巻きの釣りでは6.2で統一していますね。季節によって巻き物のルアー選択って変わってくるじゃないですか。ベースは6.2で、冬のバイブレーションとかシャッドの速巻きで横のスピードで食わせたいときはギア比を7.0ぐらいに上げますね。最近ギア比が高いほどいいみたいな風潮があるけど、クランクなどのウォブリングで水の抵抗を受けるルアーってギア比が高いもので巻いても、負荷がかかり過ぎて巻けないわけじゃないですか。となると、使うルアーや状況によって適切なギア比を使い分ける必要性はあると思いますね。

【ハンドル】慣れているハンドルが釣れる巻き感を出せると思います。

両投げ、左巻き。

ハンドルとかノブとかはほとんどシマノのノーマルでやっているんですよ。基本的にあんまりカスタムとかしてこなかったタイプなので。昔から右巻きの純正ハンドルを使用してきたので、純正が馴染んじゃっている感じ。右巻きだからどうこうというよりかは、いかにそのリールが自分の体に馴染んでいるのかが重要な気がしますね。昔から使っているから、釣れる巻き感も分かっているので。

吉田遊さんの場合【5~7|右投げ右巻き】

[写真タップで拡大]

吉田遊(よしだ・ゆう)

学生時代、野球で鍛えた強靭なリストを武器に、極めて精度の高いキャストを繰り出すパワーゲーマー。いくつになってもCHILD MINDを忘れず、人生を楽しむ達人である。

【ギア比】ルアーの本質的な動きが出せるギア比を選ぶといいね。

基本的にはローギアが多いですね。クランキングはギア比が5台、ワイヤーベイトやブレ―デッドジグ類はギア比6台で扱うことが多いです。シャッドになるとやっと7.0以上になりますね。ローギアのほうが、クランクベイトが120%の動きを出してくれるんですよ。ハイギアの方が速く巻き取れるけど、ルアーを引っ張り過ぎることが多くて。ローギアのほうがアクションを殺さずに本質的なアクションが出せると思っていますね。たとえば30m投げてルアーのピッチ数を数えるとローギアのほうが明らかに多いしね。

[写真タップで拡大]

【ハンドル】速巻きをベースに状況で変化させます。

右投げ、右巻き。

リーリングは基本速巻きですが、状況でミディアム、スローにも巻きます。巻きモノはテンポが大事になってくるので、いかにリズム良く投げれているかも釣果の差に繋がると思いますね。僕は右投げ右巻き。昔から右巻きで馴染んでいるし、利き手で巻く方が安定感があるので右巻きを使用しています。


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス