《DIY》アルミ缶を溶かして包丁にリメイク!七輪を使って自宅でできる! アウトドアや釣った魚を裁くのに最適

普段飲んでただ捨てているアルミ缶を溶かして、釣った魚を捌くために必須アイテムである包丁にリメイクするハイサイ探偵団のDIY動画をご紹介。ただ捨てるだけだと「もったいない」という精神は我々も見習わなければいけません。それでは新年一発目のハイサイ探偵団の動画紹介記事をお楽しみください!

→《完成した包丁!?》木材を一刀両断する

●文:ルアマガプラス編集部

[写真タップで拡大]

ハイサイ探偵団(はいさい・たんていだん)

視聴者からの依頼を調査するというコンセプトでチャンネルをスタートさせるが、釣りやアウトドア、料理などメンバーが楽しめる企画を中心に沖縄で活躍。ハイサイ探偵団の詳細は、下記アイコンからチェック!

今回紹介する動画はコチラ!

660℃の火力でアルミ缶を溶かしつくして包丁をリメイクするこの動画。キャンプをはじめアウトドアに包丁は必須装備。ハプニングが続くなかで果たして包丁はできあがるのか!?

660℃の高温でアルミ缶50個を溶かして包丁を作る

アルミ缶を溶かして包丁を作ろう!

普段ただ飲んで捨てているだけでのアルミ缶を溶かして包丁を作ろう! という企画。アルミニウムの融点は660℃と金属のなかでも低く、割と加工がしやすい。

本日の企画はこちら、普段ただ捨てているだけのアルミ缶を再利用して包丁を作る。 [写真タップで拡大]

アルミ缶包丁の自作に必要な材料

アルミ缶を溶かして包丁を自作するにあたって必要な材料はこちら。

  • 厚いガラス瓶
  • 木炭
  • ステンレストレイ
  • 七輪

必要な材料。 [写真タップで拡大]

材料が揃ったら作業開始!

七輪に木炭と瓶をセットしたら、アルミ缶を投入しやすいようコンパクトに潰していく。ただ踏み潰すだけだと瓶に入らなくなってしまうので、入れ口を計算してハンマーなどで潰す。

ハンマーを使用する際は手先を叩かないよう最新の注意を払って作業をしよう。 [写真タップで拡大]

作業を進めていると七輪から「パリンッ」と不気味な音が響く。恐る恐る瓶を持ち上げてみると底の部分が割れてしまっている! どうやら熱に耐えられず破損してしまったようだ。代替として金属製の入れ物を使用することに。

瓶の使用は控えたほうが良いかもしれない。 [写真タップで拡大]

アルミ缶を溶かしていく

七輪は送風機を使用して木炭を常時加熱。そこへアルミ缶を投入すると「ジュー」と音を立てて溶け出した。そのまま溶けたらアルミ缶を追加する作業を繰り返す。

アルミ缶は火をあげながら溶ける。 [写真タップで拡大]

するとここで悲報。アルミを溶かし溜めていた鍋(?)が高火力に耐えられず穴が空いてしまった。そこから漏れ出したアルミは七輪から「はぐれメタル」のように投げれ落ちてしまった。

[写真タップで拡大]

秘密兵器投入

これ以上底が抜けないよう鉄の水道パイプを使用して再挑戦。アルミ缶を再度溶かしていく。

最終兵器「鉄の水道パイプ」 [写真タップで拡大]

この「鉄の水道パイプ」が大正解で底が抜けることなくアルミ缶をどんどん溶かしていく。

ドロドロになったアルミ缶。 [写真タップで拡大]

アルミを型に流し込む

アルミ缶を溶かしつづけ、ある程度の量が確保できたら型に流し込んでいく。ちなみにステンレストレイは容積が多すぎたため、自作の型をレンガと木材を使用して急遽作成した。

丁度良いサイズの型にアルミを流し込む。 [写真タップで拡大]

型に流し込んだアルミがある程度固まったら水で冷やす。

ジューという音を発しながら水滴が踊る。 [写真タップで拡大]

固まったアルミを整形する

ブロック状に固まったアルミが冷えたら包丁の形に整形する。ある程度形を整えると「ナタ」の形状に…。急遽予定を変更し、ナタを作ることに!

固まったアルミの形を整えていく。どう見てもナタの形なので、そのままナタを作ることに。 [写真タップで拡大]

予定変更、ナタを作る!

アルミから包丁を切り出していると見た目が完全にナタになってしまったので、ナタ作りとして作業再開。刃になる部分を削って整えていく。 

最後の仕上げ作業だ。 [写真タップで拡大]

〈次のページは…〉そしてついに「ナタ」が完成する
ルアマガプラス