《そうだったの!?》釣りが劇的に向上するちょっとしたコツ。重要なのは親指の使い方だった!

2024 新製品情報

ジグ単を極めるにはまずキャストから。最大飛距離を出し、暗闇でも着水地点を正確に把握することが大事なのだ。 [写真タップで拡大]

スクロールで他画像

流れがあり風が吹いてくると、ジグ単の操作性は落ちてくる。それでもジグ単を同じ場所に毎回入れていけるのが、藤原理論の釣法だ。 [写真タップで拡大]

スクロールで他画像

[写真タップで拡大]

スクロールで他画像

着水を確実に把握するためのフェザリング! [写真タップで拡大]

【コチラの記事もオススメです】

スクロールで他画像

フォールは60cm/1秒、巻きは60cm/ハンドル1回転。 [写真タップで拡大]

スクロールで他画像

バイトがあったら、そこからのルアー回収のカウントで水深を導き出す! [写真タップで拡大]

スクロールで他画像

宵姫AJカスタム1.5g + 宵姫トレモロAJ2インチ[ラグゼ]
スイミングにダートもドリフトもできるAJカスタムに、トレモロAJ2インチはどこでも通用する王道の組み合わせ。トレモロAJはスリットが設けられており、刺しやすくフッキング性能も高い。 [写真タップで拡大]

バイトが少ない中で、絞り出すようになんとかキャッチした1尾。ショートバイトがあったら、そこを重点的に藤原理論で攻め立てていくのだ。 [写真タップで拡大]

【使用タックル】
ロッド:ラグゼ宵姫 天S52UL-ソリッド(ラグゼ)
リール:ジグジストFC LT1000S-P(DAIWA)
ライン:鰺の糸エステル ナイトブルー 0.5号(サンライン)
リーダー:スモールゲームリーダーSV-1 4ポンド(サンライン) [写真タップで拡大]


前のページ:記事本文に戻る