『ルアーマガジン2月号(2018年12月26日発売)』の巻頭特集は『青木大介』。そのなかのいち企画として『艇王番外編』と題し、来季からアメリカ/B.A.S.S.オープンへの参戦を予定している青木さん、北さん、伊藤さんを集めて利根川で壮行試合を行なった。ここでは、終了後に実施した彼らのクロスインタビュー導入部(本誌未掲載)の会話をさらっとお届けいたします。

11月30日、利根川にて。

画像: ルアマガ2月号特集『青木大介』内の企画『艇王番外編』は利根川本流とその流入河川を舞台に行なった。

ルアマガ2月号特集『青木大介』内の企画『艇王番外編』は利根川本流とその流入河川を舞台に行なった。

ルアーマガジン(以下、LM):(結果発表を終えて)まずは今日の展開を振り返っていただけますか?

伊藤:北さん、何なんですか? この釣果…こんな流れのない状況のなかで…どこにいたんですか?

:朝は、佐原の消波ブロック。

画像: スタート後、北さんがまず最初にチェックしたのは利根川下流、冬の定番スポットとして知られる水郷大橋(国道51号線)の消波ブロック帯だった。

スタート後、北さんがまず最初にチェックしたのは利根川下流、冬の定番スポットとして知られる水郷大橋(国道51号線)の消波ブロック帯だった。

伊藤:何を使ったんですか?

:メインはレインズホッグ(レイン)のリーダーレスダウンショット。最初に51号の消波ブロックを釣って、そのあと津宮に移動して3尾。

それから51号の真下の消波ブロックに入り直して入れ替えて、あ、その魚はエスケープツインのリーダーレスダウンショットで釣ったよ。

そこから上流に行って、巧君とすれ違った若草大橋上流千葉県側のストレッチでミノーで釣って、あとはカバーでファットイカ。

あとはバラシと、消波ブロックでブレイクもあったな…。

伊藤:若草の上流は岩盤上のカバーですか?

:ファットイカはね。ミノーは浅い側に投げて、ブレイクの上でジャークしてピタ、ピタと止める感じ。暖かくなってから上流に行って、バスがサスペンドしそうなところを狙っていった。

結局、いいサイズは下流で釣った3尾だったけど。たぶん、タイミングなんじゃないかな。

伊藤:青木さんは?

青木:俺も釣ったのは下流。若草大橋の消波ブロックをちょっと触ってから下ったら、やろうと思った場所に北がいて(笑)、ダメだと思って横利根合流の消波ブロックをやって、でも流れがほとんどない。それから北がいなくなったあとに51号の上流側に入ったらポンポンと釣れた。

:でっかい水門の上流側?

青木:そう。

画像: 北さん同様、朝の早い段階で下流の時合いを捉えたあと、流れを期待して上流へと移動する青木さん。この日、青木さんは長門川合流~佐原エリアを二往復した。

北さん同様、朝の早い段階で下流の時合いを捉えたあと、流れを期待して上流へと移動する青木さん。この日、青木さんは長門川合流~佐原エリアを二往復した。

伊藤:ルアーは何ですか? 

青木:2.9inchレッグワームの5gダウンショット。

:リアクション系かぁ。

伊藤:流れ、ずっとなかったですよね?

青木:あそこはじんわり流れてた。その流れがちょうど当たるカバーで食ってきたね。消波ブロックそのものじゃなくて、流木が引っ掛かってて、そこにラインを持たせて誘ったら食ってきた。

あとは、ブロックが途切れたところにある乱グイの先端側。

かすかだけど流れが感じられて、ここで食うだろうなと思ったら、そのとおりに食ってくれたよ。

伊藤:バイトは何回あったんですか?

青木:4回だね。

伊藤:いいですねぇ…。

:そう言う巧君は?

伊藤:朝イチに将監川やってダメで、小貝川のほう行ってもダメで、とにかく流れがないから木下の千葉県側にあるでっかい水門に入って。

画像: 利根川のスペシャリストであり、同水系における流れとバスの活性の相関関係を熟知する伊藤さんは、流入河川である将監川に時間を費やしたのだが…。

利根川のスペシャリストであり、同水系における流れとバスの活性の相関関係を熟知する伊藤さんは、流入河川である将監川に時間を費やしたのだが…。

あそこはいつも水を吸ってるんで、流れがない状態でも水が動いている。そこの浅い消波ブロックをエスケープチビツインのヘビダンで狙って。バイトは3回でした。

LM:みなさん、消波ブロック絡みなんですね。でも、冬寄りという感じでもない?(当日の水温は13度、日中の最高気温は15度だった)

全員:ないですね。

伊藤:僕の魚も浮いてましたし…。

LM:いやしかし、この難しい時期に、しかもほぼ流れがない状況のなか、3人ともぶっつけ本番できっちり自分の魚を手にしているのはサスガです。おつかれさまでした。

画像1: 青木大介×伊藤巧×北大祐・艇王番外編レビュー【特別編】壮行試合を終えて。

■青木大介(あおき・だいすけ)

1982年10月26日生まれ。日本最高峰カテゴリー・JBトップ50シリーズで2008、2015、2017年にA.O.Y.(年間優勝)を獲得。ほかにも、JBクラシック、JBエリート5、バサーオールスタークラシックと国内のビッグタイトルを複数回戴冠し、国内最強トーナメンターと称される。ディスタイル代表。

画像2: 青木大介×伊藤巧×北大祐・艇王番外編レビュー【特別編】壮行試合を終えて。

■北大祐(きた・だいすけ)

1982年7月23日生まれ。2008年にJBマスターズA.O.Y.、トップ50シリーズでは2013年と2016年にA.O.Y.を獲得。2016年と2017年には、オールスターを連覇している。釣りの楽しさ、奥深さを次世代に伝えるべく、自身のブランド『ペイフォワード』の起ち上げを発表。新たな展開が期待される。

画像3: 青木大介×伊藤巧×北大祐・艇王番外編レビュー【特別編】壮行試合を終えて。

■伊藤巧(いとう・たくみ)

1987年3月29日生まれ。2016、2017年にルアマガ本誌企画・陸王チャンピオンカーニバルを、2017、2018年にルアマガモバイル企画・艇王チャンピオンカーニバルを連覇。2018年には利根川の猛者が集うTBCクラシックをも制覇した、若手ナンバーワンの呼び声高いコンペティターだ。

このあと、「なぜいま、アメリカなのか」を語ってもらったわけですが…来季、もっとも注目すべきアングラー3名が火花を散らした利根川でのエキシビジョンマッチの詳細、そして彼らのアメリカにかける思いの丈を、ぜひ『ルアーマガジン2月号』でチェックしてみてくださいませ。

ルアーマガジン2月号のご紹介はこちら!



This article is a sponsored article by
''.