本場アメリカで毎年開催されている「B.A.S.S.バスマスターオープン」。参戦するにはボートやクルマ、そして渡航費用などを工面する必要がある。今回立ち上がった「Abema TV Presents WORLD CHALLENGE」(以下、ワールドチャレンジ)は、選ばれた1名の参戦をフルサポートするという日本初のビッグプロジェクトだ。毎週土曜日にAbema TVの釣りチャンネルでオンエア、そしてAbemaビデオで全話無料公開中!

霞ヶ浦・北浦水系を舞台とした決勝リーグ2日目!

リーグAからは草深幸範さんと片岡壮士さんが、リーグBからは伊藤巧さんと加木屋守さんが決勝リーグへ進出。この4名が霞ヶ浦・北浦水系でアメリカ行きを賭けて戦うことになった。決勝リーグ・ファーストラウンド2日目の模様は12月29日21時から放送される。今回はその見どころを紹介しよう。初日は巻き物を中心に展開した片岡さんが首位に立った。

画像: ワールドチャレンジは30センチ以上のキーパー5尾の重量で競われる。2キロ近いビッグフィッシュも珍しくない水系なので、勝負の行方は最後まで分からない。

ワールドチャレンジは30センチ以上のキーパー5尾の重量で競われる。2キロ近いビッグフィッシュも珍しくない水系なので、勝負の行方は最後まで分からない。

スタート地点が急遽変更。競技時間も短縮。これがどう影響するだろうか?

初日は土浦新港を拠点としていたが、急遽変更されることに。それを受けてスタートは7時20分、帰着は16時30分と競技時間も初日より短縮された。4人の戦いぶりを見届けるべく、現地に駆けつけた木村建太さんはこう言った。「初日は片岡の釣りがハマってたけど…今日は伊藤巧が有利かな」。

画像: 「もう朝イチじゃないし、昨日とは展開が違うかも」とは木村さん。

「もう朝イチじゃないし、昨日とは展開が違うかも」とは木村さん。

放射冷却で肌寒い中、4艇のランチングが完了。スタート地点周辺のストラクチャーからチェックを始める選手も。

画像: スタート地点変更により、7時20分から競技開始となった。帰着時間は16時30分。

スタート地点変更により、7時20分から競技開始となった。帰着時間は16時30分。

初日首位に立った片岡壮士さん。スタート直後、周辺の真珠棚を巻き物でチェックしていた。アングラーの場所がリアルタイムで表示されるのもワールドチャレンジの特徴のひとつだ。

画像: 巻き物を中心とした展開を得意とする片岡さんは、スタート直後は大移動せずに周辺の真珠棚を探っていった。

巻き物を中心とした展開を得意とする片岡さんは、スタート直後は大移動せずに周辺の真珠棚を探っていった。

初日を4尾で終えた伊藤巧さん。「放射冷却でバスはカバーの中にいるのかも」と、アシ際を丁寧にチェック。

画像: 初日よりも水位が低下していた2日目。伊藤さんのカバー攻略が火を噴くか!?

初日よりも水位が低下していた2日目。伊藤さんのカバー攻略が火を噴くか!?

霞ヶ浦水系をホームグラウンドとする草深幸範さん。初日は3位だったが、逆転勝利の可能性は残されている。

画像: 草深さんと2位の伊藤さんとはわずか80グラム差。虎視眈々と逆転勝利を狙う。

草深さんと2位の伊藤さんとはわずか80グラム差。虎視眈々と逆転勝利を狙う。

3尾で初日は4位に終わってしまった加木屋守さん。大移動した北浦の杭周りでヒット!

画像: バスボートの機動力が最大限に活かせるビッグフィールド。加木屋さんのロッドが大きく曲がる!

バスボートの機動力が最大限に活かせるビッグフィールド。加木屋さんのロッドが大きく曲がる!

2日目のようすは12月29日21日放送。熱い戦いを見逃すな!

アメリカ行きを賭けた霞ヶ浦・北浦水系2日目の模様は、12月29日21時からAbemaTVで放送。また、リーグAとリーグBのリーグAとリーグBの以前放送分はアベマビデオで視聴可能だ。アメリカ行きを賭けた史上最大の巨大プロジェクトをぜひチェックしていただきたい。

AbemaTV WORLD CHALLENGE 関連リンク




This article is a sponsored article by
''.