2019年、世界の名だたるトップブランドを擁すピュア・フィッシング・ジャパンからは、アブ・ガルシアの新型リールとバークレイの激アツワームが満を持して登場。はたして、その実力はいかに!? パワーゲームの申し子、キムケンこと木村建太さんが、その魅力を語り尽くす!
フィッシングショーでも要チェック!

■木村建太(きむら・けんた)

ご存知「琵琶湖野郎」。マグナムクランクやチャターベイトなどの巻き物を中心としたスピーディな釣りを身上とする。アメリカB.A.S.S.に参戦しつつ、琵琶湖ガイド、商品開発、メディア出演、プロモーションなど、多角的に仕事をこなすバス界の開拓者でもある。

画像1: 「レボ・ブラック9は実はなんの不満もないんですよ(!?)」というキムケンさんがプロデュース、アブ・ガルシア新作リールの魅力を語っていただきました


「直す必要のないリール」がさらに進化した!

まずはこちらから! 木村さんがプロデュースした高剛性かつ超ハイギアな「レボ・ブラック9」の正統後継機,「レボ・ブラック10」が登場する。

優れた剛性を保ちつつ、10.1:1にハイギア化し、最大巻取り量は105cmにアップ! クラッチやブレーキシステムも刷新し、より「剛性のハイエンド」らしい仕上がりに。

レボ・ブラック10【PureFishing Japan】

画像2: 「レボ・ブラック9は実はなんの不満もないんですよ(!?)」というキムケンさんがプロデュース、アブ・ガルシア新作リールの魅力を語っていただきました
  • 自重:245g
  • ギア比:10.1:1
  • 最大ライン巻取り:105cm
  • 最大ドラグ力:8kg
  • ラインキャパシティ:100m / 16lb.
  • ベアリング:ボール7 / ローラー1
  • 価格:44,000円(税抜き)
  • 発売時期:2019年3月予定
画像3: 「レボ・ブラック9は実はなんの不満もないんですよ(!?)」というキムケンさんがプロデュース、アブ・ガルシア新作リールの魅力を語っていただきました
画像4: 「レボ・ブラック9は実はなんの不満もないんですよ(!?)」というキムケンさんがプロデュース、アブ・ガルシア新作リールの魅力を語っていただきました
画像5: 「レボ・ブラック9は実はなんの不満もないんですよ(!?)」というキムケンさんがプロデュース、アブ・ガルシア新作リールの魅力を語っていただきました
画像6: 「レボ・ブラック9は実はなんの不満もないんですよ(!?)」というキムケンさんがプロデュース、アブ・ガルシア新作リールの魅力を語っていただきました

しっかりと2本の指をかけられるダブルフィンガーノブは、確実にパワーを伝達できる。

画像7: 「レボ・ブラック9は実はなんの不満もないんですよ(!?)」というキムケンさんがプロデュース、アブ・ガルシア新作リールの魅力を語っていただきました

「レボ・ブラック9」は約4年間に渡って国内外で使い倒してきましたが、実はなんの不満もないんですよ(笑)。致命的な故障は一切ナシ。
でも、レボシリーズが第4世代化されたことを受けて、これはもう少し進化できそうやぞ、と。

ブレーキシステムはマグトラックスⅢを採用

「レボ・ブラック10」は、ギア比が10.1:1にアップ。ラインの巻取り量も最大105cmに。

画像: スプールが低速で回転するカバーへのピッチングなどでも安定したブレーキ力を発揮。マグネットは1.5mm厚×2、3mm厚×5が初期設定されており、好みに応じて調整できる。

スプールが低速で回転するカバーへのピッチングなどでも安定したブレーキ力を発揮。マグネットは1.5mm厚×2、3mm厚×5が初期設定されており、好みに応じて調整できる。

画像8: 「レボ・ブラック9は実はなんの不満もないんですよ(!?)」というキムケンさんがプロデュース、アブ・ガルシア新作リールの魅力を語っていただきました

撃ちモノのゲームがよりスピーディーに展開できるようになりました。
ブレーキシステムを「マグトラックスⅢ」にしたことで、ピッチングなどの低回転時でもブレーキがしっかり効いて初速も稼ぎやすくなっています。

あえてシャフトレスでないスプールにした意味

スプールは「あえて」の33mmディープスプール。

画像: 16lb.を100m巻ける33mmのディープスプールは、ピニオン支持構造を変更し、シャフトとピニオンの摩擦抵抗を削減した。

16lb.を100m巻ける33mmのディープスプールは、ピニオン支持構造を変更し、シャフトとピニオンの摩擦抵抗を削減した。

画像9: 「レボ・ブラック9は実はなんの不満もないんですよ(!?)」というキムケンさんがプロデュース、アブ・ガルシア新作リールの魅力を語っていただきました

フレームが第4世代になったことで、スプールからレベルワインドまでの距離が広がりました。
33mmのスプールを組み合わせることにより、ライン放出はよりスムーズに。
当然、従来以上に飛距離を稼げるようになってます。

耐久性がアップしたクラッチ構造

クラッチには耐久性と精度、スムーズさを追求したデュラクラッチを採用。細部にわたり剛性と使い心地を磨き上げた力作だ。

画像: レボエリートシリーズなどにも採用されているデュラクラッチを搭載。耐久性が高く、よりイージーかつスムーズなクラッチ操作が可能に。

レボエリートシリーズなどにも採用されているデュラクラッチを搭載。耐久性が高く、よりイージーかつスムーズなクラッチ操作が可能に。

画像10: 「レボ・ブラック9は実はなんの不満もないんですよ(!?)」というキムケンさんがプロデュース、アブ・ガルシア新作リールの魅力を語っていただきました

剛性のハイエンドというテーマに真正面から挑んだ一台。
一般的な使い方なら、もう一生使い続けても壊れないんちゃうかと思うくらい、強いリールです。

キムケンプロデュースの最強リール。その確かな進化をぜひチェックしてほしい。

レボ・ビースト【PureFishing Japan】

画像11: 「レボ・ブラック9は実はなんの不満もないんですよ(!?)」というキムケンさんがプロデュース、アブ・ガルシア新作リールの魅力を語っていただきました
  • 重量:270g
  • ギア比:5.8:1、7.3:1
  • 最大ライン巻取り:68cm、86cm
  • 最大ドラグ力:14kg
  • ラインキャパシティ:100m / PE6号
  • ベアリング:ボール7 / ローラー1
  • 価格:28,000円(税抜き)
  • 発売時期:2019年2月予定
画像12: 「レボ・ブラック9は実はなんの不満もないんですよ(!?)」というキムケンさんがプロデュース、アブ・ガルシア新作リールの魅力を語っていただきました
画像13: 「レボ・ブラック9は実はなんの不満もないんですよ(!?)」というキムケンさんがプロデュース、アブ・ガルシア新作リールの魅力を語っていただきました
画像14: 「レボ・ブラック9は実はなんの不満もないんですよ(!?)」というキムケンさんがプロデュース、アブ・ガルシア新作リールの魅力を語っていただきました
画像15: 「レボ・ブラック9は実はなんの不満もないんですよ(!?)」というキムケンさんがプロデュース、アブ・ガルシア新作リールの魅力を語っていただきました

長さ95mm、厚さ4mmのハンドルに軽量で握りやすい、ミドルラウンドEVAノブのコンビネーションを採用している。

強さだけではないアブ・ガルシアの意欲作

世界中のアングラーから支持されるアブ・ガルシアは、多種多様な戦略機を投入。
モデルチェンジを敢行した「レボ・ビースト」は、製品名のとおり“怪物”を獲るためのモデルで、ビッグベイトアラバマリグにベストマッチ。木村さんのストロングスタイルにはピッタリの一台だ。

画像: 木村「余裕のラインキャパで太いラインを使ったロングキャストが決まりやすい。アラバマやビッグベイトに適したリールですね」

木村「余裕のラインキャパで太いラインを使ったロングキャストが決まりやすい。アラバマやビッグベイトに適したリールですね」

画像16: 「レボ・ブラック9は実はなんの不満もないんですよ(!?)」というキムケンさんがプロデュース、アブ・ガルシア新作リールの魅力を語っていただきました

37.5mmのワイドなディープスプールは30lb.を100m巻けます。
デカいルアーを遠投するときに重宝する仕様ですね。
きっちりとロープロ化されていて、剛性も十分。

ヘビーデューティーなオリジナルフレーム

画像: ヘビーデューティーなオリジナルフレーム

高強度かつ極限まで絞り込んだアルミ製フレームを新規開発。サイドプレートもアルミ製でしっかりとしたリトリーブ感を実現。リセスドリールフットでロープロ化も成し遂げた。

画像17: 「レボ・ブラック9は実はなんの不満もないんですよ(!?)」というキムケンさんがプロデュース、アブ・ガルシア新作リールの魅力を語っていただきました

ビーストには、ソルトのバーチカルジギングなどに適したスペアバランスハンドルも付属している。

トリプルフィンガーリフトハンドルが登場!!

画像: 木村「3本の指でしっかりと握り込めるノブ形状。マグナムクランクのファストリトリーブやアラバマリグの広範囲サーチがかなり楽になります」

木村「3本の指でしっかりと握り込めるノブ形状。マグナムクランクのファストリトリーブやアラバマリグの広範囲サーチがかなり楽になります」

■アブワークスTFL

  • ハンドル:カーボン製110mm
  • 自重:50g
  • ボールベアリング:4
  • 価格:18,500円(税抜き)
  • 発売:2019年1月予定


レボ・ロケット【PureFishing Japan】

画像18: 「レボ・ブラック9は実はなんの不満もないんですよ(!?)」というキムケンさんがプロデュース、アブ・ガルシア新作リールの魅力を語っていただきました
  • 自重:208g
  • ギア比:10.1:1
  • 最大ドラグ力:8kg
  • ラインキャパシティ:16lb. / 115m
  • ベアリング:ボール10 / ローラー1
  • 価格:32,000円(税抜き)
  • 発売時期:2019年2月予定
画像19: 「レボ・ブラック9は実はなんの不満もないんですよ(!?)」というキムケンさんがプロデュース、アブ・ガルシア新作リールの魅力を語っていただきました
画像20: 「レボ・ブラック9は実はなんの不満もないんですよ(!?)」というキムケンさんがプロデュース、アブ・ガルシア新作リールの魅力を語っていただきました

「速い釣り」を極めるための一台

レボ・ロケット」は超ハイギア化を施したレボシリーズの最新モデル。
シャローエリアをバイブレーションなどで高速サーチする展開にマッチし、ピッチングによるカバー撃ちの際も高速で回収できる。
基本性能はレボ第4世代ならではのハイスペック!

画像: 「速い釣り」を極めるための一台

インフィニブレーキシステムを搭載

遠心力ブレーキとマグネットブレーキの長所を融合させたインフィニブレーキシステム。
キャスタビリティーに優れ、向かい風でもトラブルレスでアプローチを続けられる。

画像: インフィニブレーキシステムを搭載

強烈な味と匂いのワーム、マックスセントなどを紹介する後編はこちら


PureFishing JapanはフィッシングショーOSAKA2019にも出展


[ルアマガ+]の関連記事はこちら




This article is a sponsored article by
''.