長年愛されるテンリュウのライトゲームロッドシリーズ・ルナキアがフルモデルチェンジ。先行リリースされた3本に続き、さらに個性的な長尺モデルの2本が追加された。ここではロングディスタンス攻略を可能とするLK752S-MMHTを紹介。その個性をテンリュウフィールドテスターの蔵野雅章さんにうかがった。
画像1: 感性に訴えかけるライトゲームロッド、テンリュウ新生ルナキアの遠距離砲【LK752S-MMHT】

■蔵野雅章(くらの・まさあき)

富山県高岡市出身在住。ライトゲームやロックフィッシュなどのエキスパートとして活躍。
テンリュウのフィールドスタッフとしてルナキアシリーズを2代目からテストし、そのプロデュースに尽力してきた。
ジャクソン、レインのテスターも務める。

テンリュウ・NEWルナキアとは?

求めたのは目先だけの軽量化や名前だけの特殊製法ではなく、アングラーが直接感じることのできる使用感。カタログ数値だけではわからない、釣り人の本能が感じ取れる気持ちの良い釣り心地がコンセプトだ。

これまでにアジングの基本的な釣りをカバーできる3本が先行リリース。そして、さらに特化シチュエーション攻略や、尖ったアングラーに向けて2本の追加モデルが発表された。

満を持して追加された「LK752S-MMHT」のスペック

画像2: 感性に訴えかけるライトゲームロッド、テンリュウ新生ルナキアの遠距離砲【LK752S-MMHT】

■LK752S-MMHT

全長:2.26m
継ぎ数:2
アクション:レギュラーファスト
仕舞寸法:116cm
ルアーウェイト:MAX10g
ライン:モノフィラMAX7lb、PE-MAX0.5号
自重:70g
価格:37,500円

画像3: 感性に訴えかけるライトゲームロッド、テンリュウ新生ルナキアの遠距離砲【LK752S-MMHT】
画像4: 感性に訴えかけるライトゲームロッド、テンリュウ新生ルナキアの遠距離砲【LK752S-MMHT】

飛距離とパワーとしなやかさを高次元で融合したモデル

編集部「昨年末に登場したルナキアに2本の新作が追加されました。まず7ft5inのモデルですが、このロッドのコンセプトを教えてください。

画像5: 感性に訴えかけるライトゲームロッド、テンリュウ新生ルナキアの遠距離砲【LK752S-MMHT】

LK752S-MMHTのコンセプトはロングディスタンス攻略。飛距離を稼ぐための専用機として作りました。アジングのキャロ・フロートリグに特化したモデルになります。副産物としてメバルプラッギングの釣りにもマッチしますよ」

「先代モデルに、感度重視のアジング用のルナキアソニック、しなやかでパワーのあるプラッギング用のルナキアマグナムというロッドがありました。その2つのテイストを残して、感度としなやかさを両立したモデルにしました」

「しなやかなんだけど、反発力はちゃんとあって確実に飛距離が稼げると。キャロ・フロートリグを飛ばすための反発力と、魚を掛けてからの粘りの両立ですね」

画像: 飛距離とパワーとしなやかさを高次元で融合したモデル

繊細でスローな誘いを可能にする、しなやかなティップ

 アクションはレギュラーファスト表記ですが、具体的なロッドアクションは? 

画像6: 感性に訴えかけるライトゲームロッド、テンリュウ新生ルナキアの遠距離砲【LK752S-MMHT】

「ルアーアクション時にはしなやかなティップで操作ができるレギュラーファスト。魚が掛かってからは、負荷に応じてロッドが曲がり込んでいくパラボリックとも言えるアクションになります。また、C・N・T(カーボンナノチューブ素材)を使用することで、軽くて粘りのあるロッドになっています」

バット部は高弾性、ティップ部はしなやかという2つのブランク特製を、マグナフレックスという製法でシームレスに繋ぐことで、このよどみない曲がりを実現しました。ジグ単では届かないところにルアーを届けたい。そして、繊細でスローな動きで魚を寄せてきたい。メバルを狙うにしても、プラグでじっくりとルアーを見せて誘いたい。そういうシチュエーションに、このチューブラーだけどしなやかなティップがとても良い仕事をするんです」

「例えばトップウォータープラグを使う場合、ティップが入っていかないと綺麗なドッグウォークがしにくいですよね? このロッドだと、簡単に綺麗な波紋の出るドッグウォークができますよ」

画像7: 感性に訴えかけるライトゲームロッド、テンリュウ新生ルナキアの遠距離砲【LK752S-MMHT】
画像8: 感性に訴えかけるライトゲームロッド、テンリュウ新生ルナキアの遠距離砲【LK752S-MMHT】
画像9: 感性に訴えかけるライトゲームロッド、テンリュウ新生ルナキアの遠距離砲【LK752S-MMHT】
画像10: 感性に訴えかけるライトゲームロッド、テンリュウ新生ルナキアの遠距離砲【LK752S-MMHT】

グリップには西陣織カーボンシートを採用。ガイドはチタンフレーム、SiCリング、Kガイド仕様になっている。

スペックにはあらわれない、懐の深さを発揮するMMHパワー

パワーはMMHで、これはミディアムとミディアムヘビーの中間という意味でしょうか?

画像11: 感性に訴えかけるライトゲームロッド、テンリュウ新生ルナキアの遠距離砲【LK752S-MMHT】

ミディアムヘビーほど硬くなく、ミディアムほど柔らかくもない、その微妙な線引きの強さにしています。パワーで言えばM〜MHの間だけど、ロッド本来のポテンシャルはもっとあって、やれることは多いですよ」

「例えば、5〜7gキャロ・フロートリグの他に、1.5〜1.8gのジグ単でスローに誘うこともできますし、10gまでのプラグ、7gのジグもアクションさせることができます。いろいろなルアーをロングキャストして繊細に誘い、掛けたら粘りでグイグイ寄せてくる、そんな釣りにぴったりですね」

画像12: 感性に訴えかけるライトゲームロッド、テンリュウ新生ルナキアの遠距離砲【LK752S-MMHT】
画像13: 感性に訴えかけるライトゲームロッド、テンリュウ新生ルナキアの遠距離砲【LK752S-MMHT】
画像14: 感性に訴えかけるライトゲームロッド、テンリュウ新生ルナキアの遠距離砲【LK752S-MMHT】
画像15: 感性に訴えかけるライトゲームロッド、テンリュウ新生ルナキアの遠距離砲【LK752S-MMHT】

LK752S-MMHTの面白さはその汎用性の高さ。カタログ数値上のポテンシャルを発揮するロッドなので、自由なスタイルでいろいろなターゲットに対応することができる。

幾度もテストして導き出された7フィート5インチという長さ

7ft5inという長さはどのように決められたんでしょうか?

画像16: 感性に訴えかけるライトゲームロッド、テンリュウ新生ルナキアの遠距離砲【LK752S-MMHT】

「使ってもらえればわかるのですが、キャストした時の気持ち良さはこのロッドならではですね。重量のあるものをロッドに乗せて押し出すパワー、そして抜けの良さ。これまでのテンリュウロッドのファンにはもちろん、このモデルでテンリュウロッドに出会う人にも、ぜひこのキャストフィールを味わって欲しいです」

「飛距離を稼げる長差がありつつ、持ち重りを感じさせない絶妙な長さにセッティングしました。日本人の平均的な身長を考えていろいろな長さを試した結果、5〜7gのルアーを押し出す時の支点や力加減を考慮すると、この長さにたどり着きました。僕はウェーディングでライトゲームをすることもあるのですが、その場合でもグリップエンドが邪魔にならないように設計しています。

画像: テンリュウのロッドコンセプトを理解し、そして的確な指摘を行うのがテスターの重要な役割の1つ。テンリュウの、高度なロッド製作技術と蔵野さんの経験が融合し、比類なきNEWルナキアシリーズが完成した。

テンリュウのロッドコンセプトを理解し、そして的確な指摘を行うのがテスターの重要な役割の1つ。テンリュウの、高度なロッド製作技術と蔵野さんの経験が融合し、比類なきNEWルナキアシリーズが完成した。

キャロやフロートリグはアジングでは欠かせない武器。リグを思い切りキャストし、魚を繊細に誘ってグイグイ寄せてくる楽しさを、LK752S-MMHTでぜひ味わって欲しい。

NEWルナキアシリーズの詳細を、動画でチェック!

画像: 新型ルナキア・アジング実釣インプレ(Lunakia 2018 model) youtu.be

新型ルナキア・アジング実釣インプレ(Lunakia 2018 model)

youtu.be

TENRYUの公式サイトからNEW“ルナキア”の情報をチェック!

ルアマガ+内のTENRYUページはこちら!

This article is a sponsored article by
''.