テンリュウの新たなライトゲームロッドシリーズ、ルナキア。5本のラインナップのうち、異色のスペックを持つLK822S-HTを取り上げる。アジングをメインにしたルナキアの中で、この番手が担う役割とは。富山県のマルチアングラー、蔵野雅章さんにインプレッションをうかがった。

■テスター
蔵野雅章(くらの・まさあき)

富山県高岡市出身在住。ライトゲームやロックフィッシュなどのエキスパートとして活躍。

テンリュウのフィールドスタッフとしてルナキアシリーズを2代目からテストし、そのプロデュースに尽力してきた。 ジャクソン、レインのテスターも務める。

画像1: NEWルナキアの中でも異色のパワーを誇るLK822S-HTは、もはやアジングロッドの概念を超える幅広い魚種に対応可能!

■アジングロッド
ルナキアLK822S-HT

全長:2.49m
継ぎ数:2
アクション:レギュラーファスト
仕舞寸法:127cm
ルアーウェイト:MAX25g
ライン:モノフィラMAX10lb、PE-MAX0.8号
自重:82g
価格:38,000円

画像2: NEWルナキアの中でも異色のパワーを誇るLK822S-HTは、もはやアジングロッドの概念を超える幅広い魚種に対応可能!
画像3: NEWルナキアの中でも異色のパワーを誇るLK822S-HTは、もはやアジングロッドの概念を超える幅広い魚種に対応可能!
画像4: NEWルナキアの中でも異色のパワーを誇るLK822S-HTは、もはやアジングロッドの概念を超える幅広い魚種に対応可能!

テラアジ(!?)を手段を選ばず狙うためのロッド、それがLK822S-HT

編集部:新生ルナキアの中でも異色の存在感を放つLK822S-HT。一般的なアジングロッドとは思えないスペックになっていますね。

画像5: NEWルナキアの中でも異色のパワーを誇るLK822S-HTは、もはやアジングロッドの概念を超える幅広い魚種に対応可能!

はい。このロッドに関しては、クレイジーなアングラーに使って欲しい、ずば抜けた個性のあるロッドにしようというのがコンセプトにありました。

フィッシングショーで一般に初お目見えしたのですが、手にした人からは、“アジングロッドの概念を超えている”と口を揃えておっしゃっていました。

僕がこのロッドに求めたのは、軽いジグ単やキャロを使うロッドでもなく、尺アジやギガアジを狙うだけの竿でもない。それ以上のテラアジを手段を選ばず仕留めるロッドです。そして、あくまでショアから大型のアジを釣るためのライトゲームロッドとしての性能を突き詰めました。

求めたのは一般的なアジングロッドの枠から外れた、コアなアングラーにだけわかるスペック。LK822S-HTは、ショアのライトキャスティングゲームの可能性を広げるひと振りだ。

画像: 目指すは尺アジのその先へ……。

目指すは尺アジのその先へ……。

アジを身切れさせず寄せられる、しなやかさとパワーを内包

編集部:具体的には、どんな釣りで使うロッドなのでしょう?

画像6: NEWルナキアの中でも異色のパワーを誇るLK822S-HTは、もはやアジングロッドの概念を超える幅広い魚種に対応可能!

50cmオーバーのアジを狙うときはメタルジグを使う場合が多いです。10~20gのジグですね。従来は、それをエギングロッドを使って投げているアングラーも多かったんです。

ただ、エギングロッドは遠投性能はあってもアジを掛けてからは張りが強すぎて身切れしてしまう。そこで必要なのが、ロッドの粘り。ベリーにムチのようなしなやかさを持たせることでアジの引きを吸収。まるで、ロッドがドラグ性能を果たしてくれているかのようなファイトをすることが可能です。

大きなアジを狙う場合、ファイトはポンピングではなくロッド角度を保ったままリーリングで寄せてくるのが、一番身切れが少ないと考えています。LK822S-HTなら、ロッドを立てているだけで、勝手に魚を寄せてきてくれるような、パワフルさがありますね。

編集部:長さは8ft2in、飛距離もかなり出そうですね。

画像7: NEWルナキアの中でも異色のパワーを誇るLK822S-HTは、もはやアジングロッドの概念を超える幅広い魚種に対応可能!

例えば、18gのジグで、PE0.5号にリーダー10lbでフルキャストすると、80m以上は楽に飛ばすことができますよ。とにかくめちゃくちゃ飛びます。

キャストするときやファイトのときは強靭な粘りを発揮し、ルアーをアクションさせるときはパリッとした印象なのが、このロッドのおもしろいところ。

アクションは細かいショートピッチの動きで誘うことが多く、ティップには張りを持たせています。これにより、ジグを動かしたときに綺麗なフラッシングを発生させることができる。

魚を掛けると、魚の引きや重さに応じて可変的に曲がっていく設定がしてあります。これがバラシや身切れを防いでくれるんです。

ゴロタや磯場など、ラフなシチュエーションでのメバルにもLK822S-HTはマッチ。不意にヒットする大型の他魚種にも充分対応してくれるパワーが持ち味だ。

画像: LK822S-HTは場所を選ばない、強気の展開でいきたいときに重宝する。

LK822S-HTは場所を選ばない、強気の展開でいきたいときに重宝する。

アジ以外にも多彩な魚種がターゲット。エサ釣りに使ってもよし!

編集部:このロッドのスペックだと、アジング以外にもいろいろなターゲットに使えそうです。

画像8: NEWルナキアの中でも異色のパワーを誇るLK822S-HTは、もはやアジングロッドの概念を超える幅広い魚種に対応可能!

そうですね。アジングをしていてマダイ青物がヒットしたり、ロックフィッシュがヒットすることもある。そういったときも全く問題のないパワーを発揮しますので、いろいろなターゲットで使えるロッドになっています。

足場の悪いゴロタ浜で、沖にいるメバルを強引に寄せてくる、そんな釣りにもぴったりですね。そして、クロダイにもマッチしますよ。瀬戸内で流行っている、スプーンマダイにも良いですよ。

おもしろいのが投げサビキ。14gくらいのジグをつけて、その上にサビキ仕掛けをセットする。それでアジやカマスを狙うんです。アジが複数ヒットしたり、尺アジが2尾掛かったりもする、とても楽しい釣りですよ。

他にも、ちょっとした投げ釣りに使ってもいいし、使い方は自由ですよ。この1本でなんでも遊べる、本当におもしろいロッドになったと思います。

漁港でサビキ釣りを楽しんで、大型のアジが回ってきたらジグをキャスト。これからのシーズンのバチ抜けシーバスにも使っても良いし、デイゲームのワインドゲームもおもしろい。これ1本でかなり広範なターゲット狙いで遊べる、自由度の高いロッドなのだ。

画像: 長射程を活かして沖目のポイントも直撃を狙える。

長射程を活かして沖目のポイントも直撃を狙える。

オーバースペックだからこそ安心感と汎用性を感じて欲しい

編集部:では最後に、ユーザーの皆さんにメッセージがあればお願いします。

画像9: NEWルナキアの中でも異色のパワーを誇るLK822S-HTは、もはやアジングロッドの概念を超える幅広い魚種に対応可能!

正直、アジにはオーバースペックです

でも、オーバースペックは、それが安心感に繋がりますので、決して悪いことではないと思っています。オーバースペックだからこそ、幅広い魚種に対応できる汎用性にもなっていますから。それが、“ルナキアじゃないとできない釣り”、“ルアキアじゃないと獲れない魚”に繋がってくれればいいなと思います。

ルナキアは、現代の最新スペックや軽量パーツをいろいろ使っていますが、それを大々的に言うことはしません。大事なのは、アングラーが使ったときの気持ち良さ、そして魚を掛けたときの安心感です。アングラーの感性を刺激する、そのテーマはLK822S-HTにもしっかり継承されていますよ

ルアマガ+内のTENRYUページはこちら!

This article is a sponsored article by
''.