大型の青物を本気で狙うオフショアにおいて、ロッドチョイスに悩んでいるアングラーも多いことだろう。テンリュウの「ジグ・ザム ドラッグフォース(JIG-ZAM Dragg Force)」は全国のフィールドを想定して、様々な場面に対応できる10本をラインナップ。今年は新たに明石や鳴門海峡ジギングにフィットした「JDF5101B-G4/5」が登場。このロッドに込められているのは、地域性豊な釣りを愛する人が好むセッティングを導き出すという思いだ。詳細をテンリュウ釣具事業部の舟木雄一さんに伺った。

■テンリュウ釣具事業部
舟木雄一(ふなき・ゆういち)

テンリュウ釣具事業部において、ロッドプロダクトを担当。ルアーフィッシング全般を得意とし、自身もアングラーとして各メディアに出演する。

画像1: 日本全国のオフショア青物ゲームに必要なロッドとは何かを地域別に想定「ジグ・ザム ドラッグフォース」

ジグ・ザム ドラッグフォースの基本構成

画像1: ジグ・ザム ドラッグフォースの基本構成

すべてのロッド共通なコンポーネントとしては、C・N・T(カーボンナノチューブ素材)を使用している。C・N・Tをブランクに配合することで、ロッドの粘りが上がって、曲げ込んだときの強度がアップ。

画像2: 日本全国のオフショア青物ゲームに必要なロッドとは何かを地域別に想定「ジグ・ザム ドラッグフォース」
画像3: 日本全国のオフショア青物ゲームに必要なロッドとは何かを地域別に想定「ジグ・ザム ドラッグフォース」

ガイドはすべてチタンフレームにSICリングJDF5101S-6JDF5101S-8のみ、バットガイドはステンレスフレームのMNガイド)。

画像2: ジグ・ザム ドラッグフォースの基本構成

スピニングはDPSリールシート、ベイトロッドはPLSリールシートを採用。また、グリップ部に4軸カーボンのパーツを配置している。

ジグ・ザム ドラッグフォース SPEC

モデルタイプ長さ(m [ft])継数アクション仕舞寸法ルアーウェイトベストウェイト適合ラインPEMAXドラグロッド自重カーボン/グラス価格(税抜き)
JDF621S-2/3S1.88 m [6'2"]1RS188 cmMAX 150 g100 gMAX 35 lb2-4 号5 kg211 g86 / 14 %46,000 円
JDF621S-3S1.88 m [6'2"]1F188 cmMAX 150 g100 gMAX 40 lb2-4 号6 kg217 g86 / 14 %47,000 円
JDF621S-4S1.88 m [6'2"]1F188 cmMAX 180 g130 gMAX 50 lb2-4 号8 kg224 g86 / 14 %50,000 円
JDF621S-5S1.88 m [6'2"]1F188 cmMAX 200 g150 gMAX 60 lb2.5-5 号10 kg235 g86 / 14 %53,000 円
JDF5101S-6S1.78 m [5'10"]1F178 cmDOTERA MAX230 gDOTERA 180 gMAX 60 lb3-5 号10 kg245 g86 / 14 %47,500 円
JDF5101S-8S1.78 m [5'10"]1F178 cmDOTERA MAX330 gDOTERA 230 gMAX 80 lb3-5 号12 kg249 g86 / 14 %49,000 円
JDF5101B-G4/5B1.78 m [5'10"]1R178 cmMAX 200 g-MAX 50 lb2-4 号8 kg218 g0 / 100 % 47,000 円
JDF581B-G5B1.72 m [5'8"]1RF172 cmMAX 200 g-MAX 60 lb2.5-4 号10 kg238 g1 / 99 %48,000 円
JDF581B-G6B1.72 m [5'8"]1RF172 cmMAX 300 g-MAX 60 lb3-5 号10 kg251 g1 / 99 %50,000 円
JDF561B-G7B1.68 m [5'6"]1RF168 cmMAX 400 g-MAX 80 lb3-6 号12 kg262 g1 / 99 %52,000 円

ジグ・ザム ドラッグフォースはテンリュウジギングロッドのフラッグシップ

編集部:それでは解説をお願いいたします。それぞれ個性的なジグ・ザム ドラッグフォースですが、そのコンセプトは?

舟木雄一さん(以下、舟木):ジグ・ザムはテンリュウの近海ジギングロッドの総称で、そのなかでもフラッグシップになるのがこのドラッグフォースシリーズです。

ドラッグフォースは全部で10種類、それぞれに個性を持たせたラインナップになっています。大きく分けて、3種類。まずはスピニングモデルから紹介しますね。

チョイ投げもできる6ft2inとドテラ流しの5ft10in

画像4: 日本全国のオフショア青物ゲームに必要なロッドとは何かを地域別に想定「ジグ・ザム ドラッグフォース」

編集部:スピニングは6本がラインナップ。

舟木:スピニングシリーズは大きく2種類に分けることができます。6ft2inのモデルが4本5ft10inのモデルが2本ですね。

これがそれぞれ使い方が異なっていて、6ft2inのモデルは例えば千葉県・外房エリアのヒラマサをターゲットにしています。外房は比較的浅くて、せいぜい60~70m。20mの場所でもやったりするんです。なので、浅めのエリアなのでバーチカルに落とすのではなく、キャストして横方向に引いてくる釣りに向いているモデルになっています。

外房のヒラマサはかなりスレているので、ジグを泳がせてくることも多いですからね。そういった意味もあって、ロッドも長めの6ft2inにしてあるんです。

Western Loco’s Custom

画像5: 日本全国のオフショア青物ゲームに必要なロッドとは何かを地域別に想定「ジグ・ザム ドラッグフォース」

編集部:5ft10inモデルのスペックにはドテラの文字がありますね。

舟木5ft10inのモデルの2機種に関してはかなり硬いロッドになっています。エリアで言えば、日本海側、京都の丹後など、いわゆるドテラ流しをメインにしている場所ですね。

ドテラでラインを100m、場合によっては250m出したりする状況も出てくる。ここまでラインを出すと、ジグを真横に引いてくるイメージですね。これだけ離れていると魚も警戒心なくバイトしてきますよ。

ただ、ここで柔らかい竿を使うとジグが動かない。ジグを引っ張り上げて、テンションを抜いた時のフォールで喰わせる、そのアクションを出すための硬さが必要なので、かなりの硬さを持たせています。

画像6: 日本全国のオフショア青物ゲームに必要なロッドとは何かを地域別に想定「ジグ・ザム ドラッグフォース」
画像7: 日本全国のオフショア青物ゲームに必要なロッドとは何かを地域別に想定「ジグ・ザム ドラッグフォース」

急流のヘビーウェイトジグを扱うためのグラスという選択

画像8: 日本全国のオフショア青物ゲームに必要なロッドとは何かを地域別に想定「ジグ・ザム ドラッグフォース」

編集部:では次にベイトロッドの紹介をお願いします。

舟木ベイトロッドは4本ラインナップしているのですが、すべてブランクにグラス素材100%を使用しています。重たいジグを使いやすいようにはどうするかを考えたときに、グラス素材の使用を思いつきました。

特に、狭い海峡で海流が速い状態でジグを操らなければならないときに使いやすいロッドを目指しています。

具体的には、瀬戸内海の愛媛県・クダコ水道香川県・くるしま海峡などですね。こういう場所では、ジグを重くしないとまずボトムが取れない。水深が50mでも200g、300gといったジグ、場合によっては400gといったジグが必要になってくるんです。ここまで重いジグを使わないとボトムが取れないくらい、潮が速くて複雑なときがあるんです。

ここで硬いカーボンのロッドを使うと、アングラーにかなりの負担がかかってくる。しゃくったときにロッドの硬さがダイレクトに伝わるので、疲れてしまったり、抱えている脇が痛くなったりする。

ジグが暴れすぎないのもグラスのメリット

舟木:また、この釣りではブリを狙っているんですが、その際のベイトフィッシュがタチウオだったりする。その場合、ジグを激しく動かさない。上下のゆっくりしたジグの動きの方が反応がいいんです。ということは、張りの強いカーボンのロッドで激しく動かす必要がないんです。

そこで、しなやかなグラス素材で使用する抵抗を軽くしようと考えたのが、このドラッグフォースのベイトロッドシリーズです。同じ釣りをスピニングでもできなくはないのですが、潮が飛んでいる状態で、ジグが着底した瞬間を見逃すとどんどんラインが出ていってしまう。着底がわからないと一発で根掛かってしまって、ジグが何個あっても足りないと。着底の“トン”という感触を見逃さないためにも、この釣りにはベイトロッドが向いているんです。

画像: ジグが暴れすぎないのもグラスのメリット

今年追加された新作ロッドは瀬戸内海の海峡ジギングにぴったり

編集部:そのグラスのベイトロッドシリーズに今年、新たに1機種が追加されました。

舟木:これまでのベイトシリーズよりもライトなモデルですね。瀬戸内海の明石や鳴門海峡では200gくらいのジグがちょうどいい。潮が緩いときはタチウオではなくアジなど小さめのエサが捕食されていることもあるので、ジグのシルエットを小さくしたい。そんなときに使いやすいのが、このJDF5101B-G4/5ですね。

パワー表記がG4/5。MAXのジグウェイトはG5と同じですが、調子を柔らかくしてある。そうすることで、ワンランク下の番手でありながら、ワンランク上の強さまでのジグを使えるロッドになっています。

画像: 今年追加された新作ロッドは瀬戸内海の海峡ジギングにぴったり

アングラーに負担を掛けずに魚を上げてこれる「玄人好み」なグラスの特性

画像9: 日本全国のオフショア青物ゲームに必要なロッドとは何かを地域別に想定「ジグ・ザム ドラッグフォース」

編集部:現在ではあまり一般的ではないグラスロッドですが、その使用感は?

舟木:一番は、先ほども言った通り疲れにくいこと。そしてジグも暴れすぎないという特徴もあります。また、ファイト時はしっかりと曲がり込んで、それでいてバットは力を残した状態を維持します。

この竿の不思議なところは、5kgの魚を掛けたときと、10kgの魚を掛けたときでは、ロッドの曲がりにそこまで差がない点。大きな魚でもすんなり上がってくるというか。竿が魚の引きを吸収しているかのように、大きな魚を掛けても疲れずにファイトができるんです。

ただ、カーボンと比べると感度が落ちるという面はあります。

そして自重ですが、やはりカーボンよりも重くはなってしまいます。感度や軽さを捨ててでも、重たいジグの使いやすさと釣果を優先しています。ちょっと玄人好みの竿ですね。でも、現場に通っているアングラーなら、きっとこのロッドの良さを理解してくれるはずです。

ルアマガ+内のTENRYUページはこちら!

This article is a sponsored article by
''.