「陸王」2019シーズン初戦「伊藤巧×金森隆志」。その取材班の舞台裏に迫った密着レポート。いよいよ初戦がスタートします!


【DAY.1】[05:00]ロビー集合

2019年4月4日(木)陸王初日。朝5時。

出場者と取材クルー、全員でロビーに集合し、一緒にオープニングの撮影場所に向かいます。季節は春とはいえ、気温は2度。想像通り、ホテルを1歩出ただけで底冷えのする寒さです。

画像: 寒さヤバイ。カイロ持ってきて良かったー。

寒さヤバイ。カイロ持ってきて良かったー。

撮影場所はホテルから少し離れた湖岸の整備されたエリア。着くと同時にカメラの調整など各自が早速準備をはじめます。

画像: 明け始めた空をバックにテキパキと動く人影

明け始めた空をバックにテキパキと動く人影

[05:30]オープニング撮影

準備が整うと、いよいよオープニングの撮影の開始。伊藤さん、金森さんとも準備万端なようです。

画像: 2人とも入念にストレッチ。

2人とも入念にストレッチ。

画像: 金森「靴下短かっ! 寒いだろ!」 伊藤「僕、一生くるぶしまでの靴下しか履かないって決めてるんです!」 金森「何だそのこだわり(笑)」

金森「靴下短かっ! 寒いだろ!」
伊藤「僕、一生くるぶしまでの靴下しか履かないって決めてるんです!」
金森「何だそのこだわり(笑)」

スチールカメラマンの指示のもと、背中合わせのカットを撮影します。これまでにあまりやったことがないので、戸惑う2人。

画像: 「なんかアイドルみたいだな(笑)」

「なんかアイドルみたいだな(笑)」

撮影が終わったら、いよいよスタート。先に車で出て行く順番をジャンケンで決め、出発します。

金森さん出発!

ついに2019年「陸王」開幕です!

[06:15]釣り開始。取材は金森さんチーム

撮影スタッフは、基本アングラー1人に対し、2日間とも同じ映像カメラマンと担当編集者が同伴します。ただスチールカメラマンのみ、1日目と2日目で違うアングラーさんを追いかけます。

私はスチールカメラマンの土屋さんと一緒に行動することになったため、1日目は金森さん、2日目は伊藤さんの取材を取材することに。

画像: 初日の金森チーム。写真左から澤江カメラマン、金森さん、土屋カメラマン。そして担当編集者の中村さん(左足)。

初日の金森チーム。写真左から澤江カメラマン、金森さん、土屋カメラマン。そして担当編集者の中村さん(左足)。

早速プラであたりをつけたエリアに入り、キャストを開始する金森さん。波もなく穏やかな水面に、無言で黙々と投げ込んでいきます。聞こえるのはリールの音とルアーが着水する音だけ。

画像: 朝日に照らされたシルエットは、惚れ惚れするほど美しい……。

朝日に照らされたシルエットは、惚れ惚れするほど美しい……。

また金森さんの姿と同じく美しかったのは、映像を撮影する澤江カメラマンの立ち姿。手がかじかむ寒さのなか、素手でカメラを構え、その位置からほとんどカメラが動きません。さすがプロ。

画像: いつバイトするかわからないので、カメラも一瞬の油断もできない

いつバイトするかわからないので、カメラも一瞬の油断もできない

しばらくして風が出てきたため場所を移動し、護岸を攻めはじめた金森さん。護岸に沿ってキャストしつつ移動するのですが、澤江カメラマンもその後ろをカメラ片手に追従します。ファインダーをのぞきつつ、岸壁ギリギリを歩くので、見ている方がハラハラします。

画像: 踏み間違えたら一発アウト!

踏み間違えたら一発アウト!

DVDの映像を見るとバイトシーン中心で、歓喜の場面が多いですが、当たり前のことながらその瞬間以外は、投げては巻くの単調な動作の繰り返し。しかし傍から見ると1投1投、頭をフル回転させ、あらゆる可能性を探っている様子が伝わってきます。集中力が半端じゃないです。

画像: 昼休憩まであと10分。でも時間ギリギリまで移動

昼休憩まであと10分。でも時間ギリギリまで移動

[12:00]昼休憩 

12時になり、昼休憩に入りました。初日の昼休憩は12:00~13:00まで。コンビニなどに寄って、チーム毎に食事を取ります。ちなみに初日の休憩は、それ以外に9:00~9:15、15:00~15:15がありました。

金森さんは、手早く食事を終えると車に戻り、次の準備に取り掛かかります。



[13:00]午後の部スタート

午後1時になり、再開。次第に気温が上がってきました。刻々と状況が変化するなか、細かな移動を繰り返しつつ、あたりをつけたポイントに入っていきます。

画像: [13:00]午後の部スタート

そんな中、午前中は伊藤さんチームを追っていたマシモPが合流しました。

到着するや、不意に如意棒のようなものを伸ばしはじめたマシモP。組みあがってみると、3メートル以上ある応援団旗のようなカメラでした。

ぬーーん!と青空を突き刺すような長い棒。

画像: 横持ちする場合もあるよ!

横持ちする場合もあるよ!

このほかにもドローンを飛ばして撮影するなど、映像を見る人が飽きないよう、通常は見られない様々な視点も織り交ぜていきます。

[17:00]いよいよストップフィッシングの時間

その後も順調に撮影は進み、日も傾いていくなか、いよいよ1日目のタイムアップの時間が迫ってきました。このストップフィッシングの時間は、前日の日の入りの様子などから判断し、マイケルPとマシモPが相談して決めます。ちなみに今回は17:30です。

画像: いい感じに夕暮れが迫ってきます……。

いい感じに夕暮れが迫ってきます……。

というわけで、17:30になったのでストップフィッシング!

セットしたアラームの音を合図に、釣りをストップするよう金森さんに伝えます。その場で1日目の感想を述べてもらったあと、集合場所となるホテルに戻ります。

[19:30]初日結果発表

ホテルに戻ると、すでに伊藤さんチームは到着していました。すぐに1日目の結果発表の準備に取り掛かります。

画像: ホテルの一角をお借りして撮影の準備。

ホテルの一角をお借りして撮影の準備。

おなじみのスケッチブックに各自の釣果を書いてもらい、「せーの、ドンッ!」。お互いの釣果を見ながら、感想を述べ合います。さて、1日目の結果はどうだったのでしょうか…!?

画像: 気になる結果は次号の『ルアーマガジン』で(笑)!

気になる結果は次号の『ルアーマガジン』で(笑)!

【DAY.1】番外編

さて、これで一通り1日目の取材は終了しました。

このあと初日の慰労も兼ね、アングラーさんも含めた全員で食事に出かけ、熱い話で盛り上がりました。

寒いなか、1日お疲れ様でした

その模様は、完全オフ状態なので記録していないのですが、印象に残ったフレーズを少しだけ。

伊藤さん「陸王はアメリカのトーナメントより緊張します。めちゃくちゃ身を削られるんで」「次の世代が来ているのも感じています」

金森さん「俺は成長を止めたくないんですよ。そのために必要なのは『否定しないこと』。だから、上の世代からも学ぶけど、巧たち下の世代からも学ぶよ」「とにかくもう1回時代欲しいんすよ。ムナクソ悪いから(笑)」

マイケルP「今回のこのカードは自信をもって組みました。こういうシビレる試合を組んで、成長を促すのが俺たちメディアの仕事でしょ」

マシモP「ここの鶏の竜田揚げ超うまい!」

その帰り際、金森さんから「今日、移動多くてスミマセンでした。明日、巧なんでめちゃくちゃ走ると思いますけど、頑張ってください」と優しく声を掛けてもらい(超紳士!)、マシモPからも「うん、今日の8倍は走ると思うよ」と言われたので「そうですか、ヘヘヘッ」と軽く応えていたのですが、まさかホントにあそこまでとは……。

というわけで次回、2日目「タクミ部 激走編~夏じゃなくてよかった~」をお届けします(嘘)。


[陸王]の関連記事はこちら




This article is a sponsored article by
''.