「陸王」2019シーズン初戦「伊藤巧×金森隆志」。その取材班の舞台裏に迫った密着レポート。いよいよ決着する2日目、最終日の模様をお届けします!


【DAY.2】[05:15]コンビニ駐車場

2019年4月5日(金)。陸王2日目。

昨日より15分遅くロビーに集合し、近くにあるコンビニへ。ここで朝食を調達したあと、今日の流れを説明します。

画像: 2日目の休憩時間、ストップフィッシングの時間などをマイケルPが説明。

2日目の休憩時間、ストップフィッシングの時間などをマイケルPが説明。

[05:30]スタート!

今日は金森さんではなく、伊藤さんチームと行動を共にします。ちなみ伊藤さんチームは、動画カメラマンの菱沼さん、担当編集者のマイケルP、そしてスチールカメラマンの土屋さんと私の4名で行動します。

今日は伊藤さんの車を追え!

[06:10]釣り開始。伊藤さんチーム

朝イチのポイントに入り、すぐにキャストを開始する伊藤さん。ほんの少しの距離も小走りで駆けていきます。澄んだ朝の空気の中、水面に映る雑木林と動く人の影、そのシルエットが美しい。

画像: なんかシルエットって言いたかっただけのような……。

なんかシルエットって言いたかっただけのような……。

人の気配を最小限にするよう、あまり近づかず土手の上から見守ります。振り返るとレンコン畑が広がっており、早朝にもかかわらず、農家の方が収穫をしています。

画像: 胸まで水に漬かりながらのレンコンの収穫。滅茶苦茶大変そう。

胸まで水に漬かりながらのレンコンの収穫。滅茶苦茶大変そう。

伊藤さんは一定の歩幅と速度で歩きながら、丁寧に、繰り返し川べりを打っています。

この日の気温は5度。昨日に比べて3度上がっただけでずいぶん温かく、岸辺に咲いた菜の花や空を飛ぶ旅客機を眺めながら、「あー、のどかでいい気分だなー」と思っていました。

画像: たぶん菜の花。

たぶん菜の花。

画像: 飛行機が近い。いいてんきだなー。

飛行機が近い。いいてんきだなー。

そう、この声が聞こえるまでは……。

伊藤さん「移動します!

そう言うと、車を止めた場所まで駆け足で戻ります。そのあとを取材班も走って追いかけます。結局のどかだったのは朝のこの時間だけで、以降はこの「移動します!」に翻弄されることになります。

[07:30]別のポイントへ

次のエリアに車を停車するとすぐに準備をはじめ、駆け足でポイントへ。

車の停車から、道具をもって走りだすまで約10秒。

咲き誇る桜並木には目もくれず、ランガンを繰り返します。10mほど先のポイントに移動する際もダッシュ。

画像: 絶好のお花見日和なんだけど……。

絶好のお花見日和なんだけど……。

そして、しばらくすると聞こえてくる声……。

伊藤さん「移動します!」

画像: ま、待ってーー! youtu.be

ま、待ってーー!

youtu.be

[09:00]恐怖の野鳥観察所

そして、着いた先が今回最大の難所「恐怖の野鳥観察小屋」です。

【説明しよう!「恐怖の野鳥観察小屋」とは約50haの湿地草原に設置された野鳥を観測できる小屋である。駐車場がある展望デッキから750m先にあり、もちろん車では入れないのだ!】

マジで…!? 遠すぎひん?

実は前日にも伊藤さんチームはこのポイントに入っており、同行したマイケルPからも「あれはヤバイよ」と事前に言われていました。実際、歩き始めると小屋のあまりの遠さにクラクラしてきます。

直線の道がおよそ400m。漂うスタンドバイミー感……。

小走りしつつようやく辿り着いた先には、すでに釣りはじめている伊藤さんの姿が……。

そしてしばらく釣ったあと、「移動します」の声とともに、来た道を戻りマス。。。。

[10:00]さらに次のポイントへ

移動し別のポイントへ、さらにまた別のポイントへと移動していきます。

こんなところや、

画像: こんなところへ。

こんなところへ。

やはりすごいのは、移動してハズすことも当然あるのですが、「あー」とか「うー」とか「釣れないなー」とか一切言わないこと。冷静さを失わず、伊藤さんは淡々とキャストしていき……

「移動します!」

「………」

そして、着いた先は…。

どーーーーーーんっ!

画像: で、デジャヴ!?

で、デジャヴ!?

そう本日2度目の「恐怖の野鳥観察小屋」です。。。

伊藤さんは「午前中にもう1回、あそこに入り直したいので、行きます」と言うと、もう走り始めています。こうなりゃ半ばヤケです。片道750m、往復で1.5km。それを午前中だけで2本です。

ちなみに菱沼カメラマンとマイケルPは前日と合わせて3本目です。これはほぼ部活です。タクミ部。これが真夏だったら……。死ぬと思います!

画像: うぉーーーー!!! youtu.be

うぉーーーー!!!

youtu.be

[12:00]昼休憩

ようやく12時になり、昼休憩へ。ただし、今日は12:45まで。昨日と同じく、コンビニに向かいます。朝から動き回っているので、腹ペコです。カレーを買って、車に戻って食べはじめると、途中合流したマシモPが車の窓を叩きます。

「もう移動するらしいよ」「へっ……!? まだカレー3口くらいしか食べてないんですけど……」「仕方ないじゃん。陸王なんだから」あ、そうですね……。

というわけで、頬張れるだけ頬張り、残りは諦めて、伊藤さんの後を追うことに。



[12:45]波乱の午後の幕開け

12:45になり、午後の部スタート。ちなみにこの日のストップフィッシングは15:00。昨日より断然時間がありません。1秒でも惜しむように、猛スピードでダッシュします。着いたポイントは強風吹きすさむ、長く伸びた護岸エリア。

画像: 台風来てましたっけ…?YouTube youtu.be

台風来てましたっけ…?YouTube

youtu.be

と、ポイントに入ってすぐに事件が発生。伊藤さんのカバンがない! 伊藤さんの手持ちカバンが見当たらないのです。急遽、撮影していた動画を巻き戻して確認したところ、あの片道750mある「野鳥観察小屋」に忘れてきたことが判明……。

協議の結果、まだ一度もあそこに行っていないマシモPが取りに行くことに。

マシモP頑張って(往復1.5kmあるけど……)!

気をとり直して釣りを再開。しばらくしてマシモPから「無事カバンを発見した」との連絡が入り安堵していたところで、またしても事件発生! この日最大のピンチが訪れます。

さらなる事件発生

今度は伊藤さんの「クルマのカギ」がないっ!!

胸ポケットに入れていたはずのカギが見当たらないとのこと。一度車に戻って確認しても、やっぱりありません。「もしかしたら、ダッシュしたときに落としたのかも……」。ということなのですが、いかんせん場所が、膝ほどもある草が生い茂る土手。見た目ではまったくわかりません。

急遽マシモPにも連絡したところ、カバンを取ってきた帰りにホームセンターに寄り、熊手を買ってきてくれました。

こんな場所。試しに自分のカギを落としたら、草に隠れてまったくわかりません

ここから約1時間以上、熊手を片手にカギ探しに没頭します(ですので、釣りの写真はありません……)。

そのあいだは伊藤さんも移動できないため、同じ場所で釣り続けます。しかし、どれだけ探しても見つかりません。

捜索範囲も広いため、もう無理だと判断してマイケルPがJAFを呼びます。どうにかレッカーで引っ張ってもらうしかない……。と、諦めていたその時!

土手の上で、鍵を片手に怪しげなダンスするマシモPの姿がっ!!

画像: MP吸い取られるタイプの踊り。 youtu.be

MP吸い取られるタイプの踊り。

youtu.be

どうやら、「伊藤さんが一度ルアーを取りに車に戻った」との話をマイケルPから聞き、そのルート上を探していたところ、土手の上で偶然(本人曰く、明快な推理の結果)発見したとのこと。さすが! マシモP!

[15:00]ストップフィッシング

丁度そのころ、ストップフィッシングが迫ってきていたため、伊藤さんには終了まで知らせずに続行。そして15:00になり、ついにタイムアップ! 2日間の陸王初戦が終了しました。

まだカギが見つかったことを知らず、最後のコメント撮りを行う伊藤さん。それが終わったあと、マイケルPがドッキリを仕掛けます(その模様はたぶんDVDで!※ナイスリアクションでした)。

[16:15]最終結果発表

ホテルに戻ると、借りていた会議室で結果発表の収録に入ります。テーブルをセットしてカメラチェックを行います。

画像: カギを見つけてひときわリリしく映るマシモP(左)。

カギを見つけてひときわリリしく映るマシモP(左)。

そして、いよいよ最終結果の発表!!

奇しくもマイケルPが予想したとおり、シビれる対決となりました。総合スコアを書いたスケッチブックを見ながら、互いの感想、戦略、釣り方などを語り合います。

画像: [16:15]最終結果発表

そしてついに、ついに収録が終了ーー!

長く、そして熱い2日間にわたる戦いの幕が下りました。金森さん、伊藤さん、そしてスタッフのみなさん、2日間お疲れ様でした!

気になる勝敗の結果や、勝負の様子は次回『ルアーマガジン6月号』(4月26日発売)で掲載しますので、お楽しみに!

というわけで、いかがでしたか? 少しは「陸王」の雰囲気が伝わったでしょうか?

個人的には2日間とてもハードでしたが、終わってみると色々なことを感じ、とても良い経験をさせてもらいました。また不慣れな私の同行に、嫌な顔ひとつぜず、接していただいたお二人には感謝しかありません。本当にありがとうございました!

次回も機会があれば、ぜひ取材に行かせてください、局長!(ただし、真夏以外で)

【DAY.2】最後の番外編

収録が終わったのが、17:30。このあと金森さんはそのまま静岡に行き、翌朝には仙台に向かうとのこと。また伊藤さんも翌日、釣り取材をこなし、さらにその次の日からはアメリカという超ハードスケジュール。

にもかかわらず、収録後残って約1時間にわたり、今回の陸王や今後の釣りについて、真剣に話合っていました。

その貪欲さと釣りに対する愛情の深さには、ほんとうに頭が下がる思いです。

画像: 【DAY.2】最後の番外編

2人の話は尽きない……。

(了)


[陸王]の関連記事はこちら



This article is a sponsored article by
''.