青木大介プロも絶賛しているというレインギア「Foxfire GORE-TEXハイドロマスタービブ」を自腹で購入したというマシモPがレビュー。iPhoneを何度も水没させているレインウェアに煩い男がどのように評価をするのか!?

巷で噂のレインギアを買ってみたよ

こんにちはマシモPです。梅雨を迎える前に雨対策を完璧にする為、評判の良いティムコさんのGORE-TEXハイドロマスタービブを買ってみました。

仕事がら、釣りもできないのに釣り場で1日中ぼーっとしてなければならない場合があります(仕事しろ)。強い雨の1日を終えると、たとえカッパを着ていてもインナーはびしょ濡れだったりして、連日の撮影だったりするともうダウナー。

最近はハンガードライヤーなども導入して備えてはいるのですが(コレはコレで便利です)、やはり濡れないに越したことはありません。と、いう訳でパーフェクトなレインギアを求めて、割と永遠の旅人なマシモPであったのですよ。

ウェブで青木プロの使用記事を読んだマシモP。「あの辛口の大ちゃんが珍しく素直に褒めてるなぁ」と思ったので、コレはホントに良いのカモ!? と購入に至った次第なのです。

さぁ、君は僕を満足させてくれるのかい?「Foxfire GORE-TEXハイドロマスタービブ(ティムコ)」さんよ(長いので以下ビブパンツ)。

画像: 早速、オフィスで試着。真後ろの社長室の扉が開かないかドキドキプリキュア。

早速、オフィスで試着。真後ろの社長室の扉が開かないかドキドキプリキュア。

と、言う訳で早速取材で使って来たのでレビューです。

因みにコレがマシモPの最近の雨天装備でした。

画像: 上がダイワさんのGORE-TEXレイン。下が冒険用品さんのレインパンツ。

上がダイワさんのGORE-TEXレイン。下が冒険用品さんのレインパンツ。

この装備でも通常使用だとかなり雨に耐えてくれるのですが、時にガバっと浸水したりします。

それは例えばランディング時。

前に大きくかがむと、背中が大きく露出したり。

画像: 見苦しいカットで失礼しまつ。

見苦しいカットで失礼しまつ。

例えばバスボートのシートに座ったりした時。

座ることで一気に流れ落ちた水が股間にたまり、股間のチャックから浸水します。

画像: 身に覚えの有る方も多いのでは……?

身に覚えの有る方も多いのでは……?

因みに股間のチャックが防水仕様な場合は大丈夫。

画像: あて布がチャックの上に付いているかどうかも重要ですね。バスボートの風圧で浸水したります。上着もあて布欲しいトコロ。

あて布がチャックの上に付いているかどうかも重要ですね。バスボートの風圧で浸水したります。上着もあて布欲しいトコロ。

さぁ、ビブパンツはどーだったのか!?

結論から言うとかなり良い!!

画像: そりゃ54,000円(税別)もすりゃ良いの当たり前だろ! とか言わないの! 特に僕にとってはある意味“プロの道具”なので、価値有るモノに対しては対価は当然。価値有る性能を手に入れられることこそが重要です。

そりゃ54,000円(税別)もすりゃ良いの当たり前だろ! とか言わないの! 特に僕にとってはある意味“プロの道具”なので、価値有るモノに対しては対価は当然。価値有る性能を手に入れられることこそが重要です。

先ず最大の特徴であるオーバーオール的な胸から股間の部分は、チャックを開けるとこーなっているので、あらゆる体勢でも浸水する要素がありません。

座ろうが、どんな水圧で水がかかろうが大丈夫。

画像: 結局、水は縫い目やチャック周りから浸水するので、その要素が無ければ染みることもありません。

結局、水は縫い目やチャック周りから浸水するので、その要素が無ければ染みることもありません。

画像1: 最強と謳われるレインパンツ「Foxfire GORE-TEXハイドロマスタービブ」を買ってみた。【マシモPブログ】

そしてチャックと生地の間には隙間も開いているので水が溜まっても速やかに放水されます(自粛して写真は小さめです)。

もちろんそのような構造なのでソーシャルウィンドウ的なモノはありませんが、ガバっと降ろせるのでスタンディング放水的な行為も問題無しです。

画像: 実はコレが出来るかがイチバン気になっていたマシモP。

実はコレが出来るかがイチバン気になっていたマシモP。

そして膝と尻には大きなあて布付き。だいたいちょっと古くなってくると、ヒザか尻をついた時に浸透圧的な要素も相まって濡れる事が多いですが、かなり厚いしっかりとした生地なので心配なさそう。

画像: なんかナイロンの七倍の強さを持つ生地を使っているとか。うっかり小石とかで穴を開けちゃう心配も無さそうです。

なんかナイロンの七倍の強さを持つ生地を使っているとか。うっかり小石とかで穴を開けちゃう心配も無さそうです。

画像2: 最強と謳われるレインパンツ「Foxfire GORE-TEXハイドロマスタービブ」を買ってみた。【マシモPブログ】

ヒップ部分も大きくカバー(サイズは自粛)!

ドスン、と座っても安心。

因みにこんなポーズしても凄く動きやすいのです。実際に1日中履いていても全然ストレスになりませんでした。

GORE-TEXによる通気性と、あとティムコさんのHPによると立体裁断らしいので、ソレが効いているのかなぁ、と。

画像: さぁ、ビブパンツはどーだったのか!?

あと個人的に気になっていたのは、このサスペンダータイプって肩が凝るんですよねぇ……。

と、思っていたのですが、写真ではちょっと分かり難いかもしれませんが、体との間にフワッと隙間が空いています。

画像: 肩にはぜんぜんストレスがかかってません。

肩にはぜんぜんストレスがかかってません。

実はウエストのベルクロベルトで調節して、腰の位置でホールドが出来る為に、肩への負担がめっちゃ少ないのです。

画像: いや、こりゃスゴイ。

いや、こりゃスゴイ。

足元も大きく、更に調整幅も広く作られているので、どんな靴でも履いたままビブパンツ装着可能かと。

画像: 脱ぎ履き面倒だと着るのも躊躇しちゃいますよねー。

脱ぎ履き面倒だと着るのも躊躇しちゃいますよねー。

ウエスト部分にはインナーメッシュでポケットが左右に。これは上着の下に隠れるであろう部分なので、しっかりとしたチャックでセッティングされています(ノン防水)。

画像: スマホとかはこっちに入れたほうが良いかと。

スマホとかはこっちに入れたほうが良いかと。

腰にはDリングも装備。

画像: キーホルダーとか濡れない場所に付けられるのはなにげに便利。

キーホルダーとか濡れない場所に付けられるのはなにげに便利。

そして腿には大きめのポケットが左右に付いていて、タックルボックスとかもガッサリ入ります。

画像: やっぱりレインパンツでもポケット容量が多いと嬉しいですねー。

やっぱりレインパンツでもポケット容量が多いと嬉しいですねー。

しかし!! ココで不満がひとつ!!!

ポケットの下に水抜き穴が付いてるのですぅ!!! ガビーン!!

最初は大丈夫かもしれませんが、全体表面が水で濡れたら、浸透圧と毛細管現象でポッケの中に浸水しちゃうのでは無いでしょうか……。まぁ、Webサイトにも“ポッケは完全防水ではないです”と謳われてはいるのでアレですが、大きめのフタも付いてるポケットなので、ココは別に水抜き穴付けなくてもいいんジャマイカと思ったマシモPです。思い切っていきましょう。

画像: 穴の周りをゴムカバーで塞いでいるので、対策されてる意図は十分に感じはします。

穴の周りをゴムカバーで塞いでいるので、対策されてる意図は十分に感じはします。

でも総評としては“かなり良い!”

画像3: 最強と謳われるレインパンツ「Foxfire GORE-TEXハイドロマスタービブ」を買ってみた。【マシモPブログ】

なので今季の雨天装備はこんなカンジがメインになりそうです。

あまりに快適なので、別に雨が降って無くても“釣りパンツ”として履いて行くのもメッチャ有りだと思いました。普通に下着+ビブパンツというカンジです。

あー、雨が降ってきそうだけどレイン履いたら降らなそうだし、でも履かないと降ってくる的な悩みからも開放されそうです。

ってことでオフィスでも履いてます!

画像: うそやで。

うそやで。

と、いう“プロのギア”なビブパンツ。値段はちょっとお高めですが、気になっている方は買えるウチに買っておくのが吉かと思います!


「ルアマガ味わい尽くし放題」な月額課金会員制サービスはじまりました!

『ルアーマガジン』本誌の配送だけでなく、動画見放題、オリジナルグッズ、NAIGAI-SHOPの50%オフクーポンを毎月発行、さらに人気アングラーのセミナーやイベントなどが目白押しすぎてもはや何推しなのかわからないサービス『ルアマガプライム』が5月7日よりサービスイン!

本誌やグッズなどはもちろん、『ルアマガプライム』でしか味わえない体験を提供していきます。要チェックです!

ココだけの話、毎月の動画セミナーも有料サイトならではの有益なネタをマシモPがガンガン拾ってくるのでお楽しみにー。



This article is a sponsored article by
''.