春の新生活もひと段落し、「令和」となった新しい時代を歩むこの時期。これまでも、そしてこれからも、もっと釣りを楽しみたいあなたに、ルアマガ+では誰でも楽しめ、またすでに持っている道具にアイテムを追加するだけで行えるカンタンな釣りをガイドします。


胴突き釣りとは!?

仕掛けの一番下にオモリを付けて、足元にいる魚や海底に潜む大物を狙う胴突き仕掛け。投げる必要がないため、ファミリーフィッシングの釣りにもオススメです。サビキ釣りからのステップアップに最適で、使用するエサを変えるとまた違った魚が狙えます。

教えてくれるのは・・・・・

■橋本翔大さん

仕事も釣り、休日も釣りと、釣り三昧な日々を送っている株式会社ハヤブサのスタッフ。岸釣り・船釣り問わず様々な釣りを日々楽しんでいる。

釣り場

画像: 釣り場

足元から深い波止が最適!!

波止などの足元から水深のある場所が適しています。投げ釣りがヨコの釣りなら、胴突き仕掛けは真下に落とすタテの釣りです。波止際や海底の障害物周りなどで、他の場所とは違うちょっとした地形の変化を探し狙いましょう。

仕掛け

画像: 仕掛け

仕掛け最下部にオモリのついた幹糸に、ハリを結んだエダス(端糸)が2~3本ついたシンプルな仕掛けです。根掛かりや仕掛け絡みなどのトラブルが少ないことが特徴です。

エサ

画像: 足元へ落とし込む釣りなのでエサが外れる心配が少なく、様々な種類のえさが使えます。

足元へ落とし込む釣りなのでエサが外れる心配が少なく、様々な種類のえさが使えます。

いろいろ試してみよう!

ゴカイ等の虫エサや冷凍オキアミなど、いろいろなエサで釣ることができます。虫エサが苦手な方には人工虫エサがおすすめです。また、魚によって好みのエサが分かれるので、どのエサでどんな魚が釣れるのか釣りをしながら探っていくのもおもしろいです。

釣り方

底まで落としゆっくり巻き上げる!

エサをつけたら足元の海底まで落とし、ラインを巻きとり張った状態にしてから、ふわふわと竿を動かして誘います。アタリが無ければ少しずつ巻いて、狙う深さ(タナ)を変えながら同じように誘ってみましょう。また、魚を探し狙うポイントを変えて行くことも好釣果につながります。



橋本さんイチオシアイテムはコレ!!

かんたん探り釣りセット3本鈎(HA311)/ハヤブサ

上の2本の鈎は小バリ仕様、下のハリは大バリ仕様になっており、1つの仕掛けで様々な魚が狙えます。オモリも根掛かりしにくい形状で、誰でも扱いやすいように設計しています。

橋本さんオススメ!関西胴突き釣りポイント!

画像: 橋本さんオススメ!関西胴突き釣りポイント!

舞子公園

明石大橋の麓にある公園。アジュール舞子よりの内湾(ワンド)や外向きに面した大橋下などがポイントです。釣り場が広く策があるので安全に釣りが楽しめます。


この記事が掲載されている『釣りどき関西』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.