初心者釣り教室。夫婦やカップルで訪れて講習がスタート。こーやります、あーやりますと先生が説明した後、さぁ、実釣。奥さんや彼女にいいところを見せようと奮起するメンズたちですが、「あ、釣れちゃった!」「また釣れたわ〜」とガールズに先を越され、プライドをズタズタにされるという事案が、非常に多いと聞きます。さて、その理由とは?


やたらと釣果が伸びる女性アングラー。なぜ……!?

メンズA「単純に、先生の言うことに女性の方が素直に従うからじゃね?」
メンズB「殺気がないからじゃないっすか?」

初心者アジング教室を、定期的に開催し、「女性がよく釣る」という現象を目の当たりにしてきたというご存知、アジングの大家・家邊克己さんがその訳について自説を切り出してくれたのですが、それが面白かったのでご紹介しちゃいましょう。

画像1: やたらと釣果が伸びる女性アングラー。なぜ……!?

家邊「男性の方が手の皮が厚いんですよ」

編集「!? 何のトンチですか??」

家邊「いや、だからネ、手の皮が男性の方が厚いんですよ」

編集「それと、これにどういう関係性が? それが、女性が男性より釣ってしまう理由なんです?」

家邊「ええ、端的に言うとそうです。パチニ小体ってご存知です?」

編集「…。なんすか、パクチー? パチニ小体?」

家邊「人間に備わっている感覚器官、感覚受容体? 正確には機械受容体と言うようですが、手の皮が厚い男性は、簡単に言うと、手の皮が薄い女性よりも鈍感ということですよ」

編集「男性が女性より鈍感というのは、なんとなくわかりますが(笑)」

家邊「どうも、男性じゃ感じ取れない情報をより高い精度で、女性は感知していまうようなんです。比較的水深がある場所に落としたルアーにアタリを感じたとか、違和感を感じたって女性は平気で伝えてくるんです。僕なんか全然わからない条件下だったんですよ(笑)。特に振動に敏感な受容体のようで、まさにロッドから伝わってくる振動などを捉える働きをもっているようなんですよ。単純に女性よりもそのパチニ小体が男性のほうが少ないだか、手の皮が厚いだかで、男性は女性よりもその感度が鈍いのは確かなんです」

編集「まぁ、勘も鋭いと言われてますしね…。ということは、魚釣りは男性より、女性の方がウマい?」

家邊「まぁ、男性は起こってることをロジカルに考えて、工夫をすることで、釣りのスキルを補う傾向がありますよね。同じ土俵で釣りを理解している女性ならば、下手をすると、男性に釣り勝ってしまうかもしれませんね。ほら、秋丸さん(みっぴ)なんかも良く釣るでしょう?」

編集「なぜかよく釣りますね…くっそ、アレもパチニの仕業かっ!」

家邊「……」

あくまで仮説ではありますが。そういった話も確かにあるようですよ!



画像2: やたらと釣果が伸びる女性アングラー。なぜ……!?

ということで、旦那や彼氏と釣りにでかける女性アングラーの皆様…。釣り勝つ素養は、女性の方が上なのかもしれませんよ…。存分に鼻をへし折ってくださいませ。


関連記事はこちらから!




This article is a sponsored article by
''.