アブガルシアからバーチカルは勿論、キャスティングもOK!ハンドル交換可能、スプール交換可能と、アングラーが釣りたいカテゴリーに自由に使えるバーサタイルソルトベイトリールが満を持してリリースされた!!商品名でもある“コンセプトフリー”の内容をご紹介します! これからオフショアを広くやっていきたい初心者にもベストバイ!


オフショアの釣りがこの1台で全てこなせる!?

近年、著しく人気が高まり、東京湾のみならず、関西、四国、九州でも盛り上がりを見せるオフショアルアーゲーム
ジギングのみならず、タイラバやイカメタル、バチコンなど新たなジャンルやターゲットも増え、タックルも進化するとも共に増え続けている。楽しみが増えることは嬉しいが、全釣種、ジャンル別揃えるとなるとお金がいくらあっても足りない・・・・・
「できれば1台2役こなせるリールやロッドがあればなぁ・・・・」

と思いのアナタ!!朗報です!アブガルシアからとんでもないリールがリリースされました!!

画像: オフショアの釣りがこの1台で全てこなせる!?

ソルティーステージコンセプトフリー

(スペック)
●タイプ:右巻き、左巻き●自重:220g●ギア比6:4●最大ドラグ力7kg
●糸巻き量:PE1.5号200m●最大巻上長(ハンドル1回転):66cm
●ベアリング数:ボール4/ローラー1●価格:2万2500円

バーチカルもちろん、キャスティングもOK!
タチウオや小~中型青物狙いのライトジギング、タイラバ、バチコンアジングなど、その名の通りアングラーが釣りたいカテゴリーに自由に使えるバーサタイルベイトリール。遠心ブレーキ搭載なので、キャスティングにも対応。パワーハンドルとダブルハンドルが同梱。

オススメポイント①スプール2個が付属!

アブガルシアのリールでは度々替えスプールが搭載されているシリーズがあるのだが、このモデルは一味違う。

画像: 超々ジュラルミン製φ33mmディープスプール

超々ジュラルミン製φ33mmディープスプール

1つ目のスプールはさまざまなラインユースを考慮し、糸巻量の1/4,1/3,1/2の下巻用の目安ラインをスプールの側面にマシニングしており、わずらわしい下巻量の目安の検討が簡単にできるのだ。適合するラインキャパをジャストフィットすることが可能となり、スプール最大径のメリットを最大限に生かすことが可能となる。タチウオジギングに最適なPE1.5号-200mがジャストフィット。また、ディープタイラバでも使えるPE1号-300mのラインキャパシティとオフショアルアーに最適なスプールとなっている。

画像: 替え超々ジュラルミン製φ33mmシャロースプール

替え超々ジュラルミン製φ33mmシャロースプール

もうひとつのスプールはPE1号-200mのラインキャパシティ。春のシャローエリアのタイラバから夏のイカメタル、オールシーズンのバチコンに使用ができる。

釣行するターゲットごとに糸を巻き替える手間が省けるようになり、または高価なPEラインを何度も買うことも減り、お財布にも優しい。



おススメポイント②ハンドルも2個

ビッグラウンドEVAノブ&60-70mm2ポジションハンドルアーム

画像: ビッグラウンドEVAノブ&60-70mm2ポジションハンドルアーム

タチウオやディープタイラバなどに対応できる、大型ノブ&ロングハンドルアーム。ビッグラウンドEVAノブは、握りやすくウエイトのあるジグでも素早く巻けるし、モンスター級のターゲットが掛かっても巻きで勝てる! またアームも用途に応じて60ミリか70ミリを設定可能。より速く巻きたいなら60ミリ、より軽快に巻きたいなら70ミリにしよう。ちなみにキャスティングには使用不可。

ミドルラウンドEVAノブ&95mm長4mm厚クランクハンドルアーム

こちらが付属するダブルハンドル。とっさにノブを掴みたいキャスティングゲームには、こちらがベスト。またバランス良くステディリトリーブできるので、一定のスピードで巻きつつスピードコントロールしたいタイラバにはこちら。スッテにもこいつがベストマッチだ。付属の六角レンチで簡単に交換できるぞ

ジギング、タイラバ、バチコン、イカメタルの四役はまかせろ!

画像: ジギング、タイラバ、バチコン、イカメタルの四役はまかせろ!

人気のタチウオを押さえつつ、タイラバにも手を出したい…。でもロッドを揃えたらリールが追いつかない! ただでさえオフショアは魚種や釣法が多くて、どうにか対応したいところ。そこにきて、かゆいところに手が届くこのコンセプトフリーは、ソルティーステージの中でもツブシの効く一台だ。メカニカルブレーキにラインメモリもついているので、ライン何巻いてたっけな…なんてミスもなくなるぞ。


「ルアマガ味わい尽くし放題」な月額課金会員制サービスはじまりました!


この記事が掲載されている『ルアーマガジンソルト』の情報はこちら!



This article is a sponsored article by
''.