さて、ルアーマガジンソルト本誌で連載中のアジングアングラーの対決企画「アジング王」。並み居る強豪を破り勝ち抜いたのが二代目アジング王となる藤原真一郎さん。何気なくやっていることも、釣れるキモになっていることがわかるノウハウの固まり。今回は、その藤原さんが得意とする、必殺技について解説しよう。


画像: シャローフリークは藤原さんが開発に携わった飛ばしウキ。遠投でき、なおかつジグ単のようにレンジ攻略できる画期的なアイテムで、多くのアングラーがその有用性を認めている。写真はシャローフリーク・エクスパンダ(アルカジックジャパン)

シャローフリークは藤原さんが開発に携わった飛ばしウキ。遠投でき、なおかつジグ単のようにレンジ攻略できる画期的なアイテムで、多くのアングラーがその有用性を認めている。写真はシャローフリーク・エクスパンダ(アルカジックジャパン)

あらゆる釣りに応用できる、「ノックオフ」をマスターせよ。

今回、二代目アジング王である藤原さんから出てきた、おそらく誰でも試せて効果的なマル秘テクニックが「ノックオフ」と自身が呼んでいるというテクニック。

藤原「マル秘というほどでもないのですが、誰でも簡単にできて、釣れるテクニックなのでぜひためしてください」

この話は、藤原さんが得意とする「Fシステム」という、飛ばしウキを使った釣り方の解説の途中に出てきたテクニックなので、そのFシステムを基礎に話をさせてもらうが、基本的にどんな場合でも応用可能とのことだった。ただ、このノックオフの効果をより体感できるのが、このFシステムだとも言える。

藤原「単純に、ルアーを投げて、張らず緩めずぐらいにラインテンションを掛けて、フォールをコントロールしますよね。アジの場合は、そのフォール中などにアタリが出るわけですが、この技を使うと積極的にそのアタリを誘発することができます」

どうすればいいのだろうか?

藤原「簡単です。その張らず緩めずのテンションを、一瞬、ほんの少しだけ…フッ…と抜くのです。フッ…と。その一瞬の変化でアジのスイッチが入り、バイトに至るケースが非常に多いのです。今回はFシステムのシャローフリーク使用時の話をしていますが、普通のジグ単を使っている時にも試せるのでやってみてください。…フッ…、と小さく掛かっているテンションを緩めてあげるだけです(笑)」



画像: テンションが掛かるか掛からないか程度のフォール時に、ロッドワークで軽くテンションを抜いてやるのがノックオフ。この後にアタリが出ることが多いのだとか。

テンションが掛かるか掛からないか程度のフォール時に、ロッドワークで軽くテンションを抜いてやるのがノックオフ。この後にアタリが出ることが多いのだとか。

画像: あらゆる釣りに応用できる、「ノックオフ」をマスターせよ。

繊細な操作ではあるが、そこまでテクニックを要すものでもないはず。フォール中の良い塩梅のテンションフォール時に、ロッドワークを駆使してラインテンションを抜いてやることで、アジのアタリを誘発してくれる「ノックオフ」。ぜひ試してみてください。


アジングの情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.