ココイチといっても某カレー屋ではありません!!「ここ一番で使いたい!!」エギをエギングのエキスパートの方々に教えて頂き、お気に入りのポイントや使い方を語って頂きます!!
これを見れば自分に合ったエギが見つかるはず!?

今回解説して頂くのはこの方!

池内修次(いけうち・しゅうじ)さん
トーナメントでも活躍する元気印エギンガー!!

老舗エギメーカー・デュエルのエギングプロスタッフを務める。京都府に在住していることから太平洋側、日本海側双方のエギング事情に精通。NBCソルトチャプターシリーズにも参戦している。

池内修次の“ココイチ”エギはコレ!!

EZ-Qキャスト3.5号、EZ-Qダートマスター/ダートマスターラトル3.5号(デュエル)

通称「パタパタ」で全国を席巻する、非大分型&波動エギの元祖。ベリーに搭載された4対のパタパタフットがシャクリでも、フォールでもバイブレーションを起こして生物ライクな波動を発生。産卵前に神経質になっている春イカには、ジャストフィットなモデル。

■製品スペック
●サイズ:3.5号●自重:19g●カラー:全21色/全20色●価格:オープン



激シブトーナメントでも結果を出すナチュラルアピールモデル

タフ&最初の場所で絶対に外せない『三種の神器』!!

池内さん「タフな状況だったり、初めて入るポイントでは、最初近くにいるスレ気味な居着きのイカを釣ってしまいます。それから徐々に探る範囲を拡大して、遠くからのフレッシュなイカを集めます。この時、真っ先に投入するのがEZ-Qキャストで、ナチュラルな波動で誘うので場荒れすることが少ないです。そしてEZ-Qキャストでは反応が薄くなったら、キレのあるダートのダートマスター&ダートマスターラトルでアピール範囲を拡大します」

ルアマガ+「この3アイテムのローテーションが必須パターン?」

池内さん「僕にとって三種の神器です。ただ、ソルトチャプターでも必ず結果を出してくれるということを考えると・・・やっぱり『キャスト』が一番ですね!!」

+αテクニック

画像: +αテクニック

このカラーだけあれば、他はいらない

年末から4月までの時期、夜の紀伊半島で4~5kgにもなるアカイカ系のレッドモンスターを狙う場合には、モンスターマスターに位置づけられるカラー『ケイムラレッドパープル』の一択!!池内さんは根掛かりも考慮して、一度の釣行でこのカラーだけでも5本用意するという。


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!



This article is a sponsored article by
''.