ココイチといっても某カレー屋ではありません!!「ここ一番で使いたい!!」ルアーをシーバスフィッシングのエキスパートの方々に教えて頂き、お気に入りのポイントや使い方を語って頂きます!!
これを見れば自分に合ったシーバスルアーが見つかるはず!?



今回解説して頂くのはこの方!

小沼正弥(おぬま・まさや)さん
全国のパターンを熟知するシーバス職業釣り師

東京都在住。長年シーバスフィッシングを牽引してきた職業釣り師。数多くのパターンに熟知しており、全国各地のフィールドで釣りをする。モットーは誰にでも釣りやすいルアーを世に送り届けること。

小沼正弥の“ココイチ”ルアーはコレ!!

画像: 小沼正弥の“ココイチ”ルアーはコレ!!

モアザン トリックアッパー105F(DAIWA)

ボディは高浮力のボーン素材を採用。強く水を押しつつイレギュラーなパニックアクションを誘発して広くアピール。さらにマウスカップが消えにくい泡を発生。ダイブさせると泡をまとった小魚を演出し、これが強烈な誘いとなる。

■製品スペック
●サイズ:105mm●自重:15g●カラー:全10色●価格:1750円



マウスカップが消えにくい泡を発生&強い水押しで誘う

小魚ベイトパターンの日中&ベタ凪で効く!

小沼さん基本は5~9月の暖かい時期に良く釣れますね。ベイトがアユ、イナッコ、イワシのときが最高ですね

ルアマガ+「どういう場合に一番良く使いますか?」

小沼さん「特に良く釣れたのは、秋の日中のベタ凪でベイトはイナッコ。連日釣れまくりましたね」

ルアマガ+「どうやって使うんですか?」

小沼さん「軽いトゥイッチやジャークだけで良く動くので初心者の方にも扱いやすくなっています。5回動かしてから1秒くらい喰わせの間を入れるのがコツですね

ルアマガ+「ここぞ! といった使い方などはありますか?」

小沼さんスレているときはロッドを立ててラインを水面に付けないこと。あと、ラトルありは濁っていてアピールを出したいとき、無しはイワシがベイトだったりスレているときに効果的ですね」

+αテクニック

画像: +αテクニック

スレシーバス相手には水面へラインを付けずにアクション

日中のベタ凪のときこそトリックアッパーの出番。ボイルがあったりシーバスが高活性のときは強い水押しとイレギュラーアクションでアピール。しかし、プレッシャーが高くスレているときは、ラインを水面へ付けず軽くトゥイッチなどでアクションさせていこう。

トリックアッパーを使った小沼さんの実釣模様は下記をチェック!⇩

画像: ドカンと水面が炸裂! シーバスを惑わすトリックアッパー www.youtube.com

ドカンと水面が炸裂! シーバスを惑わすトリックアッパー

www.youtube.com

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!



This article is a sponsored article by
''.