長崎県壱岐島と言えば、福岡空港&博多港などからアクセスしやすい優良フィッシングフィールド。ルアマガソルトでもアジングのイベントを開催したりとなにかとお世話になっている島でございます。小生も2018年度は通算1ヶ月前後滞在したこともあり、かなりの壱岐島通を気取っております\(^o^)/ さて、そんな壱岐島で見つけた、お手軽グルメをご紹介。いくつかあるんですが、リーズナブルなのからいきまっしょい!


「中華亭・しま風」の海鮮ちゃんぽん

壱岐島といえば、壱岐牛? うに? そんなの当たり前に美味しいでしょ! 福岡からアクセスしやすいこともあって、失念しがちですが長崎です。そう長崎といえば「ちゃんぽん」でしょ? ということで、ちょっと変化球ではありますが、全国のちゃんぽん通に贈る穴場グルメでございますよ。

そのうまうまなちゃんぽんを提供してくれるのは、壱岐島でもいくつかあるターミナル港、印通寺港の近くにあります「中華亭・しま風」。佐賀県方面からのフェリーが発着する港で、そのフェリーポートから歩いて行くことも可能です。

画像: こいつのプースーの旨さ。野菜の素朴なうまみと、海鮮の出汁がですね。うらぁ!飯テロだぁ!

こいつのプースーの旨さ。野菜の素朴なうまみと、海鮮の出汁がですね。うらぁ!飯テロだぁ!

そこのちゃんぽんは、正統派。とんこつベースのあっさりスープですが、野菜と海鮮具の旨味で、きゅっとスープの味が引き締まっているのです。麺とからめて、ひと口目、ふた口目はまだその真髄にたどり着きません。少々パンチが足りないかな…と思った3口目…、あれ?っと思った4口目…。いつの間にか食べ終わり、ん?もう少し食べたいな〜と感じながら、自然とレンゲを持ってスープをすすってしまいます。このスープがまたやめられなくて…飲み干してしまうというわけで。

グーグルマップにも記載されていないので、知る人ぞ知るですが、私め、壱岐取材にいったら、かなりの頻度で食べに行ってしまうお店なのでございます。ぜひ、釣りにいったら立ち寄ってみてくださいませ。



定番!壱岐牛の店「うめしま」のステーキではなく…牛丼!

さて、壱岐島は海の幸あふれる島ではございますが、壱岐牛という品種のお肉が絶品なのでございます。それもそのはず、松坂牛や神戸牛などの素牛として買い付けられることもある由緒ある和牛でございます。で、それのステーキがウマいって言うんだろ?ってのはあまーい。私めが薦めるのは、そのお肉専門店が提供する「牛丼」なのでご・ざ・い・ま・す!

画像: たぶん、壱岐牛を使っております。ここの牛丼がですね…。あぁ、上品かつ繊細なんでございますよ…。

たぶん、壱岐牛を使っております。ここの牛丼がですね…。あぁ、上品かつ繊細なんでございますよ…。

何度か壱岐島にお邪魔させていただき、壱岐牛の旨さに関しては重々承知しております。ですが、先日、我が上司と「うめしま」を訪れ、奢るからなんでも食べていいよ!と言われて、別スタッフはサーロインのステーキを注文したにも関わらず、「牛丼で♡」と牛丼を選んだのは、別に「遠慮のかたまり」だったわけじゃなく、ここの牛丼が絶品だからでございます。

画像: ちなみに、うめしまの定番であるステーキ。美味しいですが、ミーほどの壱岐島通は…もう…、いややっぱり食べたいです(よだれじゅるり)

ちなみに、うめしまの定番であるステーキ。美味しいですが、ミーほどの壱岐島通は…もう…、いややっぱり食べたいです(よだれじゅるり)

ちなみにぃ、イオンの中にある「かっちゃんうどん」の牛丼も美味しいよ! ここはうどんも美味しいんだけどね!

画像: こちらは! 壱岐島のイオン内にある「かっちゃんうどん」で提供される牛丼。味付けの傾向は「うめしま」と似ていますが、こちらのほうは汁多め! どっちも捨てがたしぃ!

こちらは! 壱岐島のイオン内にある「かっちゃんうどん」で提供される牛丼。味付けの傾向は「うめしま」と似ていますが、こちらのほうは汁多め! どっちも捨てがたしぃ!

さて、少々、壱岐島メインストリートから外れたグルメ情報でした。今度はメインストリートの壱岐島イチオシもご紹介したいと思うます!


日本全国ナイショの釣り人グルメご紹介はこちらから



This article is a sponsored article by
''.