ソルトウォータールアーターゲットとして全国的人気を誇る「シーバス(スズキ)」
なかでも東京湾(神奈川、東京、埼玉、千葉)はルアーシーバス発祥の地であり、湾奥や干潟、河川、磯など様々シチュエーションがあり全国的にも“激戦区”といわれる。そんな激戦区を知り尽くす、キャスティングのカリスマ店員・小出さんに毎月、前月の釣果状況及び、翌月の釣果予測&オススメルアー&オススメフィールドを予想して頂きます!

東京湾のシーバスアングラーなら“知らない人はいない”キャスティングのカリスマ店員!!

小出慎(こいで・まこと)さん
キャスティング日本橋店・副店長。東京湾のシーバスアングラーならその名を知らぬ人はいないカリスマショップスタッフで、確かな腕と豊富な経験、莫大な知識が武器。ちなみにシーバスだけでなく、バス釣りの腕もピカイチ。

5月頃の東京湾シーバス状況

ルアマガ+「元号が「平成」から「令和」に変わったゴールデンウィーク真っ最中の5月でしたが、東京湾のシーバスの状況はどうでしたか?」

小出さん「ゴールデンウィークはナイトゲームをメインにバチパターン最盛期を迎えていました。よく釣れていたのは運河筋と港湾部。潮周りにのいい日は夕方から多くの人が釣っていましたね。
ただ、5月後半になるにつれてバチが渋くなってくるエリアも出始め、海の色ももクリアから赤く潮が濁ってきたタイミングで、河川の河口域のデーゲームが始まってきました(荒川、多摩川など)

画像: 5月頃の東京湾シーバス状況

なので夜はバチ、昼間は河口域でダブルヘッダーでシーバスを楽しんでいる人もいましたよ。

イレギュラー的にGW明けから河川の上流域ではハクパターンも始まったりと、ナイトゲームでもバチを絡めないで明暗を使ったり、上流域の水路などハクが群れているところ、ボイルしているところを狙って釣っている人も出てきましたね」。

今年のバチパターンの決め手は『弱波動』

ルアマガ+「今年のバチパターンは釣果はどうでしたか?」

小出さん「今年の春のシーバスはサイズの小さいものが多かったです。例年は大きめのバチルアー(マニック【デュオ】やにょろにょろ【ジャクソン】)早く引いて釣るのが主流でしだが、今年はスローに引くルアーがハマっていましたね(エリア10【GAEA】、モアザンスライ95F【DAIWA】)そして更にタフな状況になった場合はシーバスには、一番波動の弱い棒状ルアーのノガレ120【ピックアップ】がかなりハマっていました。

画像: 弱波動のモアザンスライ95F(DAIWA)での釣果。カラーは小出さん考案キャスティングオリカラの「江戸前パール」。東京湾ではかなりの実績を誇る。

弱波動のモアザンスライ95F(DAIWA)での釣果。カラーは小出さん考案キャスティングオリカラの「江戸前パール」。東京湾ではかなりの実績を誇る。

小さいシーバスは波動の弱いルアーが効き、数釣れていたのですが、大きいサイズが中々混じらないので、あえて大きいサイズを狙う方は波動の強いルアーを使っていましたね。(アルデンテ【ima】)

また、港湾部に近い運河だと小さいサイズが多く、河川の近い運河だとアベレージよりも大きいサイズも混じるといった状況でしたので、数を釣るか、またバイトは少ないけどサイズを取りにいくかハッキリと分かれていたように思えます」。

6月のキーは「河川」、梅雨の東京湾シーバスの攻略予想とオススメルアーは?

ルアマガ+「遂に6月に入りましたが、改めて初夏の東京湾のパターンを教えて下さい」

小出さん「6月は夏に近づいて初夏のパターン「デイゲーム」に近づく。梅雨時期になると海から河川にサッパが入ってくる。それが東京湾シーバスのデイゲームのはじまりです!

潮周りも6月は夏の潮周りになり、昼間の方が変動が多い。どうしても水温が高くなる時期は流れがあった方がシーバスも活性が高い、よってデイゲームの方が魚を釣りやすくなるのです」。

画像: 6月のキーは 「河川」 、梅雨の東京湾シーバスの攻略予想とオススメルアーは?

ルアマガ+「なるほど!ではどのルアーを使って攻略をしていけばよいでしょうか?」

小出さん「主に河川でのベイトはハク、サッパ。両方ともサイズは10cm未満なのでルアーもそれに合わせるようなサイズのものを選びましょう。
メインルアーはデイゲームでの鉄板ルアーともいえる『バイブレーション』
魚のいるレンジを広範囲に探れるルアーが良いでしょう。

今回2つの種類のバイブレーションをチョイスしたのですが、使い分けとしては、河川の水深が3m以浅であればモアザンソルトバイブ72S【DAIWA】、水深が3m以深の場合でしたらモアザンリアルスティール18g~26g【DAIWA】を使いましょう。

また河川上流域のナイトゲームのハクパターンにはサーフェス系ミノーの、モアザンクロスウェイク75F【DAIWA】がオススメ!
ハクのいる表層レンジに合わせるような形で、水面から潜っても30cm程のSSR(スーパーシャローランナー)タイプをチョイスします」。

こちら先日の河川での釣果!!モアザンリアルスティールの新サイズ18gTGで!!バイブレーションは自身が扱いやすい、各河川にマッチする重さを各々で見つけだしていこう。

タイミング次第では港湾部もアツい!?

そして今年はイワシも多いので港湾部のイワシのパターンも見逃せません!若洲海浜公園など海に面している公園で、イワシが接岸するとかなりチャンスです。通常ですと河川の方が安定して釣りやすいですが、オープンウォーターや海系は潮周りいい日、雨降った日、イワシが回ってきたタイミングはハマる確率は高い。夏のイワシが接岸してくるパターンは意外と良いサイズが食ってくることもあり、デイゲームで80アップがでることも稀にあります。コノシロなどもいる場合もあって大きいサイズのシーバスもうろうろしていますよ。
でもそれも全ては水によります!!夏は基本的に海水は水が悪いので、

雨が降って海水温が下がる➡水が良くなったタイミングでイワシが接岸する➡爆釣!?

といった方程式でしょうか。

画像: コチラは昨年、小出さんが若洲海浜公園でキャッチしたグッドコンディションのデイシーバス。

コチラは昨年、小出さんが若洲海浜公園でキャッチしたグッドコンディションのデイシーバス。

6月の港湾部、チョイスするルアーはコチラ⇩

画像: 6月の港湾部、チョイスするルアーはコチラ⇩

飛距離が出て、広範囲に投げれる且つアピールの強いもの!!モアザンリアルスティール26g【DAIWA】とモアザンリアルスピン30g【DAIWA】。
リアルスティールは飛距離が欲しいので河川で使うものよりも重いもの、TG(タングステン)タイプも良いかもしれませんね。リアルスピンはスピンテールでこちらもデイゲームでは鉄板ルアー。ゆっくり巻けてしっかりアピールできます。

6月は海の水が悪くなると河川が良くなるので、晴れの日が続いた場合には河川、ゲリラ豪雨などフレッシュな水が入った場合の翌日や翌々日は海、といった2パターンで場所を選んでいきましょう。

6月のアベレージサイズは40cm~50cmメイン、条件が良くなると60cm、70cmクラスもでます。6月は河川を中心とした釣りをご紹介させて頂きましたが、大雨のあとやゲリラ豪雨など河川水位の変動には細心の注意を払いながら楽しく安全に釣りを行いましょう!

次回は6月を振り返りながら、7月のパターンを予測して頂きます!東京湾シーバスを今月もエンジョイしましょう!!

小出さんオススメのシーバスルアーは下記キャスティングオンラインにて購入も可能!!要チェックだ!!⇩



This article is a sponsored article by
''.