ルアマガのPBブランド「LML」(ルアーマガジンリンクス)で企画した、人気メーカー・ジャンプライズとのコラボOEMジグ。おかげさまでヒット御礼!(全国の釣具店&ネットで購入できます!) PBブランドゆえに、その使い方についてなかなか触れる機会がなかったのですが、今回はテスターとして招聘した在野のスーパーロコ「フッキー」氏にインプレ&使い方を伝授してもらいました。


画像1: あのジャンプライズとコラボジグ!「ヒラメキジグ」の使い方 #01
画像2: あのジャンプライズとコラボジグ!「ヒラメキジグ」の使い方 #01

突然現れたスーパーロコ フッキー★ 

本名は現在は伏せておきます。バンドマンとして全国を駆け巡ったり、ダイバーとして世界中の海を放浪するなど異色な過去を持つ魚好きフィッシャーマン(ゆえに魚博士か!というほど知識が深い)。SNSをやらないなどまったく無名だが、その釣りのスタイルはガチ勢。かつては東京湾に通い込み、80cmアップのランカーシーバスを狙い撃ちするスタイルで、年間25本の80cmアップを仕留めるなどのランカージャンキー。現在はヒラスズキなどの大物釣りをメインに関東近隣を駆け回る。先日、アジングをさせたらハマり気味だったので、調教予定。LMLのテスターではあるが、言いたい放題、好き放題で契約中。今回紹介するLML☓ジャンプライズのジグに関しても、どうやらジャンプライズが嫌いな模様だった。「嫌いなんて一言もいってませんよ…」癖は強いし、灰汁も強いが釣りに関する言質は信用できる。

ヒラメキジグとはそもそもどんなジグ?

ヒラメキジグはLMLとあの、井上友樹氏率いる人気ソルトルアーメーカー・ジャンプライズが手を組んで市場に送り出されたメタルジグだ。スイムアクションに特化させ、サーフ(磯もOK!)での使用を主軸に置いたキャスティング・メタルジグと言える。フォールでももちろん使えますよと言いたいところだか、ぶっちゃけ、フォールが効く状況に合わせるなら、フォールやシャクリアクションが得意なジグをチョイスしたほうがいいですよと言ってしまおう(メーカーとしてはどうかと思うが)。

それほどにスイムに特化ジグだと認識いただければよいかと思う。

また、後方重心の設計のため非常にコンパクト(30gが60mm、40gが65mm)でありながら、その飛距離は群を抜いており、強風下での使用やベイトサイズが小さいような状況では非常に使いやすい。これは他のジグと比較してのアドバンテージだと認識している。

画像: ヒラメキジグとはそもそもどんなジグ?


そんなヒラメキジグを個性派テスターのフッキーがインプレ&使い方伝授!

そんなこんなで、このスイム特化型ジグとも言えるヒラメキジグを個性派LMLテスターのフッキーが解説。あら、案外説明もお上手で…。しかも、ヒラメキジグに限らず、スイム系ジグを使うためのノウハウとして昇華できる解説。動画で座学として収めましたのでぜひ参考にしてくださいませ。

YouTube

youtu.be
画像: ヒラメキジグでシイラをヒット!

ヒラメキジグでシイラをヒット!



This article is a sponsored article by
''.