ココイチといっても某カレー屋ではありません!!「ここ一番で使いたい!!」ルアーをシーバスフィッシングのエキスパートの方々に教えて頂き、お気に入りのポイントや使い方を語って頂きます!!
これを見れば自分に合ったヒラメルアーが見つかるはず!?



今回解説して頂くのはこの方!

堀田光哉(ほった・みつや)さん
サーフの釣りを提唱し続けてきた元祖ヒラメハンター
ヒラメをルアーで狙うスタイルを確立した元祖ヒラメハンター。全国各地のサーフへ足を運び、ヒラメを追う。数多くのヒラメルアーを生み出し、人気ブランドのプロデューサーでもある。愛称は「ホッティー」。

堀田光或の“ココイチ”ルアーはコレ!!

画像: 堀田光或の“ココイチ”ルアーはコレ!!

ビーチウォーカー ウェッジ(デュオ)

安定した飛行姿勢と重量で遠くのブレイクラインも狙い撃つことができる遠投性。さらに、浮き上がりの良さからシャローエリアでもスローに引ける。サーフで必要な性能が詰まったスリムロングなシンキングペンシルだ

■製品スペック
●サイズ:120mm●自重:38g●カラー:13色●価格:1900円



シャローでもスローに引けて大遠投可能なスリムシンペン

一つのルアー&テクに固執せず、色々試そう

堀田さんウェッジに限らず一つのルアーや使い方に限定してほしくない、というのが正直なところですね」

 堀田さんの第一声はこうだった。確かに以前からいろいろなルアーを状況に合わせて試す。これが大事と話し続けてきた堀田さんならではの言葉だ。

堀田さん「ウェッジはジグのように遠投できて、ブレイクラインが遠い高潮位の場合などに活躍します。でも、ジグよりも大きくてそれに反応するヒラメがいるときに適しています」
 
ルアマガ+「他にも良い点ってありますか?」

堀田さん浅い場所でも浮き上がりやすいのでゆっくり引けます。あと遠投した先のブレイクをジャーク&ゴーなどで細かく刻んでいけます。もし、これでダメなら他のルアーやカラーも試してくださいね

+αテクニック

ブレイクまで遠投してゆっくり刻んでいきサイズ感で喰わす!

画像: ブレイクまで遠投してゆっくり刻んでいきサイズ感で喰わす!

最大のメリットはブレイクラインの先まで大遠投してゆっくり引けること!さらに流れや引き波に影響でストップ&ゴーやジャーク&ゴーをするとフォールの際にバックし、より細かくブレイクを刻んでいける。また、捕食ベイトに合わせたサイズ感も大きな武器となる。

画像: この日はピンク系カラーに反応あり。 堀田さん 「反応がない場合は大きくカラーを変えていきましょう。シルバー、ゴールド系も試してください」

この日はピンク系カラーに反応あり。
堀田さん「反応がない場合は大きくカラーを変えていきましょう。シルバー、ゴールド系も試してください」


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!



This article is a sponsored article by
''.