今回は、エギングビギナーのためになる2つのシャクリ方を伝授。これでしっかりとイカを誘ってフォールで抱かせれば、ほら釣れた!となること請け合いです。LMLとMajorCraftでコラボしたMOBILE 4 EGING 2TIPを使ってその基本をレクチャーしていただきました。シャクリ中のロッドの曲がりなども確認できますので、それと併せて基本を学びましょー!
画像: LML☓MajorCraftのコラボロッドは4ピースで、ソリッドとチューブラーの2本のティップを持つ、超汎用ロッド。プロモのための取材中に、ビギナーのための基本のひとつをレクチャーしてもらったので、このロッドのアクションと共にお楽しみください。

LML☓MajorCraftのコラボロッドは4ピースで、ソリッドとチューブラーの2本のティップを持つ、超汎用ロッド。プロモのための取材中に、ビギナーのための基本のひとつをレクチャーしてもらったので、このロッドのアクションと共にお楽しみください。

2つのシャクリで基本はOK

エギングの一連の動作の基本は「キャスト!→フォール(抱かせ)→シャクリ(誘い)→フォール(抱かせ)」これの繰り返し。フォールというのは文字通りエギを沈ませる行為。でも、これがエギングでは最も重要なテクニック。なぜなら、イカはこの時にエギにヒットするからだ。

画像: 今回の記事のためのデモですが、ルアーはこの夏に発売予定の新作・餌木蔵を使用。それとコラボロッドの愛称…悪いわけがなかろーて。

今回の記事のためのデモですが、ルアーはこの夏に発売予定の新作・餌木蔵を使用。それとコラボロッドの愛称…悪いわけがなかろーて。

じゃぁ、独特なエギングの誘い「シャクリ」は? はい、もちろん重要です。エギングのシャクリには2つの意味合いがあります。まずは、「誘い」。これはなんとなくわかりますよね。シャクることで、エギをダートさせたり、縦移動させることでイカの興味を引く技法です。もうひとつは、沈ませたエギをシャクリで水面に近づけることで、再度、フォールのための水深を作るという大事な役割も持っています。つまり、シャクリで誘いながら次のフォールに繋げる動作なんですね。

ご存知、メジャークラフトの看板プレゼンター、ヒロセマンこと、広瀬達樹さんは、エギのシャクリは2つの方法をマスターせよとアドバイス。

画像: ゆるゆるとキビキビ。2つのシャクリでエギングマスター!【ヒロセマン・LML×MajorCraftコラボロッドで基本のキ!】

ハイクオリティーで、コストパフォーマンスの高いタックル群を排出するメジャークラフトの看板プレゼンター。ヒロセマンの愛称はプロレス好きが由来。あらゆる釣りに精通するアングラーで、年間の釣行回数も半端ない! 

ヒロセマン「ゆったり、ゆっくりとしたシャクリ。こっちは春イカ(大きなイカ)に効くシャクリです。そして、もうひとつはキビキビシャクリ。こちらはどっちかというと小さなイカ、特に秋に効くテクニックです。この2つを使い分ければ、ほぼ年中、イカ釣りを楽しめますよ」

ということで、実際にコラボロッドでそちらを実演していただいた。ぜひ、動画もご覧くださいませ!

画像: ロッド&餌木蔵 youtu.be

ロッド&餌木蔵

youtu.be

LML×MajorCraftでコラボレーションしたマルチピース・エギングロッド、実物を予約受け付けています!




This article is a sponsored article by
''.