お待ちかね!!ルアマガソルトスタッフが話題のアイテムを現場(釣り場)にて徹底インプレッション、ルアーマガジンソルトにて連載中の名物企画「タックルハンターNEO」。大好評につきルアマガ+にも掲載スタート!!今回インプレするアイテムはちょっと珍しいソリッドティップのシーバスロッド。バチやハクなどを吸い込むようにシーバスが捕食するこの時期にぴったりの竿だ。ソリッドティップと聞くと、ちょっと難しい竿かも? その使い心地やいかに!


インプレするのはこの2人!

画像1: 【レビュー】ソリッドティップシーバスロッドの最高峰!ゼファーアバンギャルド【編集部実釣インプレ!後編】

西村

ルアーフィッシングを愛する若手の釣りライター。取材を通じて様々な釣具に触れてきているので、道具に対する確かな選球眼を持つ。雑なアイテムは即見抜いてダメだししちゃうぞ!

画像2: 【レビュー】ソリッドティップシーバスロッドの最高峰!ゼファーアバンギャルド【編集部実釣インプレ!後編】

大木

ルアマガソルト元営業担当、現ルアマガ+編集部員。常にアンテナを張って気になる新商品情報を素早くキャッチ。元陸上部の肉体派で、時間があれば水辺でロッドを振る。豊富なタックルの知識をインプレでも発揮。

前回の復習はコチラ!!

前回はロッドの各部やスペックをご紹介!復習はコチラ⇩

今回は実釣にて使い勝手をインプレ!!果たしてシーバスは釣れるのか!?

ソリッドティップでも操作感は良好。ショートバイトが多発する春の釣り、初夏のマイクロベイトパターンにもピッタリ!

画像3: 【レビュー】ソリッドティップシーバスロッドの最高峰!ゼファーアバンギャルド【編集部実釣インプレ!後編】

大木「自分はレギュラーアクションよりも先調子のシーバスロッドが好きで、このソリッドソリューションの88は相性が良さそう。カーボンソリッドティップは割とシャキッとしてて感度も良好。これまで通りに使いやすい、高性能なLクラスのシーバスロッドという印象です。キャストフィールも良いし、軽いルアーも投げやすい。15gくらいのプラグも気持ちよく投げることができました。8ft8inという長さも、このロッドにはベストバランスですね」

画像: カーボンソリッドのGRT88は、一般的なシーバスロッドと変わらないキャストフィール。普通に投げて普通に操作して、でもバイトはオートマチックに拾ってくれる。ジグヘッドからプラグ、バイブレーションも気持ちよく飛んだ。

カーボンソリッドのGRT88は、一般的なシーバスロッドと変わらないキャストフィール。普通に投げて普通に操作して、でもバイトはオートマチックに拾ってくれる。ジグヘッドからプラグ、バイブレーションも気持ちよく飛んだ。

画像4: 【レビュー】ソリッドティップシーバスロッドの最高峰!ゼファーアバンギャルド【編集部実釣インプレ!後編】

西村「そして、これは本当にシーバスロッドなのかというくらい、極端なソリッドティップなのが86モデル。グラスのフルソリッドという、かなり攻めた設計。ここまでくると、やはりキャスティングには少しコツが必要で、ティップで投げるようなショートキャストは難しい。でも、通常のロングキャストでは、胴に乗せてるように投げれば、しっかりと飛んだ。クセのある竿だけど、使いこなせばものすごく楽しいだろうし、春のこの時期には釣果に差が出てくると思う」

画像: UFT86はやはりキャストに少し慣れが必要。ショートキャストでアキュラシーの高いプレゼンテーションはやや難しい。

UFT86はやはりキャストに少し慣れが必要。ショートキャストでアキュラシーの高いプレゼンテーションはやや難しい。

画像5: 【レビュー】ソリッドティップシーバスロッドの最高峰!ゼファーアバンギャルド【編集部実釣インプレ!後編】

大木「軽いジグヘッドリグをドリフトさせたりする釣りにも良いですね。港湾部のなかでも奥の奥、小規模の運河でライトに楽しむのにもちょうどいいロッドです。東京は40〜50cmがアベレージの場所がたくさんあるし、そういう場所で1年を通して遊ぶのもありですね」

画像: ラインは0.6号、ルアーは10g前後のライトなシーバスゲーム。都市部エリアで数釣りを楽しむスタイルも悪くない。今まで逃していたバイトをものにできるからソリッドティップは楽しい。

ラインは0.6号、ルアーは10g前後のライトなシーバスゲーム。都市部エリアで数釣りを楽しむスタイルも悪くない。今まで逃していたバイトをものにできるからソリッドティップは楽しい。

画像6: 【レビュー】ソリッドティップシーバスロッドの最高峰!ゼファーアバンギャルド【編集部実釣インプレ!後編】

西村「86は、ここまでティップが柔らかいと、ミノーとかシンペンの動きもかなり柔らかくなっていると思う。ティップがプラグの動きを抑制して、ルアーの動きも変わる。これは使ってみてわかった発見だね。シンペンとリップレスミノーで釣れたけど、“勝手に掛かる”というソリッドティップのメリットを感じることができた。小場所のシーバスゲームは大好きだから、もっと使い込みたくなったね」

画像: 86モデルは「これがシーバスロッドなのか!?」というくらい、しなやかでグイグイ曲がるグラスソリッドティップ。口を大きく開かず吸い込むようなバイトにも追従し、じゃれつくようなバイトもフックアップさせる。まさに魚が勝手に掛かるイメージだ。

86モデルは「これがシーバスロッドなのか!?」というくらい、しなやかでグイグイ曲がるグラスソリッドティップ。口を大きく開かず吸い込むようなバイトにも追従し、じゃれつくようなバイトもフックアップさせる。まさに魚が勝手に掛かるイメージだ。

画像: ソリッドティップはテクトロの釣りにマッチ。足元の近距離からくる突発的なバイトにも、柔らかいティップが追従してくれる。テクトロで今まで逃していたショートバイトも、このロッドならものにしてくれるはず。

ソリッドティップはテクトロの釣りにマッチ。足元の近距離からくる突発的なバイトにも、柔らかいティップが追従してくれる。テクトロで今まで逃していたショートバイトも、このロッドならものにしてくれるはず。

画像7: 【レビュー】ソリッドティップシーバスロッドの最高峰!ゼファーアバンギャルド【編集部実釣インプレ!後編】

大木「自分はミノーのオネスティでキャッチ。バチにはやっぱこれっすよ! オ〜ネスティ〜♪」

画像: ソリッドティップでも操作感は良好。ショートバイトが多発する春の釣り、初夏のマイクロベイトパターンにもピッタリ!

ソリッドティップで湾奥シーバスと戯れる

春や初夏の釣りで避けられないショートバイトも難なく攻略。小さいサイズのシーバスでもしっかりフックアップできて、港湾部の釣りをより楽しいものにしてくれる。久しぶりにふたりとも釣れてくれてひと安心!

2ndインプレッション

画像10: 【レビュー】ソリッドティップシーバスロッドの最高峰!ゼファーアバンギャルド【編集部実釣インプレ!後編】

西村「成熟したシーバスアングラーが増えているなかで、釣りに変化を求めて使ってみるのにも良いと思います。今まで使ったことがなかったような竿を、それを使い熟していく過程も楽しんで、釣りの理解度を増す、みたいな。エバーグリーンの竿はデザイン的に好きだし、もっと使い込んでみたいです。UFT86、とても気に入りました!」

画像11: 【レビュー】ソリッドティップシーバスロッドの最高峰!ゼファーアバンギャルド【編集部実釣インプレ!後編】

大木「GRT88はソリッドティップでありながら動かしやすいので、細かくトゥイッチしたり、デイゲームでライトなワインドをしたり、ペンシルベイトを投げたりするのも良いかも。ペンシルって弾かれやすいので、カーボンソリッドティップならしっかりと乗ってくれそうです。クロダイに使ってもおもしろいかもしれませんね。ネックなのは、やっぱり値段ですかね・・・」。


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.