ルアマガソルトの大人気コーナー、各メーカーからリリースされているソルトルアー用ジグヘッドを検証する「THE JIGHEADS」をルアマガ+にも公開!!今回ご紹介するのはシーズン開幕したばかりのグルーパーゲームに向けたオススメジグヘッド!どれも同じようで、じつは個性的かつこだわりが詰まったジグヘッドの数々。その開発秘話やインプレを現場目線でお届けしよう。



今回のジグヘッドはコレだ!!

タッチダウンストロング(ゼスタ)

画像: タッチダウンストロング(ゼスタ)

ディープをワームで攻めることで喰ってくる魚がいる!

重さが100gまでラインナップされたヘビージグヘッドのタッチダウンストロング。このアイテムの詳細を、ゼスタスタッフの奥津剛さんに聞いた。

奥津剛(おくつ・たけし)さん

ゼスタスタッフであり、ゼスタ随一の膨大な釣りの情報を持つロッドのトータルプロデューサー。大学院時代に取り組んでいた海洋研究をタックル製造へフィードバック。釣りに関してもその知識を生かしている。

奥津さん「より深い水深、そしてより大型のターゲットに向けて作ったのがこのタッチダウンストロングで、ヘビーウェイトかつ強靭なフックを採用したモデルになります。ターゲットはキジハタなどのいわゆるグルーパー。同様に、グルーパー用のハイパーヘッドタッチダウンというジグヘッドがあるのですが、より大型の魚を獲りたいというコンセプトで、このストロングモデルを作りました」

ルアマガ+「まさに、水深50m以上をワーミングで狙うディープロックにぴったりのアイテムですね」。

奥津さん「ディープにジグヘッドを入れることで、ジグでは反応しない魚が釣ることができるんです。フックはとにかく強いので、スジアラやカンナギも視野に入れた釣りが展開できますよ。10kgクラスの青物が掛かっても、まったく問題ありません。単純に、ボートゲームでもっと深い水深を攻めたいとか、潮が速くなってきたという場合に使ってもらえれば良いですし、フラットフィッシュやシーバスにもマッチします。また、青物も良く釣れるので、ショアジギやロックショアの釣りに行く際にも忍ばせておくと、より多彩なゲームが楽しめると思います」

ポイント①ヘッド

タッチダウンシリーズ共通のオリジナルヘッド形状

画像: タッチダウンシリーズ共通のオリジナルヘッド形状

ヘッドはタッチダウンシリーズ共通で、スイミングさせやすいバレットタイプ。引き抵抗は軽く、それでいてくぼみが乱流を起こすためにワームはしっかりとアクションする。底面がフラットになっているため、フォールが安定するという特徴も。

ポイント②フック

フックはとにかく強靭なカルティバ特注モデル

画像: フックはとにかく強靭なカルティバ特注モデル

フックはカルティバ製で、海外仕様の特注モデル。ストレートポイント・ラウンドゲイプの最も力が伝わりやすい形状だ。10kgクラスのターゲットもへっちゃらのヘビーデューティーフックになっている。ブレードやフックを装着できるアシストアイを装備。



アクション

ヘッドのくぼみが乱流を起こしてワームに生命感を与える

画像: ヘッドのくぼみが乱流を起こしてワームに生命感を与える

スイミングさせた際に、ヘッドのくぼみに水が当たって乱流が発生。この水流の乱れがワームにも伝わり、より本物のベイトフィッシュの泳ぎに近い、生命感のある動きを発生させる。また、水平フォールやダートアクションも得意だ。

ワームセッティング

ロックフィッシュ狙いならシャッドテールがベース

画像: タッチダウンストロング+バルト(エコギア)

タッチダウンストロング+バルト(エコギア)

グルーパーで一般的なのがシャッドテールタイプ。ボディがファットなもの、ボリュームのあるワームでも、大きなフックサイズで対応できる。ワームキーパーで強烈バイトでもワームがズレにくく、ミスバイトも追い喰いさせることが可能。

気になるサイズラインナップは?

フックサイズは3サイズ、重さは100gまでラインナップ

重さは100gまで、フックは大型ワームにも対応する#7/0もラインナップ。水深50〜60mのエリアでも充分にカバーできる。ディープに潜むモンスターを狙うニュースタイルには、このスペックが必要になってくる。また、青物やフラットフィッシュ、シーバスにもマッチする。

動画にてタッチダウンストロングのスイミングも見てみよう!!⇩

画像: XESTATV ハタ(グルーパー)ゲームでこの夏を遊びつくせ!! www.youtube.com

XESTATV ハタ(グルーパー)ゲームでこの夏を遊びつくせ!!

www.youtube.com

写真は昨年の夏、西伊豆ボートロックゲームでの1コマ。奥津さんは最大で50cmオーバーのオオモンハタを釣り上げた!!!この時はアシストアイにブレードを加えると釣果が伸びた。

SWアシストブレードの詳細はこちら⇩⇩


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!



This article is a sponsored article by
''.