どんな大物がヒットするか分からないから、磯釣り師は「ノット(結び)」にこだわる。掛けた獲物を確実に取るために、特に強度が高いノットとその手順をご紹介しよう。もちろん、ジャンルを問わずほかの釣りでもバッチリ使える。今回は基本中の基本[サルカン結び]の結束方法をご紹介。



FILE.1 これだけはまず覚えよう!サルカンの最強結び

サルカン結び]は結び目が小さく、仕上がり強度も抜群。極めてお手軽に、そして糸の太さに関係なく最高強度が得られる基本中の基本。まずはここから覚えていこう。

① サルカンに端糸をくぐらせる

画像1: せっかく掛けたこの1尾バラしてたまるか! 最強結びマニュアル[サルカン結び]

② サルカンと輪を指で押さえて、輪の上から端糸を巻いていく

画像2: せっかく掛けたこの1尾バラしてたまるか! 最強結びマニュアル[サルカン結び]

③ 同じようにもう一度、輪の上から端糸を巻いていく

画像3: せっかく掛けたこの1尾バラしてたまるか! 最強結びマニュアル[サルカン結び]

④ 輪には2回巻き付ける

画像4: せっかく掛けたこの1尾バラしてたまるか! 最強結びマニュアル[サルカン結び]

⑤ 2度巻いた輪の根元を指で押さえながら輪の中心に端糸を通す

画像5: せっかく掛けたこの1尾バラしてたまるか! 最強結びマニュアル[サルカン結び]

⑥ 通した端糸の端を持ってゆっくり引っ張ると2つの輪が縮まるので、本線をゆっくり締めていく

画像6: せっかく掛けたこの1尾バラしてたまるか! 最強結びマニュアル[サルカン結び]

⑦ 【完成!】本線を引いて締め、5mm程度残して端糸をカットする

画像7: せっかく掛けたこの1尾バラしてたまるか! 最強結びマニュアル[サルカン結び]


[磯釣りスペシャル]関連情報はこちら




This article is a sponsored article by
''.