初心者から上級者まで、またはブラックバスからソルト、トラウトまであらゆる釣種をカバーする釣具メーカー「メジャークラフト」から遂に振り出しルアーロッドがリリースされた!その名も「ソルパラフリダシ」。ラインナップ豊富で値段もリーズナブルなこのロッドを、初心者の味方でメジャークラフトのアイテムプランナーを務めるヒロセマンに色々と聞いてきたぞ!


常に初心者の味方!僕らの“ヒロセマン”

広瀬達樹(ひろせ・たつき)さん

ヒロセマンの愛称でお馴染みのマルチアングラー。メジャークラフトの製品開発&広報を担当。日々、全国の水辺で様々な魚種と格闘する。

振り出し竿で益々カンタンフィッシング!!

今回ルアマガプラスの兄弟誌でもある「釣りどき関西vol.9」でジグサビキの取材を行ったヒロセマン。
ジグサビキにはこれという専用タックルはなくキャストできればなんでもいいが、今回はメジャークラフトから便利な新製品が登場したので紹介しよう。
それは振り出し式の万能キャスティングロッド「ソルパラフリダシ」だ!!

画像1: Text&Photo/柳生豊志
Text&Photo/柳生豊志

これまでルアーロッドといえばほとんどが2本継だったが、ショアジギをやるような長尺竿では車への収納にも若干苦労するし、電車釣行など考えられなかった。そこでショアジギのような強い竿も振出し式にしてしまおうと考えるのがヒロセマンの柔軟なところだ。とにかくこのコンパクトさには目を見張る。

7フォート6インチもしまえばこの長さ。

Text&Photo/柳生豊志

明らかに寝起き顔のヒロセマンが持つのはSPX-T76ML。7フィート6インチ竿の仕舞寸法はたったこれだけだ。これなら電車釣行も気にならないし、軽自動車での移動もラックラク。

画像3: Text&Photo/柳生豊志
Text&Photo/柳生豊志

遊動式ガイドが採用された振り出しロッド。コンパクトさでは無類。

Text&Photo/柳生豊志

振り出して持つとこんなに長い。76はマイクロショアジギに最適。96は本格ショアジギロッドなので、30g以上のジグを思い切りぶっ飛ばせるよ。今回はこの2本を持ち込んだが、ラインアップはもっと揃ってます。



ヒロセマンはソルパラフリダシ+ジグサビキの組み合わせでカマス爆釣!

ソルパラフリダシと同じく、リリースされた新製品「ジグパラショアジギサビキ」と「ジグパラマイクロショアジギサビキ」史上もっとも釣れていると言われる仕掛け、それが“ジグサビキ”だ!

画像5: Text&Photo/柳生豊志
Text&Photo/柳生豊志
画像: ヒロセマンはソルパラフリダシ+ジグサビキの組み合わせでカマス爆釣!
画像6: Text&Photo/柳生豊志
Text&Photo/柳生豊志
画像7: Text&Photo/柳生豊志
Text&Photo/柳生豊志

意外と釣果に差が出るサビキングテクニック!

そんなヒロセマンのジグサビキでの爆釣模様や詳しいテクニック、内容は『つりどき関西』vol.9を読むべし!!

地域密着型の釣り雑誌『釣りどき関西 Vol.9』のお求めは、書店・釣具店・Webショップで!




This article is a sponsored article by
''.