梅雨に入り雨が心配されていた某日。記者は郊外のとあるキャンプ場へと向かっていた。芸人であり、人気YouTuberとして活動をするヒロシさんのソロキャンプにお邪魔するためだ。今回はヒロシさんとキャンプ仲間のベアーズ島田キャンプさんの2名が登場。誰にも咎められない。誰とも合わせなくて良い。各々が好きなこと、やりたいことを自由にやる究極の大人遊び『ソロキャンプ』の第3弾“漢のバーベキュー編”。自由な2人の掛け合いをお楽しみください。

ヒロシ

1972年1月23日生まれ。熊本県出身。趣味:ソロキャンプ・ベース演奏・車・バイク・釣り。
芸人としてお笑い活動の他、俳優、ラジオパーソナリティ・執筆活動など幅広い分野で活躍する。近年では、趣味のソロキャンプ動画を自身で撮影・編集したYoutube「ヒロシちゃんねる」を開設し、登録者が43万人を突破するなど根強いファンも多い。『2019年テントサウナあたため選手権』日本優勝を果たした。

画像1: YouTuberヒロシ、ソロキャンプの宴で“極上の焚火飯”を味わい尽くす【チーム・ルアマガのキャンプと釣りでコラボ!】

ベアーズ島田キャンプ

1977年7月6日生まれ。愛知県出身。趣味:キャンプ・バイク・お酒・料理。特技:火おこし・知らない人に喋りかけられること。
野外料理研究家・ソロキャンパー・Youtuberとしてヒロシ率いるソロキャンプグループ『焚火会』に所属している。趣味を生かしてフードコーディネーター・バーベキューインストラクター・料理検定・大型二輪と資格を取得。ヒロシさんとともに『2019年テントサウナあたため選手権』で日本優勝を果たす。

画像2: YouTuberヒロシ、ソロキャンプの宴で“極上の焚火飯”を味わい尽くす【チーム・ルアマガのキャンプと釣りでコラボ!】


焚火で"極上の天然水"コーヒーを淹れよう!

昼食後の釣りで、魚をキャッチすることはならなかったヒロシさんとベアーズ島田キャンプさん。キャンプ地に戻ると火を起こして夕飯に向けて準備を行う。ヒロシさんが取り出したのはセイシェルの浄水ボトルだった。

画像1: 焚火で"極上の天然水"コーヒーを淹れよう!

ヒロシ「釣りからキャンプ地に戻る途中でふと見つけた沢。そこで天然水を汲みました。これを沸かして、極上のコーヒーを飲みましょう」

愛用のキャンティーンに天然水を入れ、火に入れる。島田さんもそれに続いてコーヒーを作る。

島田「僕はね、今回は豆を煎るところから、つまり焙煎に挑戦してみようかなと。なんせ初めてだから上手くいくかわからないですが、とりあえずやってみます」

画像2: 焚火で"極上の天然水"コーヒーを淹れよう!

島田「『甘み、酸味、フルーティーな香り。ボディバランスがとても良いです。キャラメルのような甘みもあります。タンザニアキゴマ』。よし、これでいきましょう」

ハンディロースターにコーヒー豆を入れて熾火で煎り始める。一体どのぐらい火にかければ良いのだろうか。

画像3: 焚火で"極上の天然水"コーヒーを淹れよう!

島田「調べたところによると、パチパチパチッって豆が爆ぜる音がし始めて、しばらくするとそれが一旦落ち着くらしいんですが、その状態を『1パチ』と言うそうです。そして、そこから浅煎りなのか、深煎りなのか。どれだけローストするかが好みによって変わるとのことです」

ヒロシ「俺、コーヒー好きだけどこれをやろうとは思わないんだよなぁ。かなり飲むけど、そこまで味の違いがよくわからないし。ということで俺は俺でコーヒー飲みたいし、島田くんの焙煎を待ってられないので自分でやります」

ヒロシさんのボトルから沸騰を知らせる湯気が立ち上る。紙パックタイプのインスタントコーヒーをマグに乗せた。

ヒロシ「では、入れますね」

画像4: 焚火で"極上の天然水"コーヒーを淹れよう!

島田「・・・あっ、なんかコーヒーの匂いがしてきたぞ!」

ヒロシ「それは島田くんのじゃなくて今淹れてる俺の香り高いコーヒーの匂いだよ。嗚呼、良い匂いですね。僕はお酒飲まないんで、コーヒーばっかりなんですよ。キャンプに行ったら大抵作ります。さあ、飲みましょう」

そして、一口。

ヒロシ「・・・ハァ・・・こういうこと。天然の水を自分で汲んで沸かしたから、その苦労分がうまさに出ている。間違いなく極上だね。そして、何十分もかけてコーヒーを炒る人を尻目に見ながら飲むコーヒーは格別だね」

一同(笑)。

画像5: 焚火で"極上の天然水"コーヒーを淹れよう!

憧れの“魚の串焼き”を食らう!

ヒロシ「ところで、今回料理は作んないの? 野外料理研究家なんだからさ、やってもらわないとかなわんですよ」

島田「では、釣れないと予想されていたのが悔しいですが(笑)、スタッフに道中買って来てもらった鮎を焼きましょう。その前に串から作るか」

落ち枝をナイフで削り、即席の串にして鮎を串に刺していく。ワイルドだが、そこには漢のロマンが詰まっている。

ヒロシ「鮎を焼くならね、飾り塩っていうのをね...飾り塩やったっけ?」

島田「化粧塩ですか?」

ヒロシ「そう、化粧塩をね、やった方が良いよ島田くん。焦げないように化粧塩を背びれとか、尾びれとかにだね、島田くん!」

島田「やりますよ、動画じゃないんだからそんな大声出さなくても大丈夫ですよ(笑)。・・・ちょっと外野がうるさいですけど、やっていきましょう」

全体に軽く、そして背と尾のヒレによく塩をまぶしてから、枝を地面に刺して火との距離を調整しながら焼く。至ってシンプルだが、これもれっきとした料理だ。そして、鮎の隣にぶら下がっている肉の塊も料理だ。

島田「本当は炭で焼く方が良いんですけど。炭の方が温度が高いから、いくら熾火だとしてもね。でも、なんとか焼けたんじゃいですか?」

ヒロシ「俺が教えた化粧塩ちゃんとやったかい?」

島田「そうですね(笑)。・・・・うん、ちょっと小ぶりだけど美味い! ヒロシさんも食べますか!?」

ヒロシ「俺はいいや」

画像1: 憧れの“魚の串焼き”を食らう!

どうやら魚の串焼きへの興味はないようで、自身が用意してきた料理を行う。どうやら、鍋を作るようだ。

島田「食べないんかい!あんだけ(化粧塩について)熱く語ってきたのに!(笑)」

ということで、記者がいただくことに。道中に寄った食事処で売られていた囮用の鮎は小ぶりだが、香り高い風味と淡白な身は実に美味しかった。

島田「本当は釣った魚を食べたかったんですがね(笑)。釣れなかったけど、釣り自体はめっちゃ楽しかった。テンカラを振るあの動作がカッコ良いんですよね。今後もやっていこうと思いました」

島田さんは、鮎の塩焼きの他にも料理を作っていた。鉄板にコーンを乗せてチーズを振りかける『コーンチーズ』や、『ピーマンの肉詰め』などなど。

島田「僕は基本つまみを作るのが好きです。好きな時にちまちまとつまんでね。これがキャンプの醍醐味ですよね。ヒロシさんも食べます?」

ヒロシ「ピーマンの肉詰めは興味あるな。ではひとつ。・・・美味!これは美味いね」

画像2: 憧れの“魚の串焼き”を食らう!

島田「ミンチ肉をジップロックに入れて袋の端を切ってピーマンの中に詰めて焼くだけ。蓋はしなくても、じっくり焼けば問題ないです。こうすると手も汚れないし簡単でしょ。野外料理研究家っぽいでしょ(笑)。・・・って、何ニヤニヤしてるんですか」

ヒロシ「・・・覚えた。"ヒロつまみ"のレパートリーに加えよう」

島田「影響力が違うんだからやめてくださいよ」

一同(笑)。



ヒロシ流"漢のソロキャンプ飯"

ヒロシさんも夕食の鍋を作り始める。

画像1: ヒロシ流"漢のソロキャンプ飯"

ヒロシ「僕は料理ができないんで、煮るとか焼くとか、それだけです」

島田「でもキャンプなんて結局肉を焼くとかシンプルなのが一番うまいっすよね」

ヒロシ「そうね。彩りのためだけに色々持ってきたくないわけよ。それで、ちょっと使って後は全部捨てるとかしたくないのよ。特に一人暮らしの俺にとってはそうなりやすいからさ」

『ひとりの時間、空間をいかに自分らしく楽しめるか』。ソロキャンプの醍醐味であり、永遠のテーマと言えるだろう。

ヒロシ「それにしても、カッコつけて韓国の1人用鍋持ってきたけど、鍋が小さすぎるな。ソロキャンプしかしないんで、いつもは1人分しか買わないんですよ。でも、こういうもつ鍋セットって2人前とかが普通じゃない? あれさ、1人用に分けていて欲しいよね。・・・まあ、食材を家で小分けしてくればよかった話なんだけども」

一同(笑)。

キャベツとニンニク、モツを入れ、上から大量のニラで覆って付属のスープでしばらく煮込めば完成だ。

画像2: ヒロシ流"漢のソロキャンプ飯"

ヒロシ「もつ鍋もう食って良い?・・・あぁ、美味いねコレ。間違いないやつだ」

画像3: ヒロシ流"漢のソロキャンプ飯"

島田「ちょっと僕にもくださいよ。・・・ああ、美味い!いいっすね、やっぱもつ鍋は。いや、言い換えよう。"ヒロシ考案ニラ鍋(モツ入り)"だ!(笑)」

ヒロシ「いやねえ、これを考えるまでに3年と2ヶ月かかりましたよ」

島田「このニラ鍋には何が合うんですか?」

ヒロシ「まぁ、そうですね。モツなんかを入れても良いです」

一同(笑)。

次回は、焚き火会にソロキャンプについてのあれこれをインタビューしてきた内容を公開いたします。同時に愛用のソロキャンプグッズも公開予定。そちらもお楽しみに!

ヒロシのソロキャン記事ほかにもあります

関連リンク




This article is a sponsored article by
''.