ルアマガソルトの大人気コーナー、各メーカーからリリースされているソルトルアー用ジグヘッドを検証する「THE JIGHEADS」をルアマガ+にも公開!!今回ご紹介するのはシーズン開幕したばかり、これから最盛期を迎えるグルーパー(ハタ)ゲームに向けたオススメジグヘッド!どれも同じようで、じつは個性的かつこだわりが詰まったジグヘッドの数々。その開発秘話やインプレを現場目線でお届けしよう。


今回のジグヘッドはコレだ!!

スリーパーマッチョDX(ジャングルジム)

画像: スリーパーマッチョDX(ジャングルジム)

ヘッドが発生させる振動も釣れるヒミツ

オリジナリティー溢れるライトゲーム系アイテムを数多く揃えるジャングルジム。そのスリーパーシリーズのヘビーウェイトモデルがスリーパーマッチョDXだ。特徴とコンセプトをプロダクトディレクターの脇田政男さんにうかがった。

脇田政男(わきだ・まさお)さん
ライトゲームブランド『ジャングルジム』のプロダクトディレクターとして辣腕を振るう愛媛県出身のグルーパーハンター、得意技はヘビージグヘッドリグのスイミング。プライベートではおしゃれキャンパーとして各地に出没中。

脇田さん「スリーパーはもともとライトウェイトのスリーパーミドルウェイトのスリーパーマッチョがあるんですが、より重たいウェイトが欲しいというユーザーの要望と、自分でもより深いレンジを快適に攻めたいという思いからこのモデルを作りました」。

ルアマガ+「ミドルウェイトのスリーパーマッチョとこのDXはどのように違うんでしょうか?

脇田さん「グルーパーやフラットフィッシュ向けに、ウェイトを重く、そしてフックも大きくしています。またアシストアイを付けることで、グルーパー系が好きなブレードや、アシストフックを装着することもできるようにしました」。

ルアマガ+「この独特のヘッドはどのような役割があるのでしょうか?」

脇田さん一番は根掛かりを極力少なくすること。ボトムレンジを引いても、オフセットフックのテキサスリグのようなスリ抜け性能を発揮しますよ。ボトムで置いたら倒れずに立ちますし、ヘッドが水流を受けて、フォールや巻いたときにローリングするんです。全国に生息するグルーパー系や、ヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュ用のジグヘッドとして、是非使ってみて下さいね」。

ポイント①ヘッド

根掛かりしにくく低重心でスイミング姿勢も安定

画像: 根掛かりしにくく低重心でスイミング姿勢も安定

ボトムレンジをスイミングさせたときにゴロタなどを回避しやすい。下面にせり出した独特のヘッド形状。低重心であるため、スイミングが水平姿勢で安定しやすく、水流を受けてロールアクションが生まれるという特徴もある

ポイント②キーパー

ホールド力の高めた鉛成形の2突起で設計

画像: ホールド力の高めた鉛成形の2突起で設計

スリーパーマッチョはワイヤー1本のワームキーパーであったが、DXは鉛で成形。上下に突起を設けることで、よりバルキーなワームを使った場合でもホールド力が上がり、ワームがづれにくいような設計になっている。

ポイント③フック

全体的に丸みを帯びたベントカーブのネムリフック

画像: 全体的に丸みを帯びたベントカーブのネムリフック

根掛かりを軽減させるネムリ形状のフック。フックポイントだけをねむらせるのではなく、ゲイプからポイントまで弧を描くようにデザインされているのが特徴。太軸で伸びにくいこの大型のフックは、錆びにくいしシルバーメッキ加工が施されている。

アクション

フォールとスイミングでブルブル震えてターゲットを誘う

画像1: フォールとスイミングでブルブル震えてターゲットを誘う
画像2: フォールとスイミングでブルブル震えてターゲットを誘う

メインはフォールとスイミング。スリーパーシリーズ共通のヘッド形状は、水流を受けてブルブルと震えるようにロールアクションを発生する。下にせり出したヘッドの裏側で水流が巻くことで、独特のバイブレーションが発生するのだ。

ワームセッティング

重量級ウェイトラインナップでより攻略の幅が広がった!

画像: 4incシャッドテールワーム(バルト/エコギア)との組み合わせ

4incシャッドテールワーム(バルト/エコギア)との組み合わせ

重さは18~35gの4種類。21gと35gはDXモデルだけのウェイトラインナップだ。ロングキャストが欲しい場合、より深いレンジを攻めたい場合、潮の流れが強い場合などはDXの出番。フラットフィッシュにもベストなアイテムだ。

画像: 重量級ウェイトラインナップでより攻略の幅が広がった!

グルーパー系によく効くブレードをセットしたり、フラットフィッシュ用にアシストフックを付けることができるのもこのモデルの特徴。

気になるサイズラインナップは?

スイングさせるパターンにはシャッドテール系がベストマッチ!

画像1: スイングさせるパターンにはシャッドテール系がベストマッチ!
画像2: スイングさせるパターンにはシャッドテール系がベストマッチ!

テールでしっかりアピールができるシャッドテールワームはヘッドのバイブレーションと相まってマッチングは最高。また、カーリーテール、グラブ系ももちろん有効。フックが大きいのでバルキーなワームも十分対応してくれる。

画像3: スイングさせるパターンにはシャッドテール系がベストマッチ!

写真は昨年度のルアマガソルトの実釣取材での1コマ。地磯で釣り上げた40cmオーバーのグッドサイズのオオモンハタ
脇田さん「このクラスになると軽トラックが掛かったかと思うくらいにアタリが強烈です!」

今年の夏は身近な堤防や磯などでスリーパーマッチョDXを使って、リールのハンドルが止まるほどのビッグバイトが楽しめるハタゲームにチャレンジしてみてはいかがだろうか?


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.