今年もいよいよ暑くなってきてグルーパーゲームがスタート!そもそもグルーパーゲームって何よ?というアナタ。ハイ!グルーパーというのはハタ科の魚を指す言葉。今回はグルーパーゲームではまだまだ浸透していない“ハードルアーでの釣り”を、第一人者でもある折本隆由さんに解説してもらいましょう!コレを見ればアナタもグルーパーゲームにチャレンジしたくなるはず!



前回までのお話はコチラ⇩⇩

前回と同じく解説して頂くのはロックフィッシュ界のキング!オーリー!!

折本隆由(おりもと・たかよし)さん

グルーパーゲームにいち早く着目し、世に知らしめた先駆者とも呼べるアングラー。バス釣り仕込みの論理的な釣り理論はわかりやすく、多くのアングラーに影響を与えている。研究機関とも馴染み深く、釣りの未来を真剣に考えているアングラーのひとり。

硬さというアイデンティティ

魚食性グルーパーがハード・ソフト問わず釣れるということは前回の解説で分かったが、それぞれを使い分けるメリットがあるのだろうか?

画像1: 硬さというアイデンティティ

折本さん「自分はグルーパー狙いではバイブレーションプラグをよく使っていますが、もちろんメリットや使い時があります。特にポイントとなるのは、ハードルアーだからこその波動やフラッシングです。ソフトベイトではどうしても不足してしまうこれらの要素が、より広い範囲から魚をひきつけやすいんです」。

つまり、居れば答えが出るのが早いということ。実釣でも折本さんは、ポイント移動した最初にバイブレーションを投入している。そしてあらゆる方向にざっくりと投げ、実際にオオモンハタを釣っている。

画像2: 硬さというアイデンティティ

折本さん「また、ソフトベイトに比べて浮き上がりにくいので、有効なレンジを安定してリーリングすることが可能です。それとフグにかじられないというのも何気に重要ポイントですよね(笑)」

波動の強さで強烈にアピール!

画像: 波動の強さで強烈にアピール!

ソフトベイトには無い強みはやはりそのボディ素材の特性。硬く、フラットな面が多いハードルアーなら、より強い振動や強烈なフラッシング効果が期待できる。ベイトフィッシュの群れを追って泳ぎ回るグルーパーに素早く見つけさせることができるのだ。

オーリーオススメ!グルーパー向けハードルアー!!

画像: オーリーオススメ!グルーパー向けハードルアー!!

エクスセンス サルベージ85ES(シマノ)

折本さんはシーバス用ルアーを使用、しかしシーバス用バイブレーションの場合、水平姿勢で泳ぐモデルが多いので、そのままで使用すると簡単にシモリにスタックしてしまう。そこで折本さんは、瞬間接着剤で顎下に板鉛を貼り付け、スイム姿勢が頭下がりになるように調整している

画像: 板重りをちょい足しすることででスナッグレス性能がアップするのだ。

板重りをちょい足しすることででスナッグレス性能がアップするのだ。

画像: エクスセンス サルベージ85ES(シマノ)

ハードルアーとはいえ、着底はさせる。写真のオオモンハタは、着底からハンドル10巻きのレンジで喰ってきた。魚食性グルーパー狙いの基本は、着底→リトリーブ→フォール(着底)→リトリーブの繰り返しとなる。中層を長く泳がせることを意識したい

次回はグルーパーゲームの王道“ソフトルアー”を徹底解説致します!!


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!

折本さんの過去記事はコチラ⇩⇩




This article is a sponsored article by
''.