アジングをはじめとした、ライトソルトルアー用アイテムをリリースする大人気ブランド「ティクト」。そのアイテムの中でもアングラーやユーザーから絶大な支持を受けているのが、ジグヘッドの「アジスタ!」。操作感を高める断面ラウンドヘッドと、サビキ釣りでオーソドックスに使用される金鈎を組み合わせたシンプルな中にも拘りが詰まったこのジグヘッドを、ティクトのプロモーターでもあり初代アジング王でもあるトミー敦さんに解説して頂きました。


今回のジグヘッドはコレだ!!

アジスタ!(ティクト)

画像: アジスタ!(ティクト)

●サイズ:SS、S、M

●重量:0.2、0.4、0.6、0.8、1、1.3、1.5、1.75、2、2.5、3g

●入数:5個入り

●価格:380円

シンプルな中にも性能を詰め込んだこだわりラウンドモデル

性能面とデザイン面、ともに優れたアイテムを多く展開するライトゲームブランド、ティクト。今回はそのなかでもアジスタをピックアップする。一見すると一般的なラウンドタイプのジグヘッドだが、いったいどのようなこだわりがあるのか、開発担当のトミー敦さんにお話をうかがった。

トミー敦(とみー・あつし)さん

アジング界はリードするスペシャリスト

初代アジング王の王者にして、ティクトの製品開発やプロモーションをこなすアジングのスペシャリスト。テクニックは勿論、確固たる理論を持ち、全国各地の様々なパターンを熟知している。

トミーさん「目指したのはオーソドックでシンプルなジグヘッドで、そのなかに使える機能を盛り込んでいきました。ヘッド形状は一番使いやすく沈みやすいラウンドタイプなのですが、斜めに平らな面を設けることで、引き抵抗をアップさせています。こうすることで、足場の高い堤防の上などからキャストして、ラインが斜めになった状態でもしっかり操作感を得ることができるんです。軽いウェイトでも使いやすいので、ビギナーの方にもオススメですよ」

ルアマガプラス「そして、ヘッドの次に目がいくのがゴールドに輝くフック。なぜ金針を採用することに?」

トミーさん「一般的にポピュラーなアジを狙ったサビキ釣りでは金針というのは昔から定番なのですが、アジのジグヘッドには金針はなかったので採用してみました。アジのエサ釣りでは絶対的な地位のある金針を使うことで、アジ用ジグヘッドとしてより信頼感のあるモデルになったと思いますよ。フックサイズは大きさと形状別に3サイズあるので、幅広い状況で使っていただけると思います」

ポイント①ヘッド

オーソドックなラウンドヘッドに抵抗感を上げる断面をセット

画像: オーソドックなラウンドヘッドに抵抗感を上げる断面をセット

アジスタ最大の特徴がこのヘッドに設けられた断面。誰にでも使いやすいラウンドタイプのヘッドをベースに、より水の抵抗を受ける断面を設けることでしっかりと操作感を得ることができ、レンジの調節もしやすくなっている。

ポイント②フック

吸い込みを重視したショートシャンク設計

画像: 吸い込みを重視したショートシャンク設計

サイズ展開に共通しているのはショートシャンク設計だということ。さらに、フックサイズが上がるにつれて掛かりを重視したオープンゲイブになっている。細軸でも強く鋭さが長持ちするハイカーボン素材の金針を採用。

アクション

ヘッドの断面が抵抗を受けることで操作感がアップ

画像1: ヘッドの断面が抵抗を受けることで操作感がアップ
画像2: ヘッドの断面が抵抗を受けることで操作感がアップ

足場の高い位置からでもワームがしっかりとレンジをキープしながら泳ぐのが特徴。ラウンド形状なので沈みがよく潮なじみもいい。アクションを入力したときにラウンド形状でありながらわずかにダートするようにもなっている。



ワームセッティング

フックサイズに合わせて幅広いワームで使える

画像: アジスタ!+フィジットヌード(ともにティクト)

アジスタ!+フィジットヌード(ともにティクト)

画像: アジスタ!+ギョピン(ともにティクト)

アジスタ!+ギョピン(ともにティクト)

魚の大きさやワームの大きさなどにあわせて、フックサイズとウェイトを選んでいこう。SSなら小さいサイズのワームにも奇麗にセットすることができる。ティクトのソフトベイトシリーズならサイズも使用感もベストマッチだ。

気になるラインナップは?

フックの大きさ別にSS、S、Mの3サイズ

画像: 小さいバイトもしっかり掛けるネムリ鈎使用のSSサイズ(0.2g)

小さいバイトもしっかり掛けるネムリ鈎使用のSSサイズ(0.2g)

画像: 速掛けに対応したオープンゲイプのSサイズ(1.0g)

速掛けに対応したオープンゲイプのSサイズ(1.0g)

画像: Sと同じくオープンゲイプなMサイズ、足場の高い場所や、ボートアジングにも最適(3.0g)

Sと同じくオープンゲイプなMサイズ、足場の高い場所や、ボートアジングにも最適(3.0g)

ウェイトは0.2gから3gまで幅広くラインナップ。さらに、フック形状は小さなアタリも獲るネムリ仕様のノーマルのSS、速掛け対応のオープンゲイブのSとMがあり、状況に応じて使い分けることができる。

最新号のルアーマガジンソルト8月号ではトミーさんの産卵アフターアジの日中と夜の釣り分けを徹底解説!ジグ単でのレンジ把握術を学ぶべし!!

画像1: 最新号のルアーマガジンソルト8月号ではトミーさんの産卵アフターアジの日中と夜の釣り分けを徹底解説!ジグ単でのレンジ把握術を学ぶべし!!
画像2: 最新号のルアーマガジンソルト8月号ではトミーさんの産卵アフターアジの日中と夜の釣り分けを徹底解説!ジグ単でのレンジ把握術を学ぶべし!!

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!

トミー敦さんの過去記事はコチラ⇩⇩

おススメのアジング記事はコチラ⇩⇩




This article is a sponsored article by
''.