日本の「エギング」のパイオニアにして重鎮、重見典宏さんに「ここ一番で使いたい!!」エギを選んで頂き、お気に入りのポイントや使い方を語って頂きます!!今回のエギは良く飛び、よく動き、よく釣れる3拍子揃ったビギナーや女性にも扱いやすいエギ。これを見れば自分に合ったエギが見つけられるはず!?


エギ番長を地で行くエギング界の番長・・・・というか『重鎮』

重見典宏(しげみ・のりひろ)さん
ごぞんじ日本のエギング界を統べる大御所エギンガー。PEラインを使い、日中に見ながらアオリイカを釣るという、今現在の『エギング』を確立したパイオニアのひとり。重鎮ながらビギナーにかなり優しい。

重見典宏の“ココイチ”エギはコレ!

オーシャンフリート・エギ番長3.5号(エバーグリーン)

画像: オーシャンフリート・エギ番長3.5号(エバーグリーン)

薄くシャープに形成されたノーズにより、軽く力を加えるだけで簡単に『マジ切れダート』を発動してアオリイカを魅了。大御所である重見さんが監修しただけにプロ仕様かと思われがちだが、実はビギナーや女性でもイージーに扱える『優しい番長』なのだ!!

■スペック
●サイズ:3.5号●自重:19.0g●カラー:全89色●1300円



一年中サイトフィッシングにこだわりたいから『目立つ色』。小さいエギでしか釣れないイカはビギナーが釣るべし!

重見さん「このエギが世に出てからは、一年中ずっとコレやね。特に背中がピンク系かオレンジ系、下地が金か銀のカラーを好きで使っとる」

ルアマガプラス「ピンク&オレンジはエギの代表色ですね」。

重見さん「要は水中でもアングラーから見やすい、サイトフィッシングしやすいカラーや。『エギングは眼で見て釣れるから面白い』というのをずっと提唱してきたし、それは今でも変わらんから。特に春イカの取材が多くなる南方エリアは水がクリアなフィールドが多いので、やっぱりサイトにこだわりたい」

ルアマガプラス「秋イカでも3.5号で?」

重見さん「そりゃ2.5号や3号を入れた方が釣れるやろうけど、そういうイカはビギナーの皆さんにこそ釣ってもらいたい。僕はもう十分釣ったから遠慮します(笑)」

+αテク

見えるレンジまで浮かせて反応を楽しむ

画像: 見えるレンジまで浮かせて反応を楽しむ

一旦ボトムまで沈めてからシャクリ上げるのは、通常のエギングと一緒。しかし、サイトフィッシングの場合は誘いながら肉眼で見えるレンジまでイカを引っ張り上げ、最後は見ながら確実に獲る。浮かせるだけの誘いができた、そして目で見て獲れたのダブルの喜び!!

重見さんのエギング基礎講座は下記のルアルアチャンネルでも徹底解説!エギングビギナーは是非見るべし!!

画像: 第201回放送(8/8)徹底解説!重見典宏さんのエギング術 www.youtube.com

第201回放送(8/8)徹底解説!重見典宏さんのエギング術

www.youtube.com

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!



This article is a sponsored article by
''.