もはや餌かといわれるぐらい強烈な集魚フォーミュラを内蔵するソフトルアー、「エコギアアクアシリーズ」はあまりにも有名、多くの釣り人が信頼して使う老舗ソフトベイトブランド「エコギア」。
ロックフィッシュカテゴリーは特に強く他社の追随を許さない。そんなエコギアからリリースされているスイミング用スタンダードジグヘッドが「スイミングテンヤ」。開発者でもあり、ロックフィッシュ界のスペシャリスト折本隆由さんに“釣れるヒミツ”を解説して頂きました



今回のジグヘッドはコレだ!!

スイミングテンヤ(エコギア)

画像: スイミングテンヤ(エコギア)

●重量:20、25、30、40、50g
●フックサイズ:#2/0、#3/0
●入数:2個
●価格:550、600円

スイミングするベイトを意識したあらゆるターゲットを魅了

 エコギアの人気ジグヘッドシリーズ、イワシヘッドの特徴を受け継いだヘビーウェイトモデルがこのスイミングテンヤだ。その特徴をロックフィッシュのスペシャリストである折本隆由さんにうかがった。

折本隆由(おりもと・たかよし)さん

ショア、オフショア問わず、ロックフィッシュゲームのオーソリティといえば「オーリー」こと折本さんだ。オオモンハタとアカハタの明確な釣り分けなど、ロックフィッシュの新メソッドを積極的に発信し続けるプロフェッショナルアングラー。

折本さん「開発のコンセプトは、深いレンジを横方向にスイミングしやすいジグヘッドというもの。ディープでも浮き上がりを抑えながらレンジキープしていくためのウェイトバランスにこだわりましたね。ディープはもちろん、潮流が速い状況でも有効なモデルになっています。ヘッドは低重心設計で、止めたりフォールさせたときに真下に落ちるのではなく前方向にスライドするので、初心者でもラインを張るだけで理想的なカーブフォールが可能になっています」

ルアマガプラス「ヘッドはもちろん、フックにも強いこだわりが隠されているとか」。

折本さん「フックが大きすぎると、使うワームに対してアンバランスになってしまいやすいので比較的小さめのものを採用。フックポイントはネムらせてあり、アイナメなどのついばみ系バイトにも対応しています。また、根にスタックしたとき、ストレートポイントだとハリ先がダメになってしまうんですが、ネムリだとハリ先が弱りにくい。また、重いウェイトはファイト時に振り子の要領でバレやすいんですが、これもネムリにしてあるとバレにくいですよ。ターゲットはロックフィッシュ、フラットフィッシュ、イワシを喰ってる横方向の動きに反応する大型のマダイにもよく効きますよ。横方向のスイミングに反応するときに、ぜひ試してくださいね」

ポイント①ヘッド

浮き上がりを抑えた低重心のヘビーウェイトヘッド

画像: 浮き上がりを抑えた低重心のヘビーウェイトヘッド

深いレンジでの安定したレンジキープ力を生み出す低重心ヘッド。イワシヘッドシリーズの遺伝子を受け継ぐ形状でクセの無いデザインが特徴。塗装はせず、コストを抑えてあるのでがんがん使えるのも嬉しい。

ポイント②キーパー

キーパーはオーソドックス、アシストアイもセット

画像: キーパーはオーソドックス、アシストアイもセット

ワームキーパーはオーソドックスなタイプに設計。細身のシルエットのワームでも裂けずにセッティングできるようになっている。アシストアイがセットされているので、アシストフックやブレードを装着することが可能。

ポイント③フック

掛かりやすくバレにくいナローゲイブのネムリフック

画像: 掛かりやすくバレにくいナローゲイブのネムリフック

吸い込みの弱いバイトでもしっかりと掛かるナローゲイブに、一度掛かればバレにくいネムリフックポイント。ヘッドが重いのでこのバレにくさは重要だ。岩礁帯にスタックしてもフックポイントが弱りにくいのもネムリの特徴。

アクション

フォール性能と深いレンジでの安定したレンジキープ力が魅力

画像: フォール性能と深いレンジでの安定したレンジキープ力が魅力

ラインテンションを張ることで理想的なカーブフォールを生み出す。スイミングさせれば低重心ヘッドにより、深いレンジでも浮き上がりを抑えた横方向のスイミングを誰でも簡単に再現できる。潮流が速い状況も有効だ。



ワームセッティング

スイミングさせるにはシャッドテール系がベストマッチ

画像: スイミングテンヤ25g+バルト4インチ(ともにエコギア)

スイミングテンヤ25g+バルト4インチ(ともにエコギア)

エコギアのバルトなどのシャッドテール系のワームがベストマッチ。魚のバイトを誘発させる波動とフラッシングが持ち味のワームだ。ほかにもスイムシュリンプなどのカーリーテール、グラブ系のワームにもよく合う。

画像: 状況に応じてブレードをセットしたり、アシストフックを付けるのも有効なパターン。

状況に応じてブレードをセットしたり、アシストフックを付けるのも有効なパターン。

気になるラインナップは?

ディープ&急流でも使いやすいヘビーウェイトシリーズ

画像: 20g#2/0

20g#2/0

画像: 40g#3/0

40g#3/0

20〜50gまでを5種類ラインナップ。40mほどの水深や、潮の速い場所でも横方向に安定して横方向にスイミングできるラインナップになっている。フックサイズは#2/0、#3/0の2種類が使い分けられている。

ルアーマガジンソルト8月号の取材ではオオモンハタに加え、大型のヒラメもヒットさせていた!!
ショアだけでなく、オフショアでも使え、さらに他魚種でも使える、まさに“万能型”ジグヘッドだ!!

画像1: ルアーマガジンソルト8月号の取材ではオオモンハタに加え、大型のヒラメもヒットさせていた!! ショアだけでなく、オフショアでも使え、さらに他魚種でも使える、まさに“万能型”ジグヘッドだ!!
画像2: ルアーマガジンソルト8月号の取材ではオオモンハタに加え、大型のヒラメもヒットさせていた!! ショアだけでなく、オフショアでも使え、さらに他魚種でも使える、まさに“万能型”ジグヘッドだ!!

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!

折本さんの過去記事はコチラ⇩⇩



This article is a sponsored article by
''.