房総半島の若き釣り巧者として活躍中の原田恭平さんに「ここ一番で使いたい!!」シーバスルアーを選んで頂き、お気に入りのポイントや使い方を語って頂きます!!ルアーマガジンソルト読者の投票によるランキング企画、タックルオブザイヤー2018、2017と2年連続フラットフィッシュ部門で1位を獲ったサーフゲームをヒートアップさせた大人気作!!これを見れば自分に合ったヒラメルアーが見つけられるはず!?



房総屈指の釣りセンスを持つヒラメハンター!

原田恭平(はらだ・きょうへい)さん

千葉県出身、在住。内房、南房、外房、九十九里といった房総半島全域をメインに活躍。元釣具店勤務で、数多くの釣りを経験し、タックルの知識も豊富。房総でも屈指の釣りセンスを持つ若きヒラメハンター。

原田恭平の“ココイチ”ルアーはコレ!

ビーチウォーカーハウルシャッド4in(デュオ)

画像: ビーチウォーカーハウルシャッド4in(デュオ)

サーフでのジグヘッド×ワームの代名詞的存在。大ベストセラーともいえるハウルシャッドは、シャッドテールの誘いと自然な喰わせ力を持つ。さらに飛距離、フッキング、レンジコントロールといった扱いやすさも兼ね備えている。

■スペック
●サイズ:5in(4-1/2in)、4in(3-3/4in)●カラー:12色 ●入り数:5 ●価格:600円



土日のハイプレッシャーでも喰わせ力を発揮!

原田さん「最近はサーフも人が多くて、土日祝日の朝となるとサンデーアングラーで激戦区状態。周りがガンガンプラグを投げていたら・・・やっぱりワームの方が喰わせるパワーはありますよね

通年効果がありますけど、GW前後から初夏あたりのピンギスパターンでは特にハウルシャッドが良くなってきます

使い方はボトムからのストップ&ゴーがメイン。あとはスローなリフト&フォールになります。このときロッドをピシピシっとシャクりすぎてリアクション効果を狙うより、スーッとゆっくり上げるのがコツ。あとはボトムをスリすぎず、少しだけ浮上させていく感じで自然に誘ってみて下さい」。

+αテク

スレたヒラメにはスローなリフト&フォール!

画像: スレたヒラメにはスローなリフト&フォール!

ピンギスをイメージしたリフト&フォールでボトムちょい上を引いてくる。この際ロッドはスーッとゆっくり上げていこう。リアクション効果を狙った素早いリフトではなく、ソフトなリフトがスレ切った状況でも喰わせに繋がるのだ。

気になるビーチウォーカーハウルのアクションは下記をチェック!⇩⇩
また、生みの親でもある堀田光或さんがハウルシリーズの使い分けを徹底解説!サーフゲームでは必ずボックスに入れておきたいルアーだ!!

画像: ビーチウォーカー ハウル 水中スイムアクション公開! www.youtube.com

ビーチウォーカー ハウル 水中スイムアクション公開!

www.youtube.com
画像: ビーチウォーカー ハウルシャッド&ハウルフィッシュ 水中映像&徹底解説 堀田光哉 www.youtube.com

ビーチウォーカー ハウルシャッド&ハウルフィッシュ 水中映像&徹底解説 堀田光哉

www.youtube.com


This article is a sponsored article by
''.