無理して最新のハイテク魚探 GARMIN ECHOMAP Plus(ガーミン エコマッププラス)95sv を購入したマシモPだが、なんと三回目の釣行にして大トラブル発生! SDカードスロット水没で全損の危機!?


ガーミン魚探がお亡くなりになりました…。

こんにちはマシモPです。

流行りのガーミン魚探を、へそくり叩いて買いました。ええ、コレが有ればもっと釣れるようになるんじゃないかと思いましてね…。(導入過去記事はコチラ ↓ )

画像: そして大雨の日に「今日は爆釣やーん!」とかキャッキャウフフしながら三島湖に繰り出したりしてデカダッジで50アップ釣ったりしてたのですが……。

そして大雨の日に「今日は爆釣やーん!」とかキャッキャウフフしながら三島湖に繰り出したりしてデカダッジで50アップ釣ったりしてたのですが……。

しかし、どーも途中から魚探の調子が悪い!!

どうやらSDカードを読み込まなくなってしまったらしく、等深線マップが表示されません。豪雨の中、LINEのハーツファインダーにアクセスして、ハーツマリン高橋さんにヘルプを仰ぐと……。

高橋さん「え!? 今日釣りしてるんですか(笑)? あ、それSDカードスロット水没してません?」

え、コレ防水じゃ無いんでしたっけ??ww

まぁ、豪雨の中で開けるワケにもいかないので、帰宅後にSDカードスロットを開けると…。

水ダバーwww

ちょ、マテオ!

思わず木村拓哉さん化してしまったマシモPです。

さぁ、ココでマイクロSDカードスロットの防水構造を見てみましょう!

画像: 右下がマイクロSDカードスロットです。

右下がマイクロSDカードスロットです。

上の隙間に爪をひっかけて、

画像: アップにするとこんなカンジ。

アップにするとこんなカンジ。

パカ。ヒンジ構造でめっちゃ簡単に開きます。

画像: ん? こんだけ?

ん? こんだけ?

よく見るとこんな構造になっていました。どうやら防水性はマグネットの吸着力頼みのようです……。

おーい、プロダクトデザイナー出てこーい。そーだオマエだー。2時間は説教してやるぞー。

画像: ゴムパッキンの厚さは1mmくらいでしょうか。

ゴムパッキンの厚さは1mmくらいでしょうか。



参考までに日本製の防水カメラのSDカードスロットを見てみましょう!

こちらソニー製のアクションカム。蓋は押し込む形になっていて、入り込む部分の外周にゴムパッキンが着いています。更にカメラ下部にスロットが位置しているため、通常の使用では構造的にも水が入り難いです。

画像: 過酷な環境で長年愛用してますが水没は無し!

過酷な環境で長年愛用してますが水没は無し!

こちら最近買ったビクター製の防水耐衝撃4Kビデオカメラ。こちらは背面についていいますが、蓋の内部に儲けられた大型のゴムパッキンがスライドしながら押し込んで内部に密着する為、開ける時は軽い真空状態になっていて、スッポンと音がするくらいです。

画像: こちらも台風のような大雨で使いましたが全くOK。

こちらも台風のような大雨で使いましたが全くOK。

まぁ、防滴構造ってカンジなんですかねー。

でもアメリカ製の魚探ってだいたいこんなカンジなんですよね……。まぁ、IPX等の等級も違うので単純比較はできないとはいえ、彼の国では大丈夫なんでしょうか。

いや、でもコレどーなっちゃうの!? 普通、水没は保証されないよね!? 俺の25マンネン!

とビクビクしていたのですが、なんとハーツマリンさんに相談したら無事に修理されて帰って来ました!!

いやぁ、コレ並行輸入とかアメリカで買って来てたりしたら、かなり詰んでたよな……。orz

これぞ正規代理店で購入するメリットです!!! 圧倒的安心感!!!!!

とりあえず良かった!!

のですが、次に大雨の際に使うため、ちょっとした対策を施します。

用意したのは防水ラミネートシール。Amazonで買ったコイツをカットしてー。

画像: 乳白とか、裏のノリが網目状に入ったヤツとかは失敗します。

乳白とか、裏のノリが網目状に入ったヤツとかは失敗します。

ペタっとSDカードスロットを上からカバー。これでとりあえずはオケ。普段は貼らずに、カットしたのを何セットか持ち歩いて雨の日に貼るくらいが良いかもですねー。

実はかつてホンデックスさんの魚探スイッチのビニールに穴が開いてしまった時、修理に出したら同様の処置で戻って来たことがあるのです。

画像: 大雨くらったら毎回乾かして張り替えるくらいが良いかと。

大雨くらったら毎回乾かして張り替えるくらいが良いかと。

とは言え、内部の結露防止とかこんな構造にしているのにも理由が有るハズで、このような使用はメーカー推奨から外れて保証対象外となるかも知れないので要チューイ! 雨ドイ的なモノを作って付けるのがベストなのかも知れないですね。w それは次回にでも。

これでとりあえず安心して使えるようなりました!

そして今回から、魚探用にもファクトリーUさんのクィックコネクタ導入。

画像: 見た目もスッキリ配線かっちり楽々コネクト。

見た目もスッキリ配線かっちり楽々コネクト。

つなぐ際にはコネクタをハメるだけ。ライブスコープ付けてもコレをワンセット増やせば良いだけ。近年は複雑になる電源の取り回しですが、クィックコネクタが有ればかなりシンプルに出来ます。更にセッティングが早い!!

画像: トーナメントとかに出てる方には特にオススメ。準備時間が圧倒的に早くなります。

トーナメントとかに出てる方には特にオススメ。準備時間が圧倒的に早くなります。

チャージャーにもコネクタ付けておけば、充電もコネクタ繋ぐだけでストレスフリー。

画像: ボート関連グッズでフラットデッキと同じくらいオススメの逸品です。

ボート関連グッズでフラットデッキと同じくらいオススメの逸品です。

さぁ、そんなマシモPのボートライフ。

実はガーミン魚探導入してからまだ1尾もバスを釣ってません!

デカダッジの魚もトラブルで電源切ってた時だったし! さぁ、ガーミンフィッシュが釣れるのはいつだ!?w

マシモPのガーミンライフな記事はこちらから




This article is a sponsored article by
''.