どれも同じようで、じつは個性的かつこだわりが詰まったジグヘッドの数々。その開発秘話やインプレを現場目線でお届け!!ルアマガソルトの大人気コーナー、各メーカーからリリースされているソルトルアー用ジグヘッドを検証する「THE JIGHEADS」をルアマガ+にも公開!!今回ご紹介するのは“職業釣り師”として全国各地の様々なフィールドで釣果を出し続ける「オヌマン」こと小沼正弥さんが開発したハイプレッシャーにめっぽう強いシーバス用ジグヘッド!



今回のジグヘッドはコレだ!!

バクリーヘッド(マドネスジャパン)

画像: バクリーヘッド(マドネスジャパン)

銀粉ヘッドが澄み潮・・デイゲーム・ハイプレッシャーで強烈に効く!

シーバス釣りでもっともセレクティブな状況で使いたいのがジグヘッドリグ。そのなかでもとくにスレた状況で差が出ると評判なのがこのモデル。開発を担当したのは、今まで数多のシビアなフィールドを攻略してきた小沼正弥さんだ。

小沼正弥(おぬま・まさや)さん

東京都出身。ソルトフィッシング界では数少ないフルタイムプロアングラーのひとり。シーバスに対する情熱と探求心は人一倍強く、常に新たな可能性を模索。その経験を発信し続けることにより、近年のシーバス界の発展に大きく貢献している。ルアーメーカー「Pickup」主宰。

小沼さん「ジグヘッドリグはワームはもちろん大事なんですが、ジグヘッドが変わるだけでも食わなくなってしまうこともあるくらい重要な部分。バクリーヘッドがこだわったのは、まずロールしないように真っすぐ泳がせること。動きすぎると食わないこともあるので、ラインを直結したときにぶれずにしっかり真っすぐ引けるんです。逆に、動かしたいときはワイドなスナップを使うことでシンキングペンシルのようにアクションさせることも可能ですよ

 ルアマガプラス「そしてこのヘッドの一番の特徴が、“銀粉塗装”ですよね」。

小沼さん「ヘッドも銀粉で塗装することで、リグ全体をベイトフィッシュに近い姿に見せることができる。デイゲーム、ドクリア、満月の日、常夜灯の下など、シーバスがルアーを目で確認できるような状況では驚くほど差が出ますよ。このヘッドからリアルなフラッシングが出るので、根魚やフラットフィッシュなんかもよく釣れます。ダートアクションも得意なので実は青物にも効くんですよ、ぜひ試してみてください」。

ポイント①ヘッド

弾丸ヘッド形状で飛距離も抜群

画像: 弾丸ヘッド形状で飛距離も抜群

理想的なストレート引きを追求した流線型のヘッドは、優れたキャスティング性能も併せ持つ。空気を切り裂いて奇麗に飛んでいく。小沼さんこだわりの銀粉ヘッドはバクリーヘッド最大のスレた状況で差が出る特徴だ

ポイント②キーパー

ホールド力がありつつワームが壊れにくい設計

画像: ホールド力がありつつワームが壊れにくい設計

ワームの装着に失敗してもワームのヘッドが壊れにくいように設計されている。それでいてちゃんとホールド力もあるので安心。

小沼さん「一度刺しただけでワームが壊れてしまっては経済的にもよくないですからね」。

ポイント③フック

フッキングが良くアクションも殺さないシャンクの長さ

画像: フッキングが良くアクションも殺さないシャンクの長さ

魚がバイトして反転したときにかかりやすいように設計した絶妙なシャンクの長さに設計。

小沼さん「シャンクが長過ぎるとバイトを弾いてしまうし、ワームに背骨が入ることになってナチュラルに泳がなくなるんです」。



アクション

ただ巻き、ウォブリング、ダートの3WAYアクション

画像: ただ巻き、ウォブリング、ダートの3WAYアクション

ラインを直結すればロールせず真っすぐに引くことができ、ワイドなスナップを使えばシンペンのようにウォブリングさせて使うことも可能。ダート用ワームを使えばダーティングアクションで誘うこともできる。

ワームセッティング

オヌマンプロデュースならすべてベストマッチ!

画像: バクリーヘッド+バクリーフィッシュ(ともにマドネスジャパン)

バクリーヘッド+バクリーフィッシュ(ともにマドネスジャパン)

画像: バクリーヘッド(マドネスジャパン)+トラップシャッド(ピックアップ)

バクリーヘッド(マドネスジャパン)+トラップシャッド(ピックアップ)

ストレート形状はもちろん、ダート専用モデルやシャッドテールにも相性抜群。
小沼さん「バクリーフィッシュやトラップシャッドなど、自分が作ったワームならどれを使ってもベストマッチなので、ぜひ一緒に使って欲しいですね」

気になるサイズラインナップは?

全国のシーバスフィールドで使いやすいウェイトラインナップ

画像: 6g

6g

画像: 14g

14g

ウェイトは4gから14gの6種類。重いモデルはフラットフィッシュにもオススメだ。。
小沼さん「4gモデルは干潟などのシャローや、根掛かりが激しい場所でも使いやすくなっていますよ」

画像: 全国のシーバスフィールドで使いやすいウェイトラインナップ

写真は1月にルアーマガジンソルトの名物企画「アウェイの洗礼EXTREAME」取材にてキャッチしたシーバス。小沼さんにとって初フィールドとなる宮崎県で、ガイドなしといった過酷な条件の中、バクリーヘッドがもたらした貴重な1尾。

小沼さんがプロデュースするルアーは、誰が使っても性能を出せて、使いやすく釣りやすいルアーをリリースするのがモットー。そのひとつがこの「バクリーヘッド」なのである。


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.