岸釣り取材中にラインを拾ってたのがキッカケです。誰が呼んだか「ラインポリス」。昨年頃からSNSを中心に「ラインポリス」という言葉が広まっていって、Tシャツまで作ることになるとは…。というわけで今後も暖かく見守ってください。

釣り人しか捨てないゴミ=ラインってことで

皆さんご存知のとおり、ルアマガは岸釣りの取材が多いです。アングラーがバスを釣るまで、スタッフは写真を撮ったり取材メモを書いたりしてるわけですが、その合間に目についたラインを拾うようにしてます。ラインは釣り人しか捨てないので、見かけたら拾っておこうというわけです。実際何度も足に絡まって転びかけたことあるし、捨てラインはホントにウザい。

画像: 中部のメジャー河川、五三川にて。下を向くと高確率で落ちてるし、土の中から湧いて出てきた。

中部のメジャー河川、五三川にて。下を向くと高確率で落ちてるし、土の中から湧いて出てきた。

拾ったラインは小さめのコンビニ袋に入れて持ち歩いてます。カラビナ使って、ズボンのベルトループに引っ掛けたり。確か去年ぐらいからツイッターでこういう画像をアップした時、弊社松本Pが、「ラインポリス」というリプライをした気が。たぶんそれがキッカケ。

木に巻きついてるラインもあるので、ハサミとかもあると便利。

で、Tシャツを作ることになりました。ついでにラインポリスのステッカーも。ボディは白と黒とネイビーの3色。フォロワーさんからのリクエストもあって、サイズはS・M・L・XL・XXLの5つ設定しました。

超ラフなデザイン案ですが無事完成。橋場グランド社さんいつもありがとうございます。

松本P(身長171センチ体重75キロ・短足)の着用例。サイズはLです。

以下販売ページ。ボディはユナイテッドアスレの5.6オンス。ラインポリスステッカー2枚付きで3,000円以下。7月25日頃にお届けできると思います。

ラインポリスステッカー。全長10センチぐらい。松本Pと俺が何枚か持ってるので、欲しい人は釣り場で声をかけていただければと。

画像: こちらも信頼と実績の橋場グランド社謹製。スマホやボックスに貼ってください。

こちらも信頼と実績の橋場グランド社謹製。スマホやボックスに貼ってください。

ラインポリス活動、こんなこともありました



This article is a sponsored article by
''.